2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月18日 (木) | 編集 |
先週土曜日の個人レッスンのお話。

前のレッスンの女の子(小学3年生)に転勤の挨拶?しました。最後って伝わったかな?ま、気にもしてないでしょうけど。この子最近一人で来てるので、お母さんには挨拶出来ず終い。お母さんのチェロを一度聴きたかったですね~

さて、1週間全くバイオリンを弾かないままレッスンに行ったので、レッスン前に正直に申告。
先生意外そうなお顔でした。確かにそこまで弾かないのは初めてですね。でも、さすがに弾く時間なかったです・・・・

教本が手元にないので、レッスン内容は簡略版。
教本1・2巻の中から今後もちゃんと練習しておくようにっていうポイントを復習という形でおさらいしました。音階・移弦の練習などなど。

親がいつまで立っても子供が可愛いように、他所に行っても生徒は可愛いもんって思ってもらえてるのかな?なんか世話焼き先生の思いが伝わってくるレッスンでした。

弓を持つ手もぎこちないぐらいの状態だったので、最後に満足のいく演奏は出来なかったけど、とても温かいレッスンを受けられました。

最後はしんみりする事もなく、また次回来るね!ってぐらい、さっぱりとお別れ。「またこちらに来る時にはバイオリン持って弾きに来ますね!」ってご挨拶。

生まれたての赤ん坊状態からハイハイ状態までは成長したかな?
ここまで導いて下さった先生には感謝です。
最初の先生はホントにこれからずっと覚えているんでしょうね。
先生、いつか成長した私と合奏して下さいね
ありがとうございました。

ん?血も出てないし、玄界灘で散らなかったですね(笑)
1年半の個人レッスン、最後は私と先生の関係らしく、さっぱりにこやかに終わりましたよ

                               おしまい
スポンサーサイト
2008年12月08日 (月) | 編集 |
前日に転勤の辞令を受けてのレッスン。
出発前から雪が吹雪いてましたよ。さむ~~

到着したら、前のレッスンの女の子が片付け中。ストーブにあたりながら、「寒くて指が動きませんね~」って言ったら、「また、すぐ言い訳する!」との一言。厳しい~~

レッスン前に転勤の報告を。
さすがに先生、ビックリされてました。12月15日着任っていうと、更にビックリ。
他の会社の事はよく知らないですが、銀行系って転勤までの時間短いんですよね。なぜなら、不正の証拠隠滅させない為!と以前に聞いた気がします。
1週間で隠滅せねば(笑)

レッスンは、
音階練習(ハ長調、ヘ長調、ニ短調、ト長調、ニ長調)
ハ長調がやっぱり苦手。今後もちゃんと練習するようにとのこと。
55番の音階練習のページに「イ短調、変ロ長調、ト短調、ホ短調、ロ短調」の文字が追加。これで計10個。今後はどれも練習するようにねとの事。
まさか、これ来週までの宿題じゃないですよね?

その後は、ハ長調、変ロ長調の練習をし、43番「ワニタ」へ。
「ワニタ(Juanita)」って「鰐太?」って聞いたところ、「鰐の男の子かい!曲のイメージと全然離れてるでしょ。」って突っ込みが。女の子の名前じゃないかな~って話でした。ジョアンナみたいな感じ?だそうで。これからは曲の雰囲気変わるなぁ、絶対。

その後は、44番「移弦の練習」を終え、宿題は45番「アリア」
宿題はあるのね・・・・

残った変ホ長調が終われば、当面の調性はひと通り習った事になるみたい。(白本2巻はその後は、曲ばかり)
今まで習った基礎の練習は今後もやるようにとのこと。分からない事があったら、いつでも連絡しておいでとの温かいお言葉を頂きました。

昨年の6月。突然思い立って体験レッスンを申し込み、即座に習う事を決め、その日のうちにバイオリンを買いに行ったのがつい最近の事のように思えます。
何の楽器の経験もない私に、一から教えて頂いた先生にはホントに感謝してます。
習い事とか苦手で不安だったのですが、先生のお人柄のおかげで気楽に楽しく通い続ける事が出来ました。
ありがとうございます。

次回が、最後のレッスン。
先生「最後は、血が出るまでレッスンするからね!」
どんなレッスンやねん

最終回予告「くま、玄界灘に散る!」
2008年11月30日 (日) | 編集 |
ホントは今日はレッスンが無い日だったのですが、振替があったので個人レッスンのみありました。

前の時間の女の子のレッスンをいつの間にか追い抜いていた模様。
彼女も変ロ長調に苦戦中の様子。共に頑張ろう!!

早速レッスンと思いきや、レッスン後に弦交換にバイオリン屋さんに行く話をしていたところ、その場で先生が弦交換!!

結局、オブリガート継続決定!
ま、冬のオブリも試してみたかったのでイイやって感じかな。

先生と麻生発言について語り合っている間に、サラッと弦交換完了。先生手際いいですね。
いつまでも頼ってていいのかな

弦の交換が終わった後も話をしていたら、その間にも弦緩んでるし
こんなに狂ったっけかなぁってぐらい、狂いますね。

私「今日は音程狂ってても、弦のせいですね~」
先生「みんな(弦を交換した後は)同じ事言うね~」
だそうです(笑)


まずは、音階練習(55番)から
ヘ長調の後に、ニ短調。
ニ短調を弾き終えた後に先生を見たら、怪訝なお顔。
「ん??何か問題??」って思ったら、もう弦が緩んでいる様子。

弾いてる最中にわからんかった・・・・

開放弦弾くと確かに狂ってる。あまりの狂い加減にどれくらい緩んでるのか検討もつかず。またまた先生の手により調弦。
調弦後の音は、合ってる!!ってわかりました。(←遅すぎ)

その後は、17~19番の基本的なリズムの練習。
この練習キライ・・・・今日もボロボロでした。
普段から弾いてないのバレてるよなぁ。
弾いてる途中で音を外すと、
弦のせいじゃないよ、指のせいだよ!!
と厳しいお言葉も


お次は、変ロ長調の練習。
音階・3度・6度の練習。
6度の重音は「練習ちゃんとやってるね」って言ってもらえました

「練習ちゃんとやってるね=出来てるね」ではないのですが、苦手なので一応(他の練習よりは)やってます。
最近、6度の音がちゃんと取れるととっても快感。
6度の響き、好きかも


最後に課題曲、44番 移弦の練習

44番

題名通り、移弦の練習が満載の曲なのに、何故か移弦部分は重音で弾いてくるようにとの指示が出ておりました。
先週は意味が分からなく、そのまま移弦の練習やっておりましたが、今朝重音での練習の事を思い出し一夜漬けならぬ一朝漬けで臨んだ次第・・・・

結果は撃沈・・・・・
重音はだいぶ慣れたとはいえ、朝チョロっとやっただけで出来る訳もないわけで。
その後、譜面通りに移弦しながら弾いた方がまだ出来てたみたい。
今回は新しい課題は無し。もう1回重音でやってくるようにとのこと。

重音好きなのは、この教材ではなく、先生なのか?!

内容は普段よりもだいぶ少なかったけど、1時間半のなが~いレッスン。
おしゃべりもいつも以上に多かったけど、頻繁に調弦し直しで大変でした。


今日の教訓

弦交換 レッスンあとに やるように
2008年11月23日 (日) | 編集 |
寒いし、昨日の飲み疲れでまったりしたい土曜の朝。
でも、レッスンは今日もあります。

前の女の子はお母さん共々風邪でダウンの様子。お大事に~
なので早速レッスン開始。

まずは55番の音階練習
・ハ長調
先生に「怪しいね~」って言われました。「ハ長調の音階・分散和音苦手なんですよ~」って答えたら、意外そうな顔されてました。まだ、ヘ長調の方が・・・って言ったら、「じゃあ、次はヘ長調!」って。

・ヘ長調
墓穴掘りました・・・分散和音のとこで、ニ短調の音を取ってしまいました。
平行調って難しいですね。

・ニ短調
まぁ、無難に終了


お次は、復習コーナー
・4番 つりがね草
無難に終了

・15番 「アウリスのイフィゲニア」より
前回同様イマイチ。1箇所フレーズの区切りを間違えて捉えてたり。

・20番 ハイドンのセレナーデ
好きだけど苦手な曲。よろよろ弾いてました。ポジション移動習ったら、続きも弾きたいです。

・33番 きよしこの夜
季節外れで飛ばしてた曲。習ってないのに、何故に急に弾く?クリスマスにひとり弾くかなぁ(涙)

・35番 「ドン・ジョバンニ」よりメヌエット
先生は私が苦手って思ってましたけど、ふふん。録音するからいっぱい練習したもんね!で、普通に終了(普通かいっ!)

最後に、変ロ長調
音階、3度、6度と練習。重音少しだけ取れるようになったかなぁ。

課題曲
・43番 ワニタ
ワニタ

曲自体はそれほど難しくはないのですが・・・・・
3連符、走ってしまいました。
先生嬉しそうに、「やっちまったなぁ~(笑)」って。

!!
私のブログ読まれてるかと、一瞬焦った

3連符はゆっくりぐらいで弾くようにとのこと。

で、もう次の曲??!
44番 移弦の練習
イヤ~~(涙)
42番の「わかれ」とか先週のレッスンで弾いただけだし、もう少し進みたくない

最後に、「1週間で足りるかなぁ・・・」でつぶやいたら、「伏線張らない!」って先生に注意されました。
いや、マジっす!!

2008年11月16日 (日) | 編集 |
先週はお休みだったので、2週間ぶりの個人レッスン。

教室に着くと玄関先にちっちゃい靴が・・・・
3、4歳ぐらいの男の子とお母さんが体験レッスンに来ていたようです。
1/16のバイオリンを持ってました。ちっちゃいなぁ。
インテリアに欲しいと思った事あるけど、小さくても高いモンは高い!
子供服も一緒ですね~と先生と話しちゃいました。

さて、私のレッスン。

ヘ長調・ニ短調の音階から。相変わらず不安定な音程。分散和音は弾いてて途中からよく分からなくなるし。
普段はゆっくり弾いてても意味ない!って言われるのですが、今日は1音1音丁寧にゆっくり弾くように指摘されましたグループレッスンの先生にも言われたし、当分丁寧に音階練習です。

その後は、ひたすら変ロ長調。
いつもの練習課題をこなした後、6度の練習。
ひゃ~いきなり重音で

変ロ長調

ボロボロだったのに、「お上手ですねぇ~」って先生。
さっきの男の子の体験レッスンが嬉しかったようでてテンション変です(笑)

お次はもう3回目ぐらい?の41番アレグレット

アレグレット

音符自体はな~んも難しくないんだけど、変ロ長調。スムーズに音程取れません。
出だしのA線「1・2・3・4」の指遣いはさすがに練習したので動くようになりましたが、3段目の「3・4・2・3」は動かない、動かない。私の薬指は中指側に曲がっている為、薬指と小指は仲良しさん(くっつく)にはならんのですよ・・・・


お次は、42番わかれ

わかれ

宿題にはなってないけど、「どうせやってるよね~」って一言。
よくお分かりで(笑)

移弦の部分をしっかり弾くこと、3・4段目はうたった感じで。
2・6小節目の最後の音、思いっきり長~く伸ばしてましたスタッカート付いてるのに。

そして、またひとつ宿題が。
43番 ワニタ
ワニタって鰐太?みたいな感じ?意味分からないですね。
曲は1度グループレッスンの先生に弾いてもらったけど、いい感じの曲です。
あ~、でもこの曲終わったら、次からイヤ・・・・・・・


そうそう、帰り間際に先の男の子の話。
スズキメソッドだと、最初フロッグの下に親指置くんですね。それが何年も続くらしい。
先生はそれがお気に召さないみたい。
私もホントに最初の短期間なら、左手が慣れるまでって事で分からなくはないですが、何年もってねぇ・・・・って思います。
まぁ、習った事ないので良し悪しは語れませんが、何故なんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。