2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月30日 (水) | 編集 |
今日は帰宅してから10分ちょっと練習。

先日の肩こりと頭痛も癒えぬ間にまた問題が起こりました・・・





楽しい話ではないので、それでもって言って頂ける方だけ、どうぞ読んでやって下さい。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
2008年04月29日 (火) | 編集 |
オロビアンコ


今日は25度を超え、暑い1日でした。

先週末に買い物モードにスイッチが入り、今日も午後からカバン探しの旅。

オロビアンコのナイロントート。ARINNAってタイプかな。あんまりナイロンって好きじゃなかったんですけど、色に惚れました。値段も手頃なので買っちゃいました。結構大きめのバッグなので、これで1、2泊のお出かけにもバッチリ!バイオリンを担いで旅に出れそうです。

他には、BOSEのQuietComfotr3っていうヘッドホン。こっちの方がバッグより高い!でも、試着してみて付け心地に惚れた(←惚れっぽい?)んですよね~。他にノイズキャンセラーなるものがついているようなのです。ノイズキャンセラーっていいんですかね?i-Podに付けて出勤の時に効果を試してみます。これで深夜も周りを気にせず溜まったCD聴けます

そして、バッグを買った時に、お店のお姉さんに乗せられて、つい服も・・・


話は変わりますけど、午前中にバイオリンも練習しました。

・ト長調、ハ長調の音階と分散和音の練習。

・10番「若き日の」
・14番「アンダンテ」

この2曲は最近ご無沙汰のG線が出てくるのでG線の練習を。元弓でしっかり弾かないとへろ~って音になってしまいます。最近音程もずれまくりでしたが、最後の方は少しはマシになってきました。それにしても、D線でも1・2指がピタッと付きません。特に2の指の3の指へつられっぷりと言えばヒドイもんです。

それとE線のヘ音(F)のをコソっと練習。指板の殆ど端っこであってるんでしょうか?勿論きちっと音は取れませんが、指は届きそうです。E線だけに限って言えばト長調より窮屈感は減るかな。

イ長調ですらきっちり音程取れないのに、こんなに色々増えてきてどうすれば音程ってきちんと取れるようになるんでしょうか?最近のささやかな悩みです。買い物の悩みは全部解決しました(笑)
2008年04月27日 (日) | 編集 |
今朝はお出かけ前にちょっとだけ練習。

たま~に、ホントにたま~になんですが、すっごく調子のいい日ってありませんか?リリ(←注:知らない方は流して下さい!)がやって来たかのように。今朝はそんな日でした。

普段は弓をガシガシと弾いてしまうんですが、今日はE線でも圧力をかけ過ぎる事なくス~っと弾けました。あまりに気持ち良かったので、ついつい出かける時間直前まで触ってしまいました


今日はアウトレットに服とかカバンを買いに行ったのですが、買ったのが、これ。

エルゴラピード


コードレスのクリーナー、エルゴラピードです。スウェーデン製のちょっぴりおしゃれな感じ。取り外してハンディクリーナーとしても使えるスグレものです。

重さはちょっぴり重めです。女性には少し重たく感じるかも。でも、普通のタイプの掃除機をゴロゴロ動かす事を考えたら大した重さじゃないですけどね。何部屋もある家だと、充電が心配ですけど、ワンルームの我が家なら問題なし!

これで、少しは我が家もキレイになる事でしょう。じゃあ今夜は充電して寝るので、こびとさん、あとはよろしく~!
2008年04月27日 (日) | 編集 |
本日は個人レッスンのみ。

レッスンへ向かうべくバス停にてバスを待っていると、バイオリンを持った女性が向かいのバス停で降りるのを発見!そういえば自宅近くにもバイオリン教室があるんだっけと思い出しました。これからレッスンでなかったら追っかけていって話を聞くところでした(それは、ダメだろ~

本日のレッスンは

・ト長調の音階・分散和音の練習
・4番「つりがね草」
・9番テレマン「メヌエット」
・10番「若き日の」
・ハ長調の音階・分散和音の練習

本日は音階練習から先生が一緒にバイオリンを弾いて下さいました。いつもと勝手が違ったからなのか、ト長調の分散和音の指遣いか飛んでしまって、出来ない始末・・・毎日練習してるのに、ちょっとショックでした

曲は特に注意無し。他の2曲はともかく「メヌエット」は全然出来てないと思うんですが・・・??


ハ長調分散和音


ハ長調の分散和音はボロボロ。後半のド・ファ・ラ、ド・ラ・ファの部分ですが、2音目のファを置いた時にD線の1・2の指を押さえます。そして、D線1の指を残したまま、4音目のド(A線の2の指)を押さえて弾いていたら、先生から1の指を残したままにせず4音目を押さえる時に1・2の指を揃えておくように注意を受けました。

D線1の指を置いたままにしておくと、最後のファ(D線2の指)の音が取りやすいのですが、ダメなんですね・・・ちゃんと練習しなおさないと!

そして、新しい曲

・14番「アンダンテ」

曲自体は簡単なのですが、1箇所四分音符の長さを間違えて取ってしまって、そこから訳が分からなくなりボロボロ・・・

先生からはこういう簡単な曲はゆっくり弾かずに、練習の時も早く弾くようにと言われました。簡単な曲はゆっくり弾いて誤魔化してはダメ!早く弾けるように練習しなさいとのこと。

普段は早く弾いて誤魔化さずに、ゆっくり弾いてちゃんと弾けるようにと言われる事が多いのですが、逆の場合もあるんですね。勉強になります。

最後に、音階練習は大事だし、これからもずっとやっていくので練習するようにと言われました。3度とか6度とか1オクターブがとか色々言われましたが、???って感じでした。そして。「あなたが好きそうな」って仰りながら先生が取り出したのは、「小野アンナヴァイオリン音階教本」先生!何をどうやったら好きそうって思えるのですか??いつかレッスンで使うのかなぁ。それなら今持ってる「ホーマン」使ってくれないかなぁって思った今日の最後でした。
テーマ:バイオリン
ジャンル:音楽
2008年04月25日 (金) | 編集 |
今朝は出勤前に20分ほど練習。

明日のレッスンに向けて2曲とハ長調の音階練習。

どなたかのブログで見たのですが、松脂を付けた当日って音がどうもこもるんですよね。特にG線・D線の音がザラつくので最近はレッスン終了後に塗り塗りしてます。

でも、G線・D線の音がイマイチ(松脂のせいではない?・・・)だったので今朝塗っちゃいました。ザラつき感はあるものの、少しはマシになったかな。明日はもっといい音出ますように!


ここ数日肩凝りが酷く頭痛を伴います。久々にマッサージ行こうかな。元々肩凝りなんですが、バイオリンは肩凝りには良くないんでしょうか?それとも関係ないのかな。
2008年04月24日 (木) | 編集 |
アンサンブル金沢


今朝の出勤途中の話。

道が空いていて少し早くついたので、ひとつ手前の停留所でバスを降りて喫茶店へ。昼休みによく行くお店なので顔見知りの店員の子が道端で割引券を配っているところに通りかかりました。

向こうはいつも来る客だからと割引券をくれる気配がないので、親父度120%で「ちょうだい!」って手を差し出すと、意表を突かれたのか、束から数枚取る手が覚束ない様子で、「はい!」と渡してくれたのですが・・・

スゴイ束!

先ほど帰宅して枚数を数えると32枚。180円のコーヒーに対して50円の割引券って結構大きいし、しかも放っておいてもやってくる客に渡しすぎですよ~。

でも嬉しかったので、本日は2回行きました。


上の画像は本日購入したCD、オーケストラ・アンサンブル金沢の新作です。1500円という親切価格なので、普段あまり聴かない曲目でもつい購入してしまいます。

こんなオケが地元にあれば定期会員になるのになぁ~って憧れるオケですね。
2008年04月23日 (水) | 編集 |
本日も40分程練習。

メニューは

・イ長調音階・分散和音練習
・ト長調音階・分散和音練習

イ長調は下りでのA線の3,4の指の音程が安定せず。
ト長調は相変わらず。A線で、2の指が3の指につられて上がってしまう。

・9番テレマン「メヌエット」

D線とA線での移弦の際に隣の弦を弾きまくってます。スタッカートは数箇所無視してます。

・10番「若き日の」

長いスラーの部分で弓が足らなくなり、音量が下がる。ポルタートは出来たかな。G線の弾き方を久々に思い出しました。バイオリンを少し内に入れる感じで弾く。ここ最近ではマシな音が出た気がします。

・ハ長調音階・分散和音練習

ド(G線)・ファ・ラと上がり、ド(A線)・ラ・ファと下がる分散和音。指がつりますどこまで指を置いたまま次に移動していくのかしっくり来ません。


これは、今日の練習メモ?それとも愚痴?ミュートを付けているとG線・D線の音がイマイチですね。週末にちゃんと音を出したいです
2008年04月22日 (火) | 編集 |
今日は教本について少しお話を。

私が個人レッスンで使っている教本は、「新しいバイオリン教本」です。通称、白本でいうんでしたっけ?

全47ページ、1行程度の音階練習も含めて全73曲です。内、8小節程度の短い曲も含めて24曲ってところでしょうか。

現在2巻に入って、ト長調・ハ長調と習いだしていますが、1巻ではニ長調・イ長調メインです。指遣いは「1-23-4」の形オンリーですね。なのでイ長調が幼馴染って感じです。

教本全体の感想としては、音階練習、重音、スラーなどの練習があって、その小テストのような感じで曲があるって感じです。曲も全体的に短い物が多く、民謡が多いかなって感じです。


他にメジャーな教本で「篠崎教本」、「鈴木教本」も持ってます。この2冊はレッスンで使った事はないので、独りで勝手にかじった感想程度で読んでくださいね。

「篠崎教本」はバイオリンを始めた頃によく見させて頂いていたブログで話題になっていたので最初に買ったんですよね。曲が多く(172番!まで番号が振られています)、1ページにギュッと詰め込まれた感じがします。レッスンで教わりながら進める分にはいいと思いますが、聴いた事のない曲も多く、パッと開いて弾いてみるっていうのは、初心者の私には難しいものがありました

その後、「鈴木教本」を買ったんです。鈴木は曲は17曲と曲は少ないのですが、まぁ知ってる曲が多いいかなぁと。あとCDが付いているので楽譜が読めない私にはピッタリ!でした。

でも、1巻の後半(12番から)はト長調なんですよね・・・なので、つい最近まで買ったままで放置されていました。最近はト長調も習うようになったので、バッハのメヌエットなんぞをこそこそっと弾いているわけです。(宿題の曲やらずに・・・)


その他に、買ったまま使ってない「ホーマン ヴァイオリン教本」の第1巻。「ホーマン」の有効な使い方をご存知の方がいらっしゃったら、教えて欲しいです!

そして、先日買った「オーケストラな一日」という本。教本ではないのですが、オーケストラの名曲のバイオリン・パートを集めた本です。勿論弾けないのですが、いつかアマオケに入って弾きたいという夢を持って眺めてます


これ以外に、グループレッスンで使うテキストとレパートリー集は勿論弾いてます。こちらについては興味のある方がいらっしゃったら、またの機会にご紹介しようかと思います。

それにしても、練習時間は他の方々より少ないのに、色々買ってしまいましたね。じいちゃんになる前には弾けるかな~。

2008年04月21日 (月) | 編集 |
今回は、Kさん、Tさんも来られ、久々に3人揃ってのレッスンとなりました。

レッスン前の話題は、先生と私が見た先日のコンサートの話。その後、指揮者って大変で、東京の某オケは指揮者を泣かせるって話になりました。また、指揮者とオケはあんまり仲が良くないそうで、ある指揮者のマスタークラスにオケマンが参加された時の話もありました。その指揮者はオケマンに向かって、「あなたが普段こう振ればいいのにって指揮者に対して思っているように振ればいいんですよ。」って教えたそうな。そんな事あるんですかぁ。恐ろしい話です

でもいいお話もありました。オーケストラの団員同士でも奏者同士で文句や意見があるそうです。その気持ちを代弁して、指摘するのも指揮者の役割とのこと。敢えて悪者になるそうです。のだめだけでは分からないオケの世界。奥が深いですね。やっぱりいつかはオケやりたいです


さて、レッスンは、

開放弦で音を出した後、ニ長調の音階練習。

その後、

・レッスン2のエチュード「よろこびのうた」。

この曲はグループレッスンを受けて初めての曲でしたが、本日で終了となりました。新しい曲は、

・レッスン3のエチュード「オーラ・リー」

これは、ラブ・ミー・テンダーってやつですね。1箇所ミ~シ~、ミ、とスラーあんど移弦と4の指が出てくるという所が難しいと思いますが、まぁみんな弾ける感じでした。

・「アレグロ」

スタッカートは出来る人だけって事で弾きました。個人レッスンでも課題のスタッカート。ピタッと弓を止めるのはやっぱり難しいです。先生の評価としてはまずまず。私のいるクラスはこういうテンポのいい曲の方がよく出来ていると仰ってました。

で、またテキスト外の新曲。

・「フレール・ジャック」

フランス民謡のようです。弾いてみたら、知っている曲でした。何て説明すればいいんだろう?マーラーの1番で出てきた感じ?って、この説明じゃ更に分からなくなりますね・・・ この曲は輪唱も出来るようで、次回は輪唱も入るとのこと。楽しみです!

最後に今後のレッスンの話がありました。

レッスン3のエチュード2番(Vn1と2を合わせるときらきら星になるやつ)と3番のVn1はやらないかもとのこと。移弦の練習は他でもやるので、これはいいですとの仰ってました。マリさんとはだいぶ展開が違うようです。先生によって色々みたいですね。

で、レッスン4を覗いてみると、バッハのメヌエット第1番が先生は、私が個人レッスンでト長調でひ~ひ~言っているのをご存知なので、「もうじき追いつきますね。」って仰ってました。早すぎです

GW等の関係で次のレッスンは3週間後。ちゃんとみんな揃いますように。
テーマ:バイオリン
ジャンル:音楽
2008年04月20日 (日) | 編集 |
今日は朝からバイオリン日和。午前中は個人レッスンです。

最初は、ト長調の音階と分散和音の練習から。

相変わらずぎこちない音階ですが、ト長調の練習を始めた頃に比べると良くなったとの先生のお言葉。なんか慰められているような・・・

続いて、ト長調の曲3曲。

・4番「つりがね草」
・8番「五月のうた」
・9番テレマンの「メヌエット」

「つりがね草」は正直今週は弾いてなかったのでドキドキしながらの演奏。先生にびくびく弾かずに弓を大きくと案の定注意を受けました

「メヌエット」は前半のスタッカートが出来ていないとのこと。しっかりと弓を止める事が出来ていませんでした。左手に注意が向いて、スタッカートへの意識が薄れるとすぎにだら~って弾いてしまいます。先生と何度か弾いて、少しはマシになったかなぁ。


そして、新しい曲。

・10番「若き日の」
・11~13番 ハ長調の音階と分散和音

「若き日の」では初めてポルタートなるものに出会いました。自宅でこそ練の時にスラーが付いていたので、四分音符を繋げて二部音符で弾いていて、なんか変な感じって思っていました。全然違いましたね・・・っていうか、弓を返して弾くのと同じ響きでって小さく書いてありましたよ。ポルタートはスタッカートよりは身体が受け入れてくれるそうです。

で先生と一緒に弾き始めると・・・G線シの音がパッと見で分かりませんでした先生が「2!2!」と仰るのですが、ピンと来ずに止まってしまいました。ドより下の音はドから数えていかないと分かりません。すぐ下の音なのに考えていないと、分からなくなってしまいます。なので、G線を弾くときはいつもフィーリングで指を「えいっ」て置いてます。なるべく早く慣れるようにと思って、指番号は振らないようにしてます。先生も振るなって仰ってますし。でも、もうじき1年になろうというのに、こんなんでいいのかなぁ~。

そして、次はハ長調

ニ長調・イ長調・ト長調に続いて4つめの調です。わ~い!今までの人生の中で一番身近だったハ長調。なのに、バイオリンを始めてから疎遠になっていたハ長調。シャープが1つもないのに、難しいハ長調にやっと出会えました

1オクターブの音階なので出来るからやってらっしゃいとのこと。ト長調との出会いに比べたらすんなり馴染めそうです。

続いて55番の長調と短調の音階練習のページに飛んで・・・今までと音符の大きさが違うっしかも音階ばっかり・・・

先生もいきなりこのページを宿題にされたらレッスン辞めるって仰ってました。でも、ここまでやってきたら自然と出来るようになっているからとのこと。ハ長調とト長調とニ長調の所に印を付けて頂いたので、これも練習に組み込むのなぁ・・・

最後はイ長調の曲を1曲弾いておしまい。

はぁ、今日も練習した感たっぷり

でも、ハ長調のE線って確か窮屈なんですよね??
2008年04月19日 (土) | 編集 |
元々少しだけクラシックを聴いていた私ですが、昨年からBShiを観るようになってからどっぷりクラシックにハマったのでありました。

その影響で昨年6月にバイオリンを始め、バイオリン愛の影響でのジャンルのバイオリン演奏も聴くようになったのでありました。

現在、一番ハマっているのが、ジャズバイオリニストの寺井尚子さん。レコード店でジャケットに惹かれたのと、のみやさんのブログをきっかけに聴くようになりました。見た目同様のムーディな演奏がお気に入りシェリング好きの私はいったいどこ~~。

グループレッスンを受けている教室の影響もあるのかなぁ、最近はクラシック以外のポピュラーミュージックも演奏していて楽しく思えるようになりました。

今のヘビーローテは「dreamdancing」というアルバムに入っている「パリの空の下」という曲です。みなさんも聴いた事のある曲だと思います。情感たっぷりな演奏で、今まで何も思わなかった曲が素敵に思えます。

で、グループレッスンのレパートリー集にこの曲入ってるんですよね。今年1年で弾く機会あるかなぁ~

と、話がそれましたが、バイオリンを通してステキな演奏に出会えました。ジャンルを問わず、みなさんのオススメのバイオリンの曲・演奏者の方を紹介して頂けたら嬉しいなと思った1日でした。
2008年04月17日 (木) | 編集 |
書いてはいませんでしたが、今週も毎日30分弱は練習してました。

ワンルーム生活の今の身では、夢のまた夢ではありますが、防音室欲しいですね~。でもあったらあったで、いつでも練習出来るやって思って練習しなさそうな気もします。とりあえず、ウルトラマンにならないように、頑張ります

本日の練習は、

・ト長調の音階と分散和音
・8番「五月のうた」
・9番テレマン「メヌエット」

相変わらず音は外しまくるのですが、以前に比べたら指遣いも少しは窮屈さが和らいできたかなぁって思います。でも、E線は相変わらず窮屈さ満点です。他の方はどうなんでしょう??慣れなんでしょうか??

スタッカートは全然ですね・・・気づいたら、普通(←何て言うのか分かりません)に弾いてます。

明日も練習の時間を取って、土曜のレッスンに臨みたいです。
2008年04月15日 (火) | 編集 |
本日の午前中、所長(私が所属する部署の一番エライ人)がニコニコとしながら私のもとに近づいてきます。普段あまり無いことなので、なんだろ~って構えていたら、

所長「おまえ、転勤してくれる?」

との一言。

おおっ、現在の部署に東京から来て早3年半。とうとう来たかっ!って思ったら、

所長「おまえが集金してくれるのか?」

の聞き間違いでした

本日は会社の給料日。社員会の会費を集めるのが私だったのです(普段集めてくれる女の子が不在だった為)。例え本当に異動だったとしても、朝っぱらから本人に告げる事はありません。考えればすぐ分かる事なんですけどね。

私は、そんなに転勤したがってるのかなぁ~

所長が今の部署にいる限り私の異動はないでしょう(2度目の腐れ縁です)。今しばらく九州でのバイオリン生活を満喫します!


2008年04月14日 (月) | 編集 |
土曜日のレッスンの話が月曜になってしまいました

Tさんが1ヶ月ぶりに戻られましたが、Kさんがお休み。本日も2人だけのレッスンでした。

2分音符で開放弦を順に鳴らしたあと、

1.レッスン2のニ長調の音階練習
2.レッスン2のエクササイズ3のトンネル
3.レッスン2のエクササイズ1と2、重音練習

2番はグループレッスンで初めて出てきましたトンネル。
レ ララ、ミ ララ、ファ ララ、ソ ララと上がって、また下りてくるというものです。D線を押さえながらA線の開放弦を弾くといことです。半年間トンネルの練習を欠かさずやってきた身としては、ふつうにクリア。


3番は重音練習。Tさんは中断したとはいえ、鈴木の3巻まで習われ、調弦も重音でされている方なので重音もあっさり弾かれています。それに比べて私は・・・・

今回は先生にみっちり重音のレッスンをして頂きました。

1.2本の弦のちょうど中間の角度で弦を弾くこと。
2.右手をぶれずに弾くこと。
3.力まずに弓を動かすこと。

の3点についてひとつずつ習いました。

1番目は以前からもよく言われてました。2つの弦に当たる角度でちゃんと弓を弾けば、ぎゅっと弦を押さえつける事もなく、軽くスッと弓を弾けば音がなるっていうことです。私は、重音になると息が止まりぎゅ~っと力が入ってしまってます・・・

2番目は、正しい角度で右手を動かす練習です。先生に弓を持って頂き、弓に沿って手を動かす練習をしました。角度が悪いと、途中で弓に引っかかってしまいます。正しい角度でスッと手を動かし、身体に角度を覚え込ますって感じでしょうか。問題は、弓を手で汚してしまうことと1人じゃ出来ないってことです

3番目は、指に力を入れずに弾く方法。弓を弦に乗せた状態で、人差し指・中指・薬指・小指を順に上げていって、その後にスッと弓を弾く。これが力が入っていない状態との事でした。ダウンとアップをそれぞれ何回か繰り返しました。

その後は、弓をちゃんと持つ練習として、普通に弓を立てて持ち、それを持ち替えてフロッグ全体を掴む練習をしました。文章ではうまく説明出来ませんが、これがスムーズに出来るとちゃんと親指で持てているという事だそうです。Tさんはスムーズに出来てましたが、私はむきゃ~って感じです

その後は、アレグロを弾いておしまい。

Tさんはむきゅうどうの楽譜をもらい、宿題となりました。

普段は、曲をさらっと弾くレッスンが多いのですが、個人レッスンに続き、基本の練習がたっぷり出来ました



2008年04月13日 (日) | 編集 |
第283回定期演奏会


今日はruddypawさんと待ち合わせをして九響の定期公演に行ってきました。

いよいよ新年度の定期開幕です。本日は毎年恒例のリヒャルト・シュトラウスのシリーズ。曲目はヴァイオリン協奏曲 ニ短調アルプス交響曲です。

いや~、普段あまり聴く機会のない曲目を並べて、よくぞやってくれましたって感じのプログラムです。

ヴァイオリン協奏曲は初めて聴く曲でした。ソリストの渡辺玲子さんは小柄なお姿からは想像の出来ないパワフルな演奏でした。オケも協奏曲とは思えない大編成で第1楽章から迫力満点な演奏でした。第3楽章は超絶技巧と言う言葉がピッタリな感じで、難しそうでした。

そして、本日のメイン、アルプス交響曲。普段2管編成の曲目が多い九響のレパートリーの中で、一体何管??ってぐらいの大編成。4管編成?もっと?って感じでしたよ。そして、先週のN響アワーで登場したウインドマシーンもしっかり確認。ビュ~ビュ~と吹き荒れていて楽しかったです。

ちょうど1年前のR・シュトラウスの定期の時には金管の響きに物足りなさを感じていたのですが、今年はホントに素晴らしく良かったと思います。ruddypawさんも良かったと言ってらっしゃったので、誘ってみて良かったかな。これを機に九響もよろしくね!そして、九響には副題のようにメジャーへのステップを果たしてもらいたいですね

そして、九響のヴァイオリン奏者の方が、私のグループレッスンの先生の先生という事が判明。ちょうど開演前のロビーコンサートで演奏されている姿をゆっくり拝見出来ました。先生の先生って事は、私は孫弟子??って事で本番中も勝手に「じいちゃん」って心の中で呼んでいました。

ひとつのオケの演奏会に色々と通い続けるとお気に入りの奏者の方も出来て、楽しいですね。ちなみに私のお気に入りは首席のクラリネット奏者です




おまけ
[続きを読む...]
2008年04月12日 (土) | 編集 |
今日はレッスンかけもちの日。まずは個人レッスンから

レッスン開始前に先生と前のレッスンのお母さんとの間で、「Youtube」って何?っていう話題になりました。子供さんが、何かいかがわしい物を見ているのではないか?と心配されていたようです。そこで、私に「そういう(いかかわしい)ものって見ます?」って質問されても・・・お母さん・・・

ってことで、レッスンスタート!

今日は最初にイ長調の音階練習と、過去にやった曲を数曲。弓を大きく使うようにとの注意を受けました。大人は変な音を出さないようにちょこちょこって弾くからってことで、普段よりゆっくりとしたテンポで大きく弾きました。

しかし、73番「狩人の合唱」は今までにないハイペース。後半バテてしまい、指がもつれる感じになってしまいました。他の曲でもそうですが、最後の方になると終わったという安心感からか、音を間違えたりといったミスを犯してしまう(今回は安心感ではなく、バテたのですが・・・)点も注意されてしまいました。最後でつい間違えてしまうって意識すると実際にも間違えてしまうので、出来ると思って取り組みなさいと。自己暗示のようなものでしょうか。

そして、次はト長調。音階練習のあと、新しい曲の9番テレマンの「メヌエット」。弾く前に難しかったですと感想を述べると、メヌエットなんだからそんなに早く弾く事もないとの説明で、自分の練習の時よりも少し遅いテンポでスタート。

注意点は2つです。

1.2分音符の長さが足りない。
2.スラーの所にあるスタッカートが出来ていない。

1つ目の2分音符の所は、その箇所だけ完全に飛んでました。意識もせずに全然違うリズムで弾いていたようです。

2つ目のスタッカートは、完全な見落としやっぱり楽譜読めないですね・・・スラーでのスタッカートの弾き方を教わりました。

曲の前半の部分を重点的に練習して、後半は流していたんですが、後半の部分練習を本日は行いました。音符2つずつスラーでとか、逆に全部弓を返してといったように何度も繰り返しました。1箇所を何度も繰り返し弾くのって、何かレッスンって感じだなぁ~って嬉しく思いながら弾いていました。

最後は、8番「五月のうた」を弾いて終了。今回は新しい宿題は無し。テレマンをもっと練習してくるようにとのこと。頑張るぞ~

本日は弾いた曲数は少なかったですが、レッスンしたなぁって感じで満足、満足みなさんは1回のレッスンで同じ曲をずっと弾き続けるんでしょうか?他の方のレッスンが少し気になりました。ちなみに私のレッスンは読んでいただいたように、基本的には1曲1回で、色々弾くって感じのレッスンです。


2008年04月10日 (木) | 編集 |
村治佳織&古川展生 デュオ・リサイタル


本日は、仕事帰りにギターの村治佳織さんとチェロの古川展生さんのデュオ・リサイタルに行ってきました。

お二人ともにソロで何枚ものCDを出されている演奏家です。古川さんは2月にソリストでエルガーのチェロ協奏曲を聴いて以来の2回目です。村治さんは初めて。

曲は、おふたりのソロをまず1曲ずつ。古川さんはカサドの「無伴奏チェロ組曲から」。村治さんは渡辺香津美の「アストラル・フレイクス」。

無伴奏のチェロってやっぱりいいですね。つい1年前まではバイオリンよりチェロの音色の方が好きだった事を思い出しました。

そして、村治さん。赤いドレスに前髪をパッツンとしたお姿は今までのイメージとはちょっと違いました。そして、生で観る村治さんは細い!!とってもおキレイでした。で、ギターはスピーカーがあるんですね。今回は3階席は無いとはいえ2000人近い収容人数のホールですから、ギター1本では厳しいんですね。生で観て初めて気づきました。私は前から4番目だったので、ギターの優しい音色も満喫

前半の最後にファリャの「スペイン民謡組曲」をデュオで。チェロとギターだと音量の差が結構ありますね。でも、お互いのかけ合いがとても良かったです。


後半は、本日の私のメイン。シューベルトの「アルペジョーネ・ソナタ」。チェロとピアノではよく聴きますが、今回はピアノの代わりにギターが伴奏。ファリャの時よりもチェロとギターのバランスが良かったように思います。チェロはもっと歌って欲しかったかなぁ。

最後はジナタリ(ニャタリともいいますね)の「チェロとギターのためのソナタ」。こちらは以前CDで聴いた曲と同じとは気づかないぐらいステキでした。第3楽章はサンバのリズムに乗り迫力のままフィニッシュ。またステキな曲との出会いをしてしまいました

アンコールは、フォーレの「夢のあとに」とマッカーニの「カヴァティーナ」。ギター伴奏のチェロでの夢のあとにを聴いていて、チェロ始めたい・・・・って思ってしまいました「カヴァティーナ」は初めて聴く曲だったのですが、村治さんが好きな曲との事であり、演奏している姿に釘付けでした。

おふたりとも九州でのコンサートを結構やっていらっしゃるので、また聴けたらいいな~

来月は、アルバン・ベルク四重奏団の演奏会も控えています。あぁ、幸せです
2008年04月08日 (火) | 編集 |
テレマン メヌエット


今日も30分の練習。昨日と大体同じです。ト長調の音階練習の後、ト長調の曲2曲。

そして、宿題の9番テレマンのメヌエット。スタッカートで弓を大きく使う!って意識すると移弦の際にとても汚い音を出してしまってます

D線4の指で出すラのスタッカートなんて、ズダッガードって感じ・・・

やっぱりボウイングがきちんとしていないと、素早く大きく弓を使うのって難しいですね。最初の1小節目だけを何度も弾いてると20回に1回ぐらいはまぁいいかなぁ~って思えるんですけどね。まだまだ練習です。


さて、明日は今月のコンサート1回目。ギターの村治佳織さんとチェロの古川展生さんのデュオ・リサイタル私の大好きなシューベルトのアルペジョーネ・ソナタがプログラムに入ってます。以前に趙静さんと大萩康司さんの演奏を見て惚れました明日はどんな演奏が聴けるのか楽しみです。

で、明日の九州の天気は午後から大雨・・・・クラシックのコンサートに行くと半分ぐらいの確立で雨のような・・・(先月のヒラリー・ハーンの時も雨でした)

でも、負けない!仕事を早く切り上げて満喫してきます!
2008年04月08日 (火) | 編集 |
本日は、22時頃に20分ほど練習。

最初からト長調の音階から。相変わらず左手の親指に力が入りまくってます。

音階練習のあとは、宿題の9番、テレマンの「メヌエット」です。ト長調の指遣い以外にも移弦が多く汚い演奏でした。スタッカートを!と意識してやろうと思いましたが、まだその段階まで達していません。当分は左手と移弦の練習をまずやらないといけませんね。


それとこのブログへの訪問者が延べ1000人に達しました今年の初めにブログを作ってすぐに1ヶ月間放置していたのがウソのようです。みなさんのコメントと訪問に励まされて続ける事が出来ました。おかげで以前よりも練習するようにもなりましたしね。

つたない文章ですが、これからもよかったら遊びに来てくださいね。
2008年04月06日 (日) | 編集 |
4/5の午後はグループレッスン。こちらも4ヶ月目に突入しました。

今週もTさんがお仕事の都合でお休み。Kさんとの2人のレッスンとなりました。

Kさん待ちの最初の10分は恒例の先生と2人での雑談タイム。教室主催のジャズバイオリニストのリサイタルチケットを勧められたのですが、当日は別のコンサートの為、断念。私が行くコンサートの話ののち、最近デビューしたバイオリニストの話題に。「最近のバイオリニストは可愛い人多いですよね。古澤巌さんも大絶賛されてますよね。どうなんでしょう?」って話。でも、どうも先生は異論がある様子・・・、CD持ってます!って言えない雰囲気。

先生、ジェラシー??先生も十分可愛いと思いますよ!(先生は芸能人で言ったら「澪つくし」の沢口靖子似かな?例えが古くてすみません

と困っている時にKさん到着。危ないところでした・・・

最初はニ長調の音階とレッスン2のエチュード「よろこびのうた」、エクササイズ1,2の重音をやりました。力を抜いて重音を出し続けるのは苦手です。


その後、テキストにはない

・アレグロ
・むきゅうどう

の2曲。

アレグロはスタッカートが難しいですね。個人レッスンでもとうとうスタッカートが出てきたので、当分の間スタッカートをメインに頑張ります!

むきゅうどうは、指番号の確認から。漢字で無窮動って書くんですね。先生に説明を受けたんですが、忘れましたひらがなでも漢字でも意味わかりません・・・

最後はテキストに戻って、レッスン4のエクササイズ2、「1-23」と「12-3」の指遣いの練習。交互に指を置いて、フォームをチェックして頂きました。

来週は3人揃うといいなぁ~
2008年04月05日 (土) | 編集 |
今日は2週間ぶりのレッスン。

前の時間の女の子のお母さんと、2週間ぶりのレッスンは緊張しますよねって話をしてました。

本日は、早速ト長調の音階と分散和音。自宅での練習の時よりもかなり早いリズムに面くらいながらボロボロのスタート!先生からは、「これくらいのスピードで弾いてみて、出来ない部分を30回でも弾くように。」と言われました。

続いて、ト長調の3曲。
3番「鳥がたよりを」
4番「つりがね草」
8番「五月のうた」

満足のいく音には程遠いものでしたが、今日の自分のテーマ、大きく弾くという点は出来たかなと思います。

その後は1巻のニ長調・イ長調の曲を5,6曲弾きました。指は動きましたが、隣の弦に触れてしまったりは相変わらずです。半年以上前に終わった曲ですが、月日の経過ほど成長って感じられないものなんですね・・・って思ってしまいました。

今日は4月最初のレッスンだったので、レッスン後に先生に月謝を渡しましたが、その時に「もうじき1年だね。順調に来てると思うよ。」って言われました。普段はあまり褒めてくれない先生なので、この一言で満足です

でも、その後に・・・

「デートも行かないし、やる事ないから、ちゃんと練習してるからね。」

!!!

間違ってないけど、それは言っちゃダメですよ

ってことで、11ヶ月目に突入です。

2008年04月04日 (金) | 編集 |
明日は2週間ぶりのレッスンです。

先週は体調を崩し、あまり練習出来ませんでしたが、今週はそこそこ練習出来ました。(といっても毎日30分~1時間ほどですが・・・)

前回の個人レッスンでは、自信なさそうに弾いていると指摘された、ト長調の「つりがね草」「五月のうた」の2曲。本日は弓を大きく使って弾いてみました。2の指の音程がやっぱり狂ってしまいますが、弓が大きく使えるという点は出来たかなと思います。但し、ミュートを付けているので雑音は大幅カットされてます。明日ミュート無しで弾いたらどうなる事やら・・・隣の弦を弾いてしまわないように、つい小さくなってしまいます。明日は思いっきり弾こうと思います!

話は変わりますが、最近音が下りてくる時の4の指が高くなってしまいます。ト長調の窮屈な指遣いの反動からか、4の指を遠くに置いてしまいます。4の指が届かないって苦しんでいた事を思うと贅沢な悩みかもしれませんが、一体何故こんな事になってしまうのでしょうか。不思議です・・・
2008年04月02日 (水) | 編集 |
今日は全然練習してません

って訳ではないですが、本日はクラシックの話題を。

関東の方はご存知の方が多いでしょうが、GWにラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが開かれますね。私が東京を離れた後に始まったので、一昨年まで知りませんでした。

東京国際フォーラムの会場を使って、200以上の公演が行われますよね。今年は「シューベルトとウィーン」というテーマでの開催のようです。1公演45分から60分程度で、値段が2,3000円と気軽に聴くことが出来るのが、クラシックに普段接する事がない方でも取っ付きやすいのでしょう。

私だったら、シューベルトのアルペジョーネ・ソナタや弦楽四重奏曲を聴きに行きたいなぁ。

あいにく今年も東京に帰る予定はありません!誰か一緒に行く人がいれば帰ってもいいんですけどね。残念ながらクラシックを一緒に聴きに行く知り合いは東京に居たときはいなかったです。(私も殆ど聴いてなかったですけどね)

普段のオーケストラのコンサートでは聴けないような、室内楽を楽しめるいい機会だと思いますので、行ける方はうらやましいです

近くに住んでいる方で興味がある方は是非行ってみたらいいと思いますよ。ホールAは5000席もあるのでちょっと大きすぎると思います。オススメはそれ以外のホールの室内楽でしょうか。

って書いてたら行きたくなってきましたよCDでも聴いて気持ちを落ち着けます。
2008年04月01日 (火) | 編集 |
今日も夜9時過ぎに帰宅し、昨日とほぼ同じ練習メニュー。

本日から会社の就業時間が変更となり、9時20分から17時40分となりました。定時で上がる事なんてまずありえませんけど

そして、時間外勤務の圧縮の為なんでしょうが、週に2日程11時20分の出勤となりました。今後は平日早く帰って練習する時間がなくなる気がします・・・

これからは朝練がいいのでしょうか?やってみたいとは思いますが、時間まで寝てしまいそうです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。