2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月11日 (水) | 編集 |
ただいま帰省中
今日は昨年習っていたT先生のワンレッスンを受けに久々の教室へ

先生オメデタです
って、電話で聞いて知ってたけど。

最初は、お互いの近況をお話。
先生、自宅でもレッスン始めたそうで。
今の教室は続けてはいくみたいだけど、これからどうなるんだろうん~

で、私は全然バイオリン弾いてない事を報告
まだメヌエットに入ってないって言ったら、ビックリしてました。

曲は、1巻8番「アレグロ」と10番「アレグレット」を。
1年半ぐらい前に合格もらってる曲なのに(笑)

久々に聞く先生のバイオリンの音色、良かったです
やっぱり今まで習ってきた先生の中では一番好きな感じかな。

レッスンはというと・・・
音がデカすぎ
デカいっていうより強弱がちゃんと付けられてないって事で、強弱を付けた演奏をを心がける事に。
今の先生にも同じ事言われてる気が

右手は前より良くなってるって言ってもらえました。
でも、音は強すぎで音楽的に弾く事。以前習っていた時は、キレイに弾こうとしてて音が聞こえない時も
あったけど、今はちゃんと出せるようになってるから、足して2で割れたらね~って。
そう、都合良くはいかないでしょ・・・

それからは先生によっての教え方の違いに、先生は興味津々。
弓を倒すかどうかとか右手の使い方など、先生によって色々です。

などと話をしてたら、
あっという間にレッスン時間終わっちゃいますね。

その後はレッスンのお仲間3人と合流し、5人で飲み会に。
先生はお酒飲めないのですが、ノンアルコールビールでお相手を。
飲んでなくてもハイテンション!
出産に男は立ち会うべきなのか?!
とか、以前より会話が変わってきたな~~
みんな歳を重ねていくんだな~って思いましたよ。
って年齢的にあったり前な会話なんだけどね。昔はおバカな会話ばっかりしてましたね・・・

それと、今年もある外部のオケの参加の話や冬の発表会に向けてみんなが頑張ってる話を聞いて、
バイオリンのモチベーションアップしました。
今度はもっと上達してるとこ見せられるように頑張ろうっと。

飲み会に来られないおばさまがレッスン中に教室に立ち寄って挨拶してくれたりとみんなホントに
ステキなお仲間です。東京に戻って来た時にはまたこの教室に戻ってきたいもんですね
スポンサーサイト
2009年09月23日 (水) | 編集 |
連休後半の22日のお話。
前の教室のお仲間とカラオケ練習。
連休中でカラオケも激混みです。
待ってる間も、「くまさん、居なくなった感じしないね~~。こうやって会ってるし(笑)」って言われてます。確かに1ヵ月ぶり?そりゃお互いまだ実感ないかもね~

曲は「カヴァレリア・ルスティカーナ」
1時間半はみっちり弾いたかな?
1stの皆さんは高い音大変なのに堂々と弾いてます。セカンドは難しくはないけど・・・合わせるのってやっぱり練習が大事ですね。何度も弾いてるうちに堂々と弾けるようになった気がします

練習の後は、軽く夕食。
家を買ったお仲間もいるし!!教室の近くなので泊まれるな

って時間を過ごしていたら、あっという間にレッスンの時間!
え?レッスン?
そう、帰省がてらにT先生にワンレッスンして頂く事に
なので、前回で完結した筈なのに28回目(笑)


教室につくと・・・・
いつになくシックな感じの装いの先生だけど・・・・こえぇ~~~
さすが発表会前(この日はリハーサル日の前日)なだけの事はある。
久々にこわ~い先生見ました。

さて私のレッスンはお気楽モード
狂いまくりで調弦に困っていたら・・・先生が調弦してくれました。
「これ、オリーブですよね。オリーブってて伸びにくいから」だそうです。これっていいのか?

「カヴァレリア~」明日のリハーサルの出来次第では発表会前にもう1回アンサンブルレッスンをやるかもだそうです。頑張らないとね~~

カヴァレリア・ルスティカーナ2nd


レッスンはまず私が担当する2ndパートを一緒に弾いて、音程が悪い部分(Cパート)を何度も練習。あとは一番最後の部分。1stのトップの人を見て合わせられるように注意!

で一度通した後で、今度はCパートが合わないって事で合わせる練習。1stの人が歌う部分は良く聞いて合わせる事。ここは合わせるの結構大変です
途中、音が狂ってないかなぁって気にして開放弦ちょこちょこ鳴らしてたら・・・・「狂ってるのは弦じゃくて・・・」っていう先生の囁きが

30分程弾いてみて・・・
「他の曲やります?次のレッスンで持って行く曲とか。」と先生。
私「いや、まだ何弾くか決まってないので。鈴木を使うんですけど、きらきら星からかも。」
先生「え~~、きらきら星からやらないですよ~~」
(って、先生今年の初めにやらしたやんかっ!!)と心の声が突っ込む(笑)

その後もカヴァレリアを合わせてもらって終了~~ → カヴァレリア編集版
あぁ、楽しかったです

レッスン最後は「今度のレッスンでの質問とか何かありますか?」って心配してもらったり。
「今度の先生どんな方ですか~、私より若い?」とか。
↑この質問する時点で、先生若くないです(笑)

って事で先生とのワンレッスンもしんみりせず終了。
と思ったら、来月の発表会のプログラムに私の名前入ってるやないか~~
[続きを読む...]
2009年08月27日 (木) | 編集 |
突然やってきた最後のレッスン。
振り返ってみるとまだ27回。7ヶ月しか習ってなかったんだなぁ。

1週間以上練習してなくて、弓を持つのもままならない状態でのレッスン。
本来なら「花のワルツ」をやる予定だったけど、もうアンサンブルセミナー出れないしねぇって思ってたら、「出てもいいんですよ」って先生。花のワルツはいつか頑張ります!

とりあえず、まだ残っている1巻ラストのゴゼック「ガヴォット」をやることに。
その前のト長調の音階・分散和音でボロボロ・・・・・
1週間バイオリン弾いてない~~って言いながら、弾けちゃう人が羨ましいデス。


・1巻17番 ゴセック「ガヴォット」

スタッカートが甘い。音のお尻の部分が延びちゃうところが未だ出来ず。通して弾いたところで、先生合奏しようとするけど・・・・この曲セカンドないですよ!!って事に。
ま、新しい先生に習う時にはこの曲からやりますって事でこれで終了。
「でも、次の先生篠崎かもよ」って。そうなると白本・鈴木・篠崎と制覇ですか
T先生は、鈴木の3巻のユーモレスクあたりで白本3巻へ移るみたい。あぁ、白本がぁ~~

そして、予習ってことで2巻へ移動。

・1番 「合唱 ユダスマカベウスより」

4の音程注意。音の強弱をつけること。
1回弾いて合奏。
合奏ってことで弾き始めの合図を教わりました。息を吸って合図を送るのではなくて、弓をいったん持ち上げて合図するパターン。出来たらカッコいいけど、出だしでいきなり弓がぼよ~~んって危険が(笑)

鈴木のセカンド譜のBとCに合わせて演奏 → こちら

Cパート好きなんだけど、間の音がないと結構間抜けですね。しかも演奏は疲れて投げやりです音程外しまくって、先生笑ってるし。

お次は、

・5番 ブラームス「ワルツ」

全く弾いてないけど、一度レッスンで習いたかったブラームスのワルツ。この曲、いいですよね~~
先生の模範演奏もちゃんと弾いてもらいました

注意点はリズムをきちんと守ること。3/4拍子ですが、最初は8分音符を感じながら、弾くこと。それと、装飾音は軽やかに後半で入れること。装飾音あとのスタッカート部分は柔らかく切るように。
それと、出だしで弓を使いすぎる点を注意。

あとは、中盤のだんだんとクレッシェンドをかけていく部分。弓の使う量を少しずつ増やしていき、弓圧もかけるようにしていく。E線に入ると自然と音が出るようになるので、それまではガマン!

今回は表現の仕方をいつもよりたくさん習ったかも。
後半の繰り返し部分。1回目もだんだんクレッシェンドはかけていくけどあっさりな感じ。2回目はもっていく気持ちを勿体ぶる感じで。「行きたい!行きたい!けど、あ~~」だそうです(笑)

そして、いきなり合奏
つっかえつっかえ間違えながら最後まで・・・
先生と合奏出来て、いい思い出にはなりましたけど、今じゃなくてもっと先にやりたかったなぁ。(←千秋風)


この時点でレッスン時間の45分はとっくに経過してるけど・・・・ここから先生の2巻の演奏会。演奏のポイント解説付きで最後のボッケリーニまで色々弾いて頂きました。
結構色々教わったのですが、長くなるのでここでは割愛。ちなみに妖精の踊りの説明は面白かった。妖精の大きさがポイントみたい(笑)
鈴木の教本使わなくなったとしても、弾いてて楽しい曲ばかりだし、先生の説明聞きながら練習しようと思いました
先生の音、やっぱりいいなぁってあらためて感傷にふけったり。


で、しんみりレッスン終わるのかなぁって思ったら・・・・
先生の悲鳴が

襲ってないですよ
ごっき~が登場してしんみりムードも全く無し(笑)殺虫剤もないし、私もごっき~大っキライだけど退治しましたよ

最後は笑って挨拶。「飲んだりして、短い間だったけど濃かったね~。帰ってきたら、また戻ってきて下さいね。」ってお言葉を頂き、最後も飲みに旅立つのでありました。

~ 第2部 完 ~
2009年08月14日 (金) | 編集 |
今回のレッスンは定時の遅い時間から。
教室に着いて、おばちゃんのレッスン聴いてる間に寝そうになるぐらい疲れてました

レッスン前に先生が何故かモジモジ。
「今日はおばちゃんが迎えに来るので、飲みに行って来ますね。ごめんなさい。
って、ブ○ービートの浮気が見つかった相武紗季のように謝るのは何故?(笑)
(レッスン時間より飲んでる時間がいっつも長いからやん?)

さて、レッスン

・セヴシック2番

セヴシック02-04

2番のラスト。全部16音スラーで1往復。
久々に事前練習無しでレッスンに臨むと・・・・ダメですね
♪96がとっても早く感じられるし。それぞれ満遍なく間違えて次回持ち越し。
今回は2番目のファ・ソの音程が若干低いっていう注意が。自宅練習でも気付いてたけど、バレたか(笑)

なのに、追加でセヴシックの3番の1段が追加。
うむ~、次はフラットひとつ。って何長調でしたっけ?
「指置いてみて」って言われると・・・3と4の指くっつく??って疑問が頭をよぎります。
福岡の先生聞いたら怒りますね~、音階練習も毎日やってたのに、8ヶ月お別れしてる間にすっかり忘れてました。
3の指の音程が大事!ここを外すと4も外す!(3の指にくっつく形ですからね)とのこと。
3の指を置きながら何の疑問も持たずに弾いてたら、「ん?合ってないですよ」ってバッサリ。A線の開放弦と重音で音を0123と取って、響きを聴くようにだそうです。

ヘ長調の1の指が下がるのは苦じゃない(っていうか12がくっつくより好きかも)んですが、3と4の指をくっつけるのが・・・
私、昔左手の薬指を骨折した影響で薬指が中指側に曲がってるんですね。なので、薬指と小指の指先に隙間が
3と4の指は同時に置かずに1指ずつ置かないとなぁって思うのですが、4の指だけで押さえる筋力もなく。これからセヴシックの3番(全部ヘ長調)苦労しそうです。

・セヴシック11番

20番。元弓で弾く。これはまずまず出来たようで合格。
23番。先弓で弾く。D線・A線の移弦の練習なので、弓の角度はA線に合わせ、D線を弾く時は指弓で弓を持ち上げて弾く。先生の指導は弓をかなり向こう側(指板側)に倒すので、色んな部分が攣りそうな感じに。
生まれたばかりの子鹿のようにプルプルしながら弾きましたよ。D線からA線に移弦する時は小指を使ってえぐるように。ホントに出来なくて、先生が「そうそう、出来た!」って励ましてくれるのが嬉しかったですねで、普段感じる事のない手のひらの中心が攣りそうに!
これは当分弾く事になりそうです。
あと、注意点は肘が少し高い!!

で、宿題は40番。気晴らしになるみたい。そういうのも欲しい気分です。


今回も鈴木を飛ばして、「花のワルツ」の残り。

花のワルツ

今回は右ページの5段目の真ん中から。
この楽譜はセカンドなので、ここでようやくポジション移動登場。
1小節ごとにダウンからだし、右手も難しい、この曲1番の難所かも?
15小節の中にポジション移動が5回。
1ポジで4小節弾いた後に、「上がる!」って言われて・・・、

A線ドの音を1の指で
「ここは、2のとこに1の指がいかないといけません!」って先生。
「ん?2ポジ??」の~ん
「やった事ないです!!」
先生「そうなんですよ、くまちゃ~ん。大変なんだよ~~シール貼るかね、どうするかね。」
シールいや~んって事で音を取ろうとするも、音程合わず。
先生「くまちゃん、毎日レッスン来ても、ヤバいぐらいだよ(笑)」

やめていいですか?(心の声)

そして、3ポジから2ポジへの移動もあり・・・・燃え尽きました

その後も、1の指をスライドさせるか、途中で指を置き換えるかのどっちもやりたくない二者択一などもあり・・・いや~~弾ける気がしません
先生からも苦手な部分(さっきの15小節)が弾けなくても、目で追えるようにって。そして、絶対入れる部分を作っとくようにとのお言葉が。必要ですね

最後は最初から先生と一緒に弾いてみる。後半の今日習った部分からは先生がソロで。
当分この音源に合わせて練習しようっと
でも、最終的には原曲のスピードの筈。後々どう誤魔化して弾くかを習おうと思ってます(←おい)

レッスンが終わって、先生からまた「頑張ろうね」ってお言葉が。あまりの前途多難さに今日は優しいなぁ。これ以外に「亡き王女のためのパヴァーヌ」と「カヴァレリア・ルスティカーナ」が「亡き王女~」はまだ先生と一緒に譜読みすらしてないしね・・・・あと2ヵ月で間に合うのか?!

で、ソロの発表会も出るとすると・・・・
「今年はもう教本進まない気がするのは気のせい?」
先生「うん、気のせいじゃないと思う。すごいスケジュールだね」って。

今年の末でバイオリン始めて2年半経つとして・・・鈴木の1巻終わらずって、それもアリ?
ふっ、次回もセヴシックと花のワルツオンリ~です。


[続きを読む...]
2009年08月10日 (月) | 編集 |
4日のレッスンの話。2週間ぶりのレッスンでした。

12月の個人の発表会どうしますって話が
アンサンブルあるから出ない予定だったけど、アンサンブルの発表会が10月に繰り上がった為、12月は一応フリーに・・・・
「出ないっていう選択肢あります?」って聞いたら、先生「えぇ~」って。
マジですか・・・
次回のレッスン(11日)に返事するんですが・・・まだ考えてないデス。
生徒が出ないと先生の立場も・・・とか考えちゃうんですが、レッスン前に「今日お仲間と飲みに行く話流れました。」って伝えた時の方が先生の落胆大きかった気がする(笑)

その後は、公開レッスンの話。
先生は行かれなかったんで、みんなの話に。先生もみんなの様子は興味津々だったようで、録音聞かせてとのこと。
公開レッスンでの指摘についてはオーナーから細かく話があったようで、めっちゃ上手かった男の子に関しても早速音階練習をみっちり始めたそうです。先生って色々大変ですね。


さて、私のレッスンは、

・セヴシック2番

ラストから3、4段目。テンポは94.ここで16音スラーとご対面。11番の移弦スラーに比べればまだやりやすかったです。
注意点は小指を寝かしすぎず、もう少し立ててしっかり音を出す事。それと、弓圧をもう少し出す事、元弓でガリッと音を出さないように注意しながら、先弓で音がやせないように注意。
1小節だけ次回持ち越しで、ラスト2段が新しく宿題。

・セヴシック11番

19番。レレララ、ミミララと移弦しながら2音ずつ弾くというそれほど難しくない課題だったはずが・・・
久々に指弓をみっちりチェック。移弦の時はA線に重心を置いて、D線を弾く時は弓を引き上げる動きをすること。先生の指はやっぱり柔らかいですね。私はカッチカチやで~(ザブングル風)
次回は元弓で弾くこと。元弓での返しの時に柔らかい動きが必要になるようです。

20番。合格。テヌートの部分の繋がりと移弦の時にスムーズに行うこと。
でも最後の3小節ぐらいで間違えて弾きなおし・・・最近このパターン多いです

次回宿題は、19番を元弓、23番(レレレラ、ミミミラ)を中弓と先弓で。
で、問題発生D線の先弓使いないの~ん
先生はかな~り弓を向こう側に倒させるんですが、その状態で先弓まで弾くと手首が逝ってしまいそうなぐらい無理っ・・・柔軟性の問題な気が・・・そして、何故か肘が張る
これはかなり強敵です。自宅での練習では重音鳴りまくってます。

そして、鈴木は・・・・パス。
ゴセックのガヴォットもう1ヵ月半以上弾いてる・・・ユダスマカベウスも飽きた(笑)

そして、レッスンはチャイコフスキーの「花のワルツ」
「くまさん、どっちでしたっけ?」って先生。
「ファーストやったら死んじゃうって言ってたやないか~い」(心の叫び)

もちろん、セカンド




この曲をやる発表会は本番では、エキストラの管楽器も入るんですが、基本弦楽合奏。クラリネットのパートなどをファーストの方々は軽やかに弾かねばならぬのですクラリネットいるから任せりゃいいのにってのは思うのは私だけ?(笑)

あ、このベルリンフィルの映像は恐らくワルトビューネかと。夏にこうやって野外での演奏会があるんですよね。若い人たちも芝生に寝そべって聴けるっていう・・・いいですよね、こういうのも


話はそれましたが、その後は花のワルツのレッスン
弦楽合奏なのでちと構成などもピンと来ない。しかもセカンドなので、弾いてても原曲浮かばない!!でも弾いてるとたま~に、ここかっていうとこもあってなかなか楽しい。

しか~し、メッチャむずい
わかってはいた事だけど・・・
同じ音でも指を置き換える部分が出てきたり、指をずらす部分も随所に。
「音程が悪くて気持ち悪い」って言われるし・・・
手の形が悪いから音程不安定とも。(←これはよく言われますね~)

細かい注意点はここに書いたらキリがないぐらいたくさん。
今回は150小節目まで。ポジション移動なくてこれじゃ、ファーストは・・・

次回は残りラスト(232小節目)まで。速いパッセージで、ポジション移動も出てくるし、難関です。当初の予定では4回ぐらいでっていう予定だったみたいだけど次回で最後までのつもりで。でないと、「ワンレッスン(追加)だよ」って

で、名古屋オフにも参加せず譜読みしたけど・・・・全然わからんデス
しかも、この時習った部分、リズム練習するようにって言われてたのを、録音聞いてて今気付いた

どうなる、明後日のレッスン
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。