2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年07月31日 (木) | 編集 |
昨日の寺井さんのライブの興奮も冷めないまま、朝から練習。

そうそう、昨日演奏中に弦が切れるのを初めて目の前で見ました。うぅ、顔に飛んで来たらコワイですね寺井さんはサッと弦を交換。しかも音とか殆ど合わせていないように見えたのにサラッと弾き出すし。交換の間、ピアノとベースとドラムの演奏もナイスでした。

練習の前に。E線のペグが恐ろしい勢いでグリングリンと回ります。一定のとこまで戻すも、あるラインを超えるとうにゃ~んって・・・・途中バキバキと音聞こえてくるし・・・駒動いてる???

この際に弦交換してみようかなとも思いましたが、土曜のレッスンで先生に交換してもらって、その時に見て覚える!って事になっているので、ガマンガマン。アジャスターも駆使して何とか元通りに。はぁ、もう出勤まで時間ないしっ

で、20分だけ。今朝はアンダンテのスタッカートがいい感じ。アップでも今までよりは歯切れよく弾けたかな。その分、ポルカは・・・。同じようなコツだと思うんだけど、うまく行かず。スラーで後の音スタッカートってイヤ!離陸出来ずにずっと滑走路を走っている気分・・・・

最後に「星に願いを」教本の楽譜に音を加えるとかは、パッと見で出来るわけもなく、リズムだけでも違った感じにしようかなと弾いてみました。

・・・・・・・・・・・・・・
うぅ・・・・

酔っ払いの歌?センスのなさ大爆発

「おほほほほほっ。やっぱり私はクラシック畑なのよ!」などと戯言をいいながら出勤するのでありました。

おしまい
スポンサーサイト
2008年07月31日 (木) | 編集 |
今日は人生初のジャズライブ。
ジャズバイオリニストの寺井尚子さんのライブです。

金曜日にチケットを衝動買い。仕事のスケジュールも確認せずに(笑)自由席なのか~と思い、前日の深夜まで余裕かましていたら、なんと整理番号有り!当日仕事中に電話しちゃいました結局順番は後ろの方でしたが、ステージ近っ四人掛けの小ぶりなテーブルで3列目でした。

こういうホールって初めてなので、周りをキョロキョロ。さすがに50代の年配の方多いですね。でも20歳代の女性2人連れとかも居て、「やるな、おぬしら」って感じです。軽く食べてコーヒーを飲んでいたら開演です。

寺井尚子

寺井さん思ったよりも小柄。しかもいい意味で、キレイより可愛らしい印象を受けました。

ジャズは殆ど知らないので、曲名覚えてません

編成はバイオリン、ピアノ、ベース、ドラム。CDのイメージしかなかったので、生音の爆音にビックリ。バイオリンにもマイクつけてました。

1曲目がチック・コリアのSpainだったかな。寺井さんのバイオリンはあま~いイメージだったのですが、力強い。開始早々弓が切れてました。

その後、↑のアルバム「アマポーラ」からマイ・フェイバリット・シングスともう1曲。マイ・フェイバリット・シングスの寺井さんの演奏好きです。寺井さんの弓を見てると生きている感じ?弓が踊っているように見えます。特にアップボウ。刺すような感じというのかな。今までにない衝撃を受けました。普段よく聴くクラシックの演奏とも違っていて、なんかゾクゾクしました。楽しいジャズって曲の途中でも拍手が起きたり掛け声が出たりするんですよね。

その後は同じテーブルに居た50代のおじさまが懐かしい~って言っていた曲(聴いた事あったけど、曲名が~)やチック・コリアの曲。チック・コリアって名前しか知りませんでしたが、いい曲多いですね。これはCD要チェックや!

ラストは「アマポーラ」甘い曲だけど、カッコいい。今日は寺井さんの今まで知らない面が見れたな~と思っていたら、拍手終わらず。おぉ、アンコールですね。

アンコールは2度ありました。
・ピアソラの「リベルタンゴ」
・「星に願いを」

リベルタンゴ、チェロで聴く機会はTVやCDで良くありますが、バイオリンもいいですね。今までそんなに好きっって曲ではなかったのですが、ハマりました。
そして、「星に願いを」。今グループレッスンでやってる曲(笑)以前TVで寺井さんが「楽譜どおりに弾くのではない、歌った弾き方」をされているのを見ました。(のみやさん、その節はありがと~~)その演奏が目の前で
リズムは変則的で、よく知った曲(音符の数は全然多かったですが)をこんな風に歌うんだ~っって見れて良かったです。

アンコールの時の、寺井さん。拍手に対して「受けてたちます!」って言っていて、お茶目でした。
そして、演奏後。念の為持っていったCD2枚にサインゲット!!直接お話は出来ず、スタッフの方が預かってのサインでしたが、並んでいるのは5人ぐらい。みんな勿体ないなぁ~~・
スタッフの方に名前を聞かれたので、一瞬「くま」ですって言いそうになりました(笑)瞬時に思いとどまり、ちゃんと本名入れてもらいましたよ。

休憩無しで1時間半。あっという間でした。また行きたいですね。その前に今日案内を見かけた「ボビー・コールドウェル」(←ご存知の方いるかな??高校時代から大好きなんですよ)のライブ行くかな。
2008年07月29日 (火) | 編集 |
最近の練習曲は、「新しいバイオリン教本2」から

・23番 ハイドン「アンダンテ」
・32番 「ポルカ」

の2曲。最初にスタッカートを習った時は、「弓を大きく動かしてバシッと止める!」って感じの弾き方(これで合ってる?)でした。

でも、この2曲は弓を浮かせる弾き方。私はこっちが好きです。でも、弓を浮かすのってやっぱり難しい。コントロールがうまくいきません。小指も突っ張った感じになってしまうし、そのせいかなぁ。
また、先弓でアップの時のスタッカートはスタッカートじゃなくなってるし。先弓になっちゃいけないっていうのがまず問題ですけど

先生に習ったように、開放弦で「タ・タッ」「タ・タッ」とスタッカートのみ練習してみる。変にぎこちない弓の動き。肘からコントロールではなくて、手のひらで弓を浮かせてる感じ?これがいけないんだろうなぁ。

でも、練習楽しいです。音階練習と含めて1時間近く弾いたかな。平日にしては珍しい練習時間。土曜日までちゃんと頑張ろうっと。
2008年07月28日 (月) | 編集 |
今回のレッスンもTさんがお休み。Kさんは少し遅れるので先生と2人っきり。

早速先日購入したPCMレコーダーをお見せしました。「パソコンに落とせるの?」「CDに出来るの?」と興味津々のご様子。一応スピーカーも付いてるので私のへっぽこ演奏を流すと、もっと聴きたいと言うので、ヘッドホンもお貸ししました。レッスン前の誰にも聴かすつもりのない練習を聴かれるのは恥ずかしい・・・・
で、試しに先生の演奏を録音しましょう!って言ったら、「恥ずかしいから、ダメです!」って。
ガビ~ン先生の演奏録りたかったなぁ。そしたらi-Podに落として聴くのに

その後、ケースの話など。教室の楽器が入ったケースは角型なんです。「先生のケースは?」と聞いたところ、先生は角型は重たいし、楽譜がケースに入りきらないのでシェル型とカバンを持つとのこと。角型ってそんなに重たいんですか?今のケース軽すぎて背負ってるの忘れそうになるので、頑丈な角型買おうかな~とか思ってるんですけどね。

と、雑談をしていたら、Kさん登場。

レッスン3のエチュードで全弓の音出し。レッスン2・4でニ長調・ト長調の音階練習を行った後、レッスン4のエチュート、バッハのメヌエット第1番へ。
先週習ったVn.2のパート楽しい。鈴木よりちょっぴり簡単。先週よりは弾けるようになり、ちゃんとリズム守れたかな。といっても、伴奏テープにVn.2の音が入っているのに今回気づいたのでした(笑)

お次はアレグレット。
D線がいっぱい出てくる曲です。先生の狙いはD線の音出し練習。最近G線よりも音が出なくなったD線の音色に気をつけながら弾くも納得出来ず・・・でも、今週のこの曲は終了!Tさんがいない間に曲終わっちゃいました。まぁ、Tさん弾けるし、いいでしょう。

そして、レパートリー集の「星に願いを」。
音符やリズムは難しくないなぁって思っていましたが、弾いてみると移弦がD線ファからE線ファへの移弦うまくいきません。ゆったり流れる音楽なので音を切らないようにと思うと雑音入るし、移弦をしっかりと思うと曲が途切れます。

途中で出てくる臨時記号で指をスライドさせる箇所は、珍しく出来ました。こりゃ出だしの部分を重点的にやらないとなぁって感じです。

残った時間で、次回予告。今までそんな予告したことなかったような。レッスン6のスケール2・3とエクササイズ3を次週やるとのこと。ト長調の分散和音です。これイヤですよね~~。個人レッスンで出来ない~~ってゴネた日々が懐かしい・・・(エラそう?

帰り際に名古屋オフ会でバッハのメヌエット3番を弾くことになりそうですって話をしたら。、「Vn.2弾けばいいんですよ~」って先生からお言葉が。「いや、Vn.1かも・・・・」って言ったら、先生無言次回レッスン前10分くらいなら早めに見てくださるそうです。「わ~い!」って思ってけど、オフ会まであと1回、つまり10分のみVn.3のパート予約しときます(笑)でも、せっかくだから早く行ってコツだけでも教えてもらおうっと。

そして、次回からレッスンの録音も一応OKもらいましたとさ
2008年07月27日 (日) | 編集 |
昨日BS-ジャパンで放送された「バイオリンの聖地クレモナへ ~ストラディバリウスに魅せられた日本人たち~」を見ました。

バイオリニスト川久保賜紀さんが、クレモナを訪れ、楽器に触れ合う番組でした。川久保さん、ストラディバリウス手放されていたですね~。ビックリ。貸与されている楽器を返還した後って、どうしてるのかな~って思ってしまいました。ストラディバリウスの後って、どんな楽器を使ったら満足出来るんでしょう?それより満足出来るの??

川久保さん目当てで見たんですが、製作者の方々を拝見する事が出来てよかったです。ジオ・バッタ・モラッシさんが出てるではないですか!写真見ていていいなぁっと思っていたのですが。番組に出てきたバイオリンの裏板の美しいこと。あ~~、素晴らしい。でも、安いのでも300万とかするんですよね。う~ん・・・(考える必要ある??笑)

その後、日本人製作者の菊田さん、天野さん、高橋さんが出てらっしゃいました。バイオリン製作者コンクール、興味深かったです。楽器演奏の時間が1分!!短いですね~、オドロキです。

それ他に製作者の方が持ってこられたバイオリンを川久保さんが演奏されていましたが、みなさん真剣な眼差し。製作者にとっても、プロのバイオリニストに演奏してもらう機会ってないんですね。何かを得ようという姿勢が感じられました。個人的には天野さんの楽器の響きがよかったですね。

なんか、まとまりなく書いてしまいましたが、まとめると・・・・


バイオリンが欲しい!

以前ハチャさんから伺った、今持っているバイオリンの5倍以上を基準にしないと、違い分からない、出来たら10倍とのお話を参考にすると・・・・うひゃ~~!!
今まで高い買い物ってした事ないからなぁ。バイオリンいつかは買い替えたいとは思っているんですが、時期っていつがいいんでしょうね?

天使「まだ初めて1年。今買い替えてもね・・・」
悪魔「欲しいときが買い時!買っちゃえ、買っちゃえ。」

という気持ちがせめぎ合う。一度たか~い、バイオリン弾いてみようかな、まだ弾いた事ないし・・・・・(延々終わらず)
2008年07月26日 (土) | 編集 |
いや~~、昨日も暑かったですけど、今朝も暑かったですね。冷房を入れているにも関わらず、朝方目を覚ましてしまいました。その後は暑くてゴロゴロと。結局起きるのはいつもと同じ時間。あまり練習出来ずにレッスンへ行くこととなりました。

まずは、31番のヘ長調の音階練習から。ヘ長調案外好きです。だからと言って、音程が良くなる!ってことはないんですけどね
その後は、55番の中からハ長調の音階練習。分散和音はあまり練習していなので、ぎこちなく弾く。分散和音ってうまく弾けないけど、好きです。何故でしょう?

それから、課題の32番「ポルカ」

ポルカ

昔買った、ペンタブレットで書き込みしようかと思ったけど、見送り。指遣いがどうこうはないのですが、こういう曲は軽快に弾くのが難しい。案の定重たい感じに。スタッカートの部分は弓を浮かせて弾いてみる。でも、スラーの後ろの弓を浮かすってうまく出来ません。右腕だけ変にカクカク動くも、弓浮かず・・・練習しないとですね。

もうひとつの注意点は、リズム。重音部分を早く弾いてました。(いや、厳密に言うと弾けてないから、弾こうとしててボロボロ)きちんとリズムを守れば、なんとか弾けそう?う~ん、そんなに難しくない曲なのに、リズムを取り間違えるとは。まだまだ修行が足りませんね。

その後は、以前の曲を。
・8番「五月のうた」
・1巻24番「アマリリス」
「アマリリス」弾くの緊張した~。でも、上達の実感無し!簡単な曲が上達した~って実感出来るのは音色だと思います。一音一音の音色を良くするにはどうすればいいのでしょう。やっぱりボウイング?

次回の宿題は無し!!ポルカ頑張ります。


続きはテレビの話。
[続きを読む...]
2008年07月25日 (金) | 編集 |
世の中の子供たちは夏休み。いいなぁ、いいなぁ~と羨ましがっていたら私の所にも夏のお土産が!

といっても、お中元でなくこんなもの。

くまの通信簿


しょこらさんフルフルさんのところで見かけたブログ通信簿です。

ブログ年齢10歳!なのに、よく話題にしている育児の知識や経験って・・・一体いつ話題にした??な~んか怪しいブログに思えてきました(笑)

影響度1の目立たない自己主張のないブログ。バイオリンブログ界のニッチを攻めていこうかなと思います!!

それにしても、しょこらさんのブログではね、「よく話題にしている「音楽」の知識や経験をいかして、指揮者を目指しましょう。」ってあるのに、何故に私は「育児」?どんな指揮者やねん(笑)
2008年07月24日 (木) | 編集 |
う~ん、暑い日が続きますね。
冷房でひえひえの中寝てるのに、寝不足・・・

帰りのバスの中でぐっすり寝込んでしまい、乗り過ごしてしまいました。

そんな寝る前のひととき、後ろの席の2人組みの女子高生(声の感じで、多分)が「○○君と付き合ったらどうする~」みたいな話をしてるではありませんか。

う~ん、甘酸っぱいなぁ。(遠い目

ちなみに遥か昔、高校生の時、地下鉄でいつも見かける女の子に声をかけて玉砕したなぁ(笑)


なんで、こんな話なんだろ。疲れてます・・・
2008年07月23日 (水) | 編集 |
昨日今日と、頭痛と咳に悩んでます。クーラーにあたり過ぎかなぁ。

それ以上に悩んでいるのが音程。
みなさんの演奏を実際に、そして録音で聴いていると音程いいなぁ~って思います。

自分は・・・っていうと、ちょっとどころではなく、明らかに違う。しかも、弾いていて合ってるかどうかすらわからなくなる時あるんですよね。

「0-1-23-4」の指遣いは8ヶ月ほど、ニ長調・イ長調でみ~っちりこればっかりやっていたので、まだ人並みに弾ける気がします。でも、この半年でト長調・ハ長調・ヘ長調と立て続けに習っていると
「0-12-3-4」でヒ~ヒ~言っているのに加えて「0-1-2-3-4」の指遣いや1の指が半音下がったりと、ごちゃごちゃになり、なんとなくな弾き方になってしまっているのが自分でも分かってツライんですよ・・・弾きこみが足りないのも分かるし、出来ない出来ないって言ってる前に弾け!って感じなんですけど。

ちゃんと弾きこんでいけば、指が覚えてくれるのかなぁ。


と、くら~い話ばかりになってしまいましたが、

寺井尚子

↑ジャズバイオリニストの寺井尚子さん
来週のライブのチケット取っちゃいました!
ジャズのライブ行くの初めてです。コレで私もちょっとアダルティ~な感じ?

普段行ってるクラッシックのコンサートも違った意味で客席はかなりアダルティーな感じですけどね(笑)
2008年07月21日 (月) | 編集 |
3連休の最終日。みなさんは色々とお出かけされたんでしょうね~。私は遠征費用を捻出する為、ゴロゴロ作戦決行!!

と言ってばかりもいられないので、今日はちゃんと(?)午前中に起きてお買い物に。1箇所に行けば、とりあえず全部揃う。便利なんだか不便だか分かりませんが街へ。

まずは楽器屋さんへ。用がなくても良く行くお店(バイオリンを購入したお店)です。仕事で近くを通っただけでも入りますからね。楽譜を見るも2週間前と品揃えが変わる筈もなく、店員さんに声をかけられたのをきっかけに弦の話へ。

今日のお目当てはE線。先日のレッスンで錆びてる!って先生に言われたんですよね。まだ、2ヶ月経ってないんですけど・・・

予備弦で「ゴールドブラカット」があるのですが、名残り惜しいのでもう一度「オブリガート」を購入。そして、G・D・A線の「オブリガート」に合う弦として、「ウェストミンスター」なる弦を紹介されました。おぉ、初めて聞く弦です。「オブリガート」を使っている方が指名してこの弦を購入しているそうです。E線はお安いので試しに購入してみました。(後でネットで調べたら、張りの強い弦だそうです。私にはよくわからないです。)

その後はオフ会の話。私の住む地域でオフ会情報があるか聞いてみたのですが、ベテランさんの会はあるとのこと。年1回演奏会もされているそうです。それでは、参加出来ませぬ。と話をしているところに、キレイなお嬢さんが来店!「オフ会この娘とやる(心の声)」と思ったりもしましたが、肩当てだけを持って修理に来る時点で一緒にパーティー(?)を組めるLvじゃないと瞬時に悟り退散。う~ん、あと30年早くバイオリンを始めてたらと人生で一番悔やんだのでありました・・・

めげずに○マハのお店へ。先日BSで観た番組の影響でラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」の総譜購入。ついでにホーマンの2巻(gaboさんのレッスン記録を読む為!)も買っちゃいました。
そして、楽譜入れ。ただのファイルを探そうとしていたら、先生から「上下の部分だけ楽譜を挟んで書き込みが出来るタイプが○マハにある」と聞いたので探したらありました。普通に楽譜をクリアファイルにもしまえ、外側の帯のような部分に挟んで、書き込みが出来るようにするスグレものが。お高いけど、手間のことを考えたらいいやと購入!これでオフ会でばらばら~っと楽譜を落とす事もありません。

それからコンサートホールに行って、8月のコンサートのチケットを購入。弦楽合奏団とアマオケのもの。弦楽合奏団はコレッリの「クリスマス協奏曲」やヴィヴァルディの「四季」など。1回目がマイナーで客足もイマイチだったので、今回はメジャーな曲できました。おかげで前の方の席取れませんでした・・・

洋服や靴を買いに出たはずがそんな物は一切買わず、帰宅。なんだかなぁ。

戦利品はこれ↓

0721買い物01

↓真ん中の物だけです。(左右は比較の為)

0721買い物02

ん?何か変なものあります?(笑)
[続きを読む...]
2008年07月20日 (日) | 編集 |
暑い・・・個人レッスンの教室からグループレッスンの教室の移動は、大雨でなければ徒歩です。15分ぐらいでしょうか。この季節はツライですね。

到着したら涼む間もなく練習室へ。レッスン前には30分無料で練習室が借りれるので、この間にグループレッスンの曲を練習したり、チューニングを440から442Hzに変更してます。

最近の練習室でのお気に入り練習はボウイング。大きな鏡の部屋でボウイングのチェック。先弓のボウイングはだいぶマシになった気がしますが、元弓だと手首を柔らかく使えていない為変に曲がってしまいます。あとE線を弾く時が汚い感じです。まっすぐ弾いてる時とそうでない時って音違いますよね。(曲を弾いてる時は常にぐちゃぐちゃですので、あくまでボウイングの練習時の話ですよ

そして、レッスン。本日はTさんがお休みの為、Kさんと2人。う~ん、揃わないなぁ。

Kさんも時間通りには来られず。先生と2人っきり。来月名古屋に遠征の話をし、合奏の曲を相談してみました。バイオリン1年足らずの初心者ばかりの曲は何でしょう?

候補としては、鈴木の教本では「ロングロングアゴー」、「メヌエット第3番」
私としては、「かすみか雲か」もいいなぁ。で、メヌエットの3番?!Vn.1誰が弾くんですか?私??いや、無理っ。ここで、のみやさんの事が脳裏をよぎりました(笑)

そして、先日のKOTOKA塾の曲、「Amazing Grace」、「埴生の宿」もオススメとの事。次は名古屋上陸か~。

教室のレパートリー集からは、「エーデルワイス」。おぉ、いいかも!

と話をしていたら、Kさん到着。さっそくレッスンへ。

ニ長調・ト長調の音階練習の後、バッハのメヌエット第1番。ず~っとやってますね、この曲。私が飽きてるように見えたから?それともアンサンブルをと思われたのか?今日はVn.2のパートを習いました。

注意点は、G線をちゃんと鳴らす事、音を間違わない事(ドから下が派派パッと見分かりません・・・)。そして、ダウンが2音続く「レ、レ(1オクターブ上)ドシラ」の部分の弓遣いとリズムを練習。

合奏はというと、1回目は思いっきり音間違えました2回目はまぁ、初めてにしては満足かな合奏はいいですね。先生ありがと

その後は、レパートリー集から新曲「星に願いを」。わ~い、久々のレパートリー集!時間がなくて、さわりをちょこっと習っただけですが、臨時記号がちらほら。D線ソの♯は遠いですね。他に指をずらす箇所が2箇所あったのですが、出来てるとの事。うん、いい曲だし、楽しいです。久々にグループレッスンの曲も練習しようっと

テーマ:バイオリン
ジャンル:音楽
2008年07月20日 (日) | 編集 |
今日は近所のテレビ局の開局記念とやらで局内の喫茶店も人がいっぱい、一杯のコーヒーで目を覚ます事も出来ないままレッスンへ・・・

今日はいきなり55番の音階練習。ハ長調です。イヤな予感が当たってしまいました。音符が小さいし、覚えてない状況で、先生は今までにないスピードで弾き始めるし・・・立ちつくしてしまいました

その後、ゆっくり弾きますがアルペジオの部分弾けず・・・今週こそはちゃんとヤル!

その後は22番・31番でハ長調・ヘ長調の音階練習のあと、新曲へ

ポルカ


32番ポルカ

後ろの音にスタッカートが付きます。ポルカなのでリズミカルな感じの曲ですが、私が弾くといつも通りもさ~っとした曲に

重音三連荘!しかも、3番目は音違うし。重音はダラ~っと弾かずに元弓を5センチぐらい使って弾くこと。駒の曲線をなぞるように弓を動かす。先生のお手本を見たら、先弓は跳ね橋のようにぴょこんと上がる感じでした。でも、重音に気を取られすぎないように、ソ・ソ・ソ~・ファのメロディは意識すること。

1.重音の最初の音だけを何度も練習
2.重音にせずに、一番上の音(ソ・ソ・ソ~・ファ)だけで弾く
3.最後に併せて弾く!

重音難しいですけど、今後も出てくるし、ちゃんと練習するようにとのことでした。

なんか最近進みが速いですねぇ。
2008年07月19日 (土) | 編集 |
きたる8月19日(火)マリさんの住む名古屋に遊びに行くことになりました。


以前から夏休みの帰省の時に寄れたらいいなぁ~と密かに思っていたのですが、のみやさんに先を越されて、って感じでした。

まぁ、先日のおふたりのオフ会で、マリさんにはちゃんとしたオフ会の雰囲気は味わって頂けたと思うので、気軽に会いに行こうかな~っと。

他にも参加をお考えて頂いてる方もいらして、みんな合奏とかしたいんだなぁってあらためて思いました。

さて、1年未満の者同士が合奏するとしたらどんな曲があるのでしょう?私が考えついたのは、鈴木の教本の合奏かな。他にもこんな曲どう?っていうものがあれば、合奏の先輩方教えて下さいな。
2008年07月17日 (木) | 編集 |
しょこらさんのところのミハエルに触発されて、くまの園に白い物体が・・・・

小太郎です

実はず~っと前に登録したのですが、ブログへの貼り付け方がよくわからないまま放置。気づいたら色々な方の所にお邪魔していたようです。お邪魔してたのに姿がない!っていうわけにはいかないと思い、連れて来ました。くまともどもよろしくお願いしますね。


☆今日の練習☆

ついつい、23時まで弾いてました。今週の個人レッスンは一体何を弾くんだろう・・・と想像つかないままの1週間。「新しいバイオリン教本2」の55ページ、音階練習ばっかりかも!なんか、イヤな予感がする・・・
[続きを読む...]
2008年07月16日 (水) | 編集 |
Sportio

先日携帯を買い替えました。あ~う~の携帯です。
以前の物も気に入っていたのですが、充電の減り具合が気になりだしたのと今回の携帯の小ささに惹かれてつい・・・・

これだけ写しても大きさの比較出来ないですけど(笑)タバコとかないし・・・バイオリンと並べるべきだったかな??

明るめの色の携帯を選ぶ事が多いのですが、今回は黒を基調に選んでみました。でも、ポイントの紫?が重要!ただの黒だけなら選ばなかったかも。

でも、この携帯、ワンセグもおサイフ携帯でもなく、昨日は退化?まぁ全然使ってなかったので気になりませんが。で、使いこなせないのですが、万歩計らしき機能が。これでメタボっくま解消?


☆今日の練習☆

20時前過ぎに帰宅したので1時間ほど。今回は曲の宿題がないので以前の曲と音階練習。音階練習はト長調・ハ長調・ヘ長調と3つ。音階練習時間かかります。音階練習って幾つぐらいやるものなんですかね?やっぱり毎日全部?時間との折り合いがつきませんね。
2008年07月14日 (月) | 編集 |
今回は2週間ぶりのレッスン。Kさんがお休みだった為、Tさんと2人でレッスン。

Kさんが全く初めてのバイオリンなので、Kさんがお休みだと本来のレッスンは進む事なく、スパルタレッスンに早代わり

今回は、KOTOKA塾の報告から。やま印の楽譜を見ながら、何か考えている先生。

先生「じゃあ、今回は初見大会で
くま「はい~~??」
Tさん「え??」
先生「じゃあ、楽譜コピーして来ますね

そう、今回はKOTOKA塾in○マハ(笑)

曲目は、
「Amazing Grace」
「埴生の宿」
「春」
の3曲。私にとっても殆ど初見です(笑)

まずは、「Amazing Grace」。この曲は別の楽譜でレッスンで合奏しているので3連符も何とかなるはず。しかし、以前の楽譜と違うリズムの部分があって、私もTさんもつまずく。先生に「た~ん たっ た た た~ん」とリズムを教えてもらい、身体で覚えこむ!やはりここでもリズムが分からないんですね・・・・どうやったら訓練出来るんだろう。

先生も加えて3パートで演奏。Tさんがパート1、私が2、先生が3だったので、先生のリズムをちら見しながらの演奏、ボウイングが途中で逆になってしまってましたが、まぁ何とかなったかな。でも1箇所の音なのにずっとで弾いてしまってました

次は「埴生の宿」。アウフタクトで始まる曲ですね。途中のボウイングをチェックしてからスタート。Tさんがパート1。先生がどっちでもいいですよと言うので、私が3、先生が2でスタート。これが失敗でした。

パート1・2が同じリズムで、パート3のみ別。いきなり突っ走ってしまいました。これぞ、はにゅ~の呪い?!Tさんにもどっか行っちゃったね(笑)って言われる始末・・・

でも、続いて弾いたらうまく行きました。なんかこの前のアンサンブル会で思ったのですが、私はリズム刻むの好き?ってことです。主旋律を伸び伸び歌えたらそれはそれで楽しいんでしょうけど、なんかそれに合わせて低音刻むのって気持ちいいかもって思う自分に気づいたのでありました。その為にはしっかりした揺るがないリズム感を見に付けねばいけませんね。

2曲を弾き込んだので、時間切れ。残念ながら「春」は出来ませんでした。

先生の演奏はとっても聴き易くて、とっても頼りになります。先生の演奏聴きながらだと合奏もうまくなった気がしますね~。今度大阪に連れて行きたいぐらいです(笑)

あ~、楽しかったです。アンサンブルで始まり、アンサンブルに終わる1週間でした。

あ、○マハの新しいレパートリー本にやま印の楽譜が入ってたりして。先生FFの楽譜見て受けてましたよ
2008年07月13日 (日) | 編集 |
遅くなりしたが、土曜日はレッスンの日。
まずは、個人レッスン。

先生に早速、この前のKOTOKA塾の報告。ぜ~んぜん弾けなかったこと・初めてのアンサンブルはとっても楽しかったことを話しました。「元々基礎をしっかり練習して、あんまり勝手に色々曲を弾かない!」っていう方針の先生なんですが、今回は好意的に聞いて頂きました。

ちょうどカノンを教えている生徒さんがいらして、カノンの楽譜のサイトを伝えておいたところ、きちんと製本されたカノンの楽譜が。はぁ~立派です先生の感想は「便利だね~」と。先生のお父さんは、元オケのバイオリン奏者で個人レッスンもされていたとのこと。以前に見せて頂いたのですが、お父さんの手書きの楽譜があるんですよね~。とっても見やすくてキレイなんです昔は楽譜もなかったので、海外から来た奏者に楽譜を借りて写したりしたそうです。それに比べたら今はネットから楽譜落とせるんですから便利ですよね。

アンサンブルもオケも楽しいけど、ちゃんと基礎は練習しましょうとのことで、レッスンへ。

まずは、ハ長調の音階練習から

下りてくるところで4の指をぎこちなく置いての演奏。先生には「旅行疲れ?」と聞かれてしまいました・・・音階練習、スムーズに弾けないです。

その後、25番 「子うさぎ」

この曲はウクライナ民謡でくら~い音楽。聴いた事のない曲なのでリズムが不安だったので探りながら演奏。演奏終わったあと、一瞬間があったのですが、楽しい曲じゃないしってことで、次・・・

私の好きなハイドンの「セレナーデ」「アンダンテ」は?先週ちょこっと弾いたヘンデルの「勇士はかえる」は?との疑問を持ったまま次へ・・・・

なんとヘ長調に遭遇

もうちょっと早く出会っていれば~~~、先週困る事はなかったのに~。(イヤ、どっちみに弾けないから困るのは一緒だよ・・・)

A線の1が半音下がるのは以前から聞いてましたが、G線の2とE線の4もなんですね。E線の4が下がるのは大歓迎なんですが、とうとうG線まで1と2の指くっついちゃいました。あ~イヤだ~~。って事で音階練習を繰り返す。また、音階練習増えちゃいました。

その後は1巻に戻って、イ長調の音階練習。その際に音をはっきりとの注意を受けました。先日の「アンダンテ」の練習でも「小さい音を出すときでも、音をはっきり」と言われたので、弓をしっかり弾く事を心掛けていたのですが、違ったようです。左手の指をしっかり置くという事でした。

そこで、「0-2-1-3-2-4-3-1」という指の練習。指を高く上げてから落とす!ことでしっかり指を置く練習。やってみるとなかなか難しい。音程を気にして小さくちょこちょこと弾くよりも、しっかり押さえる事が出来て音はよくなった気がします。最近は、難しい曲をコソ練していたので、ちゃんと押さえる事がおざなりになっていたかなぁと反省。

次回までの曲の宿題は無し。でも、音階練習いっぱいやらないとデス
2008年07月12日 (土) | 編集 |
アンサンブルも終わり、1階にて譜面台を返し、みんなで集合写真の撮影。な~んか、いいなぁ。学生の時の合宿終わりな気分。初々しい男子と女子のあま~いひと時・・・・

なんて、全く無し!いや、一部にあったか??(笑)

音叉さんがお帰りになるということで、ここでお別れ。ホントにステキな演奏を間近で聴かせて頂きありがとうございました。

そして、私は何故か終電コースと設定されていた為、食事へ・・・・

お店は、イタリアンの食べ放題。予約の席を除けば満席な感じ。学生さんが多かったのかな。そこへバイオリンを持った猛者たちがぞろぞろと・・・

なんとなく3つのグループに分かれた感じ。
第1グループ フルフルさん、やまさん、しょこらさん、おんまるさん
第2グループ ハチャさん、のみやさん、fさん、KOTOKAさん
第3グループ たからさん、takeさん、あおいさん、わたし

怪しいグループ、アダルトなグループ、ノーマルなグループと分かれてますね(どれがどれかはご想像におまかせっ!)

食事は食べ放題。パスタにピザ、好きですね~~。でも学生のように吐くまで食べれません・・・最初に出てきたメニューを平らげ、テーブルで食べたい物を頼んだのに・・・・何故か覚えのない料理がそう、料理長がアホみたいにみんなの分の料理を頼みまくっているではありませんか!かなりお腹いっぱいになりましたよ

話はというと、アンサンブルの時に席の近かった、たからさん、takeさん、あおいさんとご一緒でした。ブログでの事前交流も全くなかった方々だったのですが、な~んかふつうに話せちゃいました。人見知りするのにっ!!みなさんのお人柄かな

たからさん、面白すぎっ!色々と多趣味な感じで毎日楽しそうだなって思いました。しかも、なかなかの気配り屋さん。見習わねばっ。takeさんはいい奥様って感じです。楽譜もノートにキレイに貼ってるし、譜面台をビシッと立てたりする所も、しっかり奥様デスね。あおいさんは、大人しい感じかな。でも、芯は強そう。っていうかバイオリン弾いてる人って芯が強いっていうか、キャラ濃いですよね?あおいさんはそんなKOTOKA塾の中で唯一安心出来る?!感じ。いつまでもそのままでいて下さいね

話も進むにつれて、第1グループではいつの間にかバイオリンが出てるしっそのうち弾きだすんじゃないかってドキドキ・・・その時には別グループの振りをしようって心に決めてました(笑)お隣のハチャさんとは、テルミンの話や楽器の話。買い替えを考えるなら、今持ってる楽器の値段の最低5倍、出来れば10倍出した方が良いとの事。そうでないと、違いが・・・ってことのようです。ふおぉ~~、5倍は考えてましたけど、10倍って・・・・○○○万円?!ロト○毎回買いに行こうかな・・・・

そして、fさんが途中で退席。遠い中お疲れ様でした。(おい、おまえは?!)またヨロシクお願いします私の帰宅時間は、塾長KOTOKAさんとおんまるさんから最終って指定されてたので・・・お見送り側に(笑)

でも、そんな楽しい2時間もあっという間に終わりの時が。私の時間に合わせるように慌しく終わってしまってごめんなさい挨拶もそこそこにお別れとなってしまったのでした・・・

そんな中でも、駅まで一緒に連れて行って頂いた途中で、やまさんが懸命に○ルダの勧誘をしているのはさすが!って心の中で笑ってましたよ。そして、私の背負っているバイオリンケースがフルサイズのバイオリンが入っているようには見えないとのご指摘も・・・・私が○○じゃなくて、ケースが小さいんですよね??!(笑)

そして、改札口にてお別れのとき。寂しかったので振り返らないって思ったのですが、一度だけ振り返ったら皆さん、まだ手を振って頂いてました(涙)

そして、新大阪へ向う電車にひとり揺られるのでありました・・・・ (完)


楽しく、とても優しかったKOTOKA塾のみなさま、本当にありがとうございました。昨年の京都オフ会のレポを読んだときからずっと憧れだった会に参加できて、幸せでした
2008年07月12日 (土) | 編集 |
マジメな解説にも飽きたところで、オフ会での感想をだらだらと。

・合わせるのって難しい。

最初のカノンから、なかなか合いません。13人もいて、パートも3つ4つともなるとそうでしょうね。カノンはたからさんが指揮者として登場!!見事な指揮ぶりでみんなを最後まで導いていました。で、別の曲ではソリストのみやさん登場。見事な演奏と迫力のある足踏みでみんなを引っ張るのでありました。それにしても、のみやさんいじられキャラだったのですね(笑)

・臨時記号なんて気にしない!

いいのかっ、これで?!でも、たからさんのこの一言で気が楽になりました。後半はソのシャープ?知らんもんって感じで、堂々と小さな音で弾けました(笑)もちろんね、きちんとした音程で、キレイな音で弾きたいですよ。でもねっ、でもねっ・・・・

・譜読みの勉強はちゃんとしよう

私はホント楽譜読めません。ドレミって数えながらでないと、パッと見で音わからないんですよ。でも、指番号は振らずにレッスンは受けてます。だから、習った曲は一応分かる気ではいるんです。しか~し、音以上にこれではいかんな~って実感したのが、リズム。前にも書いたことありますが、二分音符とか気持ちよ~く伸ばして次の音に入り損ねたりは当たり前。でもアンサンブルで気持ち良く弾く為には音の長さをきちんと取るっていうのは大切だなぁって思ったわけです。これ、次回までの課題かな。八分音符がちょこちょこ入る曲は特に訳わからなくなるので、特訓です!

そして、アンサンブルの休憩時間はみなさんとのふれあいタイム。takeさん、シュークリームありがとう。ずっしりと重さを感じましたね。クリームもとっても美味しく、甘党くまは大満足でした。他の方々からもお菓子を色々頂きおなかいっぱいになりました。前回はよっぽどひもじい思いをみなさんされたんでしょうね・・・(笑)

ロビーでおなかを膨らました後は、みんな部屋に戻って思い思いの行動を。

フルフルさんの伴奏でハチャさんはまたまた演奏を。な~んかスゴイなぁってただただ見てるだけでした。うっとり。

のみやさんは「真っ赤だなぁ~(別名:バッハの管弦組曲第3番 ガヴォット)」を弾いてるし。のみやさんのブログの一言から、私も結構好きなこの曲が、聴くたびに「真っ赤だな~」って聴こえるようになってしまったんですよ・・・(涙)でもお上手でした

やまさんには、MyMute改を実際に使わせて頂きました。おぉ~ゴムが分厚い。音もノーマルに比べて押さえられてるなぁ。って感想を言ったら、なんと!ゴムを頂いちゃいました。ありがとう、やまさん。これで深夜でも弾けるよ!(いや、いかんだろ・・・・)その前に接着剤を買いに行かねば~。そして、巷で大ブレイク中のまうすとろにもご対面。ち、ちっちゃ~い。これならレッスン中に乗っけてても違和感ないかも!弱音器って持ってないから、一つあってもいいなぁ。

そして、しょこらさんがちょこちょこって来られて、弓とバイオリンを交換。お~、しょこらさんのカーボン弓、ホントに軽い!これなら元弓でのスタッカートも苦にならない。非力な私にはピッタリかも~。そして、しょこらさんのバイオリンも弾かせて頂きました。結構好きな音色でした。しょこらさん、弓は買い替えるのかな??今度大阪に行くときは、一緒に楽器店巡りとかして、語り合いたいです


そして、メイン!のおんまるさん&しょこらさんのリサイタル withフルフルさん

フルフルさん、初見ですかぁ?さすが、先生。バイオリンもステキでしたが、ピアノもやっぱりステキです

・ドヴォルザーク「ユーモレスク」
おんまるさん、ホント上手やね~。おんなじ6月スタート?とは思えないです。録音の時から出だしの部分が好きだったのですが、良かったです。演奏も良かったんだけど、演奏してる時の楽しそうな顔と音楽に乗って身体を揺らしながら全身で表現しているところが更に演奏をステキなものにしているって感じでした。

・ゴセック「ガヴォット」
しょこらさんは、すっごい緊張されてたのが私にも伝わってきました。私も緊張しいなのでもし同じ立場だったら、指がガクガクになっていた事でしょう。前半は苦戦されてましたが、後半に向けて緊張がほぐれたのかいい感じの演奏にどんどんなっていくのでした。知り合いばかりの前で弾くより本番の方が落ち着くかも。本番ではカンタービレで演奏出来ますように。

お二人とも発表会に向けて弾きこんでるなぁって思いました。私は発表会とは縁のないバイオリン生活なのでちょっぴり羨ましかったです。(いや、KOTOKA塾で弾くのがってことじゃないですよ、念のため)本番は、天井付近を漂いながら応援してますからね!(いらない??笑)


アンサンブルの最後は、カノン。開始当初と比べれば落ちた後もちょこっとだけ戻れました~。次はもっと弾けるようになりたいですね。

(フィナーレにつづく)
2008年07月12日 (土) | 編集 |
全然弾けないカノンに打ちのめされた後も、やま印の楽譜たちが押し寄せてくる・・・やった曲順なんて全く覚えてませんっ!

ってことで、やった曲目と感想などをマジメに語るレポ(これがホントの姿なんだな)

(曲は順不同)

1.ヘンデル「オンブラマイフ(ラルゴ)」

実は、前回のアンサンブルするの2♪のみなさんの演奏を聴いて感動したんです。この曲だけは事前に練習しようと思ってたのにやらず終いで本番に。ちょぴっとは弾けたかな。感激。

2.バッハ「主よ人の望みの喜びよ」

弾いた記憶がありません(笑)練習したら弾けるかな。パート3か4なら弾ける気するけど、でも、練習したパート1出来るかなって思う曲でした。

3.エルガー「愛のあいさつ」

私の敬愛してやまないエルガーです。まだまだ弾く機会なんてないなぁ~って思っていましたが、やまさんが初心者にも弾けるようアレンジを。楽譜にちゃんと「arrangeo by yama」って入ってるんですよ。ステキでしょ曲はというと、簡単になってはいても問題山積み。まず、リズムがわからない!パート2・3の出だし「八分休符・四分音符・八分音符」のリズムが分からない・・・、隣のtakeさんに口でリズムを言って頂いて納得。これ問題ですよねぇ。そして、途中から転調してフラットついてるし。フラットなんて、我が人生には出てきていないんです。フラット1つで、ヘ長調?今月には習うのかなぁって段階です。先生からA線の1の指が下がるとは聞いてましたが、G・D線は?!ってことで、またまたtake先生登場。G線では1・2の指をくっつけるのですね。ふふっ、レッスンより先に弾いちゃったよ。「先生、くまはまたひとつ大人の階段登っちゃいました

4.「グリーンスリーブス」

のみやさんの演奏を聴いたからか、のみやさんのイメージ強い曲です。曲も知っているし、難しいリズムもないんですが、所々臨時記号が。事前に探りながら音を出してみないと合ってるのかどうか分からない中、テキト~に。逆に音取れてたりして(笑)

5.バッハ「メヌエット第3番」

これが唯一弾いたことのある曲。少しは何とかなるかなぁ~って思ったけど、そうはさせまいと先輩方の洗礼が・・・速い!速いです!!みんなが赤い顔に角を付けて3倍のスピードで動いている(シャア??)かのように見えました。旧ザク搭乗のクマでは追いつきませんでした・・・でも、一番マシだったかも。

6.メンデルスゾーン「ウェディングマーチ」

普段なら聴き流す曲なんですが、アンサンブルにするといい感じメンバーのどなたかがご結婚の時に、みんなで弾くなんてどうなのかな~って思っちゃいました。

7.ベートーヴェン「ト長調のメヌエット」

この曲好きですグリュミオーの演奏でよく聴いてます。前半はテキトーに雰囲気で弾きましたが、後半は全くわからず。ここもリズムがぁっ。

8.ヴィヴァルディ「四季」より春、秋

有名な曲ですね。後半に弾いた曲ですが、この頃には テキト~に下のパートを弾いて刻んでた気が・・・(なんかテキト~って言葉が多いぞ。いいのか?!)

9.えふえふのテーマ

私はむか~しは、ゲーマーでした。えふえふも2からやってたのかなぁ。懐かしいなぁ。でも、みなさん知ってる曲なの??それとも初見でサラッと弾けちゃうものなの??えふえふと言えば、6のシャドウ。魔大陸で飛び降りてしまって呆然としていた友達が何人いたことか・・・って話がそれちゃいました。で、ビックリこれヘ長調なんですね。今気づきました。当日はどんな音で弾いていたことやら・・・・パート2が飛びぬけて難しい曲で、あれんじゃーやまさんとその周辺の方々が担当を。教訓:やまさんの近くには座らないことでも、ホントいい曲でした。

10.おまけ チョコボのテーマ

合奏の合間に音叉さんがサラッと弾いていた曲です。ほわぁ、何故いきなり弾ける??!レパートリー??とっても可愛らしい演奏でした。あんな風に弾けるといいな。
2008年07月11日 (金) | 編集 |
とうとう会場到着。入るや否やみなさんは荷物を置かれ準備に入った模様。私は、しばしボ~っとバイオリンを抱えたまま。

「あっ準備、準備」意識が戻り、バイオリンを置いて、会場の受付で借りた譜面台の設置を始めるのであります。

「ん?ん?」何度やってもうまくいかないんです・・・何度かやってるうちにどなたかに一緒に見てもらい、壊れている事が判明!スタートからスムーズにいかないもんですね。で、係りの方が新品ですって渡してくれた譜面台。ちゃんと設置は出来たけど、「錆びてるやんっ、どこが新品?」って心の中でひとり突っ込むのでありました。

そのうちに、フルフルさん到着。あ~~、フルフルさんだでも、なんか挨拶もそこそこに始まっちゃいそう。えぃ!って挨拶に行きました。フルフルさんはとっても可愛らしい方で、話すともっと可愛い感じ。名前は言えたけど、それ以上は舞い上がってしまって覚えてません

その後いつの間にかバイオリンの音色が聴こえると思ったら、チューニング始まってるし。しかも、みんな重音でぶぃ~んって鳴らしてるじゃありませんか重音で弾いても、合ってるのかどうか、高いのか低いのか全くわからんので、壁際に置いたチューナーを眺めながらアジャスターでキコキコ合わせる。あ~、あとで思えば他の方のチューンニングの様子を見とけば良かったなとちょっと後悔。

そして、席に座るのですが、一体どこに座ればいいの??自由??と分からないまま、優しそうなtakeさんの隣へ。一応考えてたんだな、これが。(ホントか?)そして左隣には、音叉さん。音叉さんは席につくとかっこよく指慣らし?で弾いてるじゃないですか。

はぁ~~、美しい右隣のtakeさんと一緒に眺めていると。気になる!と照れる音叉さん。ごめんなさいね、でも先生以外で初めてこんな近くで他の方が弾いてるを見たんですよっ、言ってみれば、ヒナの前に初めて現れたお母さんみたいなもんです。これからも音楽という名のエサを下さいね

そして、KOTOKA塾長の挨拶(自己紹介?)から。自分も挨拶しましたが、ありきたりな挨拶でした。でも、トリはフルフルさん。おぉ、生でパソコン超レイトスターター~って聞けるのか!って期待していたのですが、無難にクリア。いつまでも初々しいフルフルさんで居て欲しいなぁ。でも、のみやさんが、ボソッと入れるツッコミ。さすがデス

そして、いよいよ合奏へ。やまさんから頂いた楽譜はいっぱい。何から始まるのかな~って思ったら、KOTOKA塾のメインテーマ?「カノン」から。(ん?最初、きらきら星だったかも。もぅ、演奏始まってからは記憶ないんですよね)はぅぅ~~、ホントに練習する間もなく、始まるんですね

(数分後)・・・・・・・・・

声も出ません。弾けた気がするの最初の5小節ぐらい?G線のシの音すらパッと見わからんです・・・。両隣の音叉さん、takeさんは軽々と弾きこなしてるし、みなさんも何度か弾いて最後まで完奏!ステキすぎですっ。私は、なんてとこに来てしまったんでしょう

一体、どうなるっ?!!
2008年07月10日 (木) | 編集 |
☆休載のお知らせ☆

作者、急病(食べすぎ?)の為、本日のレポートについては休載させて頂きます・・・


それにしても、みなさん、まとめるのがお上手ですね~。
オフ会に参加されて方々のブログを読んでいると、要点をサラッとまとめられてます。
こっちは、まだ、アンサンブル始まらないし・・・


会場に付くと、今回のアンサンブルの会の案内の前に、ん

民族舞踊研究会が6階にて開催中!!

くまの華麗なステップを披露するぜ~~ ワォ~~ン ウォ~ン ガルルルルゥ


と一人違うフロアに行きたくなる「くま」でありました・・・(つづく)
2008年07月09日 (水) | 編集 |
オフ会の話も、いよいよ大詰め!
で、今日はどこから??(笑)

そうそう、参加は決まったんですけど、オフ会に向けての心構えって何??ってふと思ったわけです。バイオリンを持っていく事だけは分かっていたのですが。

おんまるさんのブログで、譜面台の話が出て、ん??譜面台!おぉ~持って行くのか~と思い、譜面台のケースを探したりして(譜面台は用意されてました)。

そして、譜面台といえば、譜面!おぅ一体何弾くの??ってことで、KOTOKAさんにメールで確認したところ、「カノン」「オンブラマイフ(ラルゴ)」「主よ人の望みの喜びよ」などなどのお返事が。みんないい曲だな~。でも、白本と鈴木1巻しか弾いたことないけど、一体どんな楽譜?

ってことで1週間前に楽器屋さんに行って、楽譜を見たわけですよ。そしたら、カノンなんて弾けっこありませんやっぱり塾生って、一号生筆頭とか二号生筆頭(まだ引っ張っていい?)とかコワイ人たちがいるとこなんだなぁとちょっと怖気付いたり・・・

そんな中、励まして下さったのが、のみやさん誰も練習してきてないよって温かい?お言葉をかけて頂きました。単純な私は、ホントに練習(どころか譜面も全く見ずに)せずに参加する運びとなったのでした。(個人レッスンの先生には呆れられましたけどね)


当日は8時に家を出て新幹線に。お昼には高槻駅を到着。なんか以前のレポートではお腹が空き過ぎて暴動まで起きたようなので、腹ごしらえをするべくぶらっと歩きながら、塾長KOTOKAさんへ集合場所の確認メールを。(集合場所のお知らせメールを携帯に転送するの忘れたので・・・)

お昼を食べ終わった終わり、15分前だし、とりあえず駅に向おうと歩いて、駅に到着!!(この時12時45分)しか~し、バイオリンを背負った人もいなけりゃ、塾長からのメールも無い!

この苦境の谷底から這い上がった漢のみが参加を許されるんですか、塾長それなら!ってことで、改札付近をツワモノの求め、ふらふら徘徊。

前方から来ました!バイオリンという刀を背負った一人の漢が。

いざっ

くま「あのぉ、KOTOKA塾の・・・」

漢「はい」

くま「あっ、私、くまと申します。」(何故いきなり、くまと名乗れたのか謎・・・)

漢「ハチャです。」

はぅぅ、いきなり大ボスハチャさんといえば、以前の京都オフ会(のみやさんのコメントで調べ直しました)でのフィクサー(私の勝手な想像デス)で、恐れ多くてブログを読み逃げしていた方ではあります。緊張しながらもお話させて頂きました。明るくて気さくな方で良かった。

集合時間の1時(ホントは1時15分でした・・・)が迫っているのに、誰も来ない~って二人で待っていたら、目の前にサングラスをかけた男性が。

その名も「のみやさん」。ほわぁ~~、バイオリンを背負ってなければ逃げてるとこです。って私もハチャさんにお会いした時はサングラスかけてたんですけどね。でも、のみやさん、関西人って感じの話し方でイメージ通り!いや、イメージより少し照れ屋さん??(笑)

で、おっさん3人で待っていたら、背中越しに女性の声が。アオイさん?音叉さん?(どちらだったか、忘れてしまいまいした。ゴメンナサイ)が。よくこのメンバーで声かけられましたよね。私だったら、素通りして帰ってたと思いますよ(笑)

それから、一人の女性が。のみやさんが紹介してくれず、その女性に「誰だと思います?」と聞かれ、うろたえるクマ・・・、ま・まさか、「おんまるさん?」。当たっちゃいました。でも、私の持つおんまるさんのイメージとはかけ離れた(失礼!)、黒髪の背の高い可愛らしい女性がいや~ビックリです。生おんまるさんにお会い出来ただけでも来た甲斐ありましたね。

その後KOTOKA塾長到着!!さすが塾長。しっかりされている感じで堂々の到着ですね。でも、挨拶の後にメール見られてました・・・(涙)でも、プリンタの無い原始くまの為に、「カノン」の楽譜を持ってきて頂き、感謝です

それから、しょこらさんも到着!おぉ、若い。しかも、大人しそうな感じで爽やかな好青年背も高いし。一瞬何て挨拶しようか考えたら、頭が真っ白になって、ふつ~に挨拶しちゃいました。

ブログ上でも面識のなかった、takeさん、たからさん、fさん、あおいさん、音叉さんと挨拶交わした後に、やまさん登場!イメージと違って(ごめんなさい、イメージではほわ~んとした感じの女性を想像していたので)、スッとした感じのお姉さまではないデスか!でも、ケース見てすぐわかりましたけどね。

これで全員かなと心の中で思った矢先に、誰かの口から「フルフルさん」のお名前が!「あっ、フルフルさんがいない。フルフルさん、また到着前からなが~いレポート始まってるんだ~」って感心してしまいました。フルフルさんとは会場にてご対面!憧れのフルフルさんが目の前にいるんです。小柄で可愛らしい方です。そして、ほわ~んとした話し方にキュンって来ちゃいました。(フルフルウインクお願いするの忘れちゃいました~、残念!)


ようやく、会場に到着。(駅到着から30分経過)

(次こそ、バイオリン出てきます!)つづく

(なんか、ここまでハイな状態で、勝手な主観で書いてしまいました。失礼な表現についてはお許しください。稚拙な文章で申し訳ないんですが、みなさん第一印象から大人でステキな方々ばかりでした。)
2008年07月08日 (火) | 編集 |
このたび人生初のアンサンブルの集まりに参加させて頂きました。

その名も「KOTOKA塾」(別名アンサンブルするの♪←こっちが正式名称??)、そう名前の通りKOTOKAさんが主催するアンサンブルの練習会です。

私がブログを始めたきっかけのひとつが、この大阪のアンサンブルの会(の前身?)にいつか参加したい!っていう思いがあったからなんですよね。

ってことで、日曜日に開催っていう案内を見たときから、参加する気マンマンでした。(土曜日だとレッスンがあるので・・・って踏ん切り付かなかったんです。)

で、今回思い切ってKOTOKAさんに参加のメールをしたのでありました。KOTOKA塾(最初はそんな名前じゃないしっ)→塾長→魁!!男塾→塾長 江田島平八→髭面でコワイ っていうイメージ(なワケないし・・・)でドキドキ待っていたら、優しい文面のお返事が!あ~良かった。これで、とうとう参加なのねと安堵したのでありました。


と、もう身体の充電切れたので、続く(笑)
昨夜の寝る時間は普段と変わらなかったのに、今日はグッタリな1日でした。
2008年07月07日 (月) | 編集 |
ただいま~、先ほどKOTOKA塾から帰ってきました。

今日のKOTOKA塾の余韻に浸るべく、カラヤン指揮、ベルリンフィルの「カノン」を聴きながら・・・

「キレイで優しい女性陣、落ち着いた貫禄の男性陣。みんなステキだったなぁ~

「全然、弾けんかった・・・

「でも、また行きたいなぁ

帰ってきてちょっと寂しい気分に。普段はこんな感じあんまりないんですけどね。みなさん、今日はどうもありがとうございました。
2008年07月05日 (土) | 編集 |
今日は個人レッスンのみ。久々に雨ではなくて良かった

今日も簡単な重音練習から。A・D線の重音練習なのに、なぜかG・D線で重音を・・・先生に思いっきり注意されました。なんでだろ~。

その後、移弦の練習。今までは2音スラーまででしたが、本日は4音スラーの練習。きちんとしたボウイングで弾かないと今後8音、16音と増えた時に誤魔化しがきかなくなってくるとのこと。4音になっただけで、音が弱々しくなってしまいました。これは今後もきちんと練習しないと

以前の曲のおさらいは、4番「つりがね草」、9番「メヌエット」を弾きました。「つりがね草」はまずまずかな。「メヌエット」は指がバタバタとしてしまい全然弾けなかったです。

21番のハ長調の音階練習(2オクターブ)、22番の音階練習。22番は少しずつはマシになっていると自分では思うのですが、先生からは危ないねぇ~とのお言葉が・・・ですよね

それから今日のメイン

・20番 ハイドンの「セレナーデ」
・23番 ハイドンの「アンダンテ」

「セレナーデ」は高い音が汚い。弓の配分も安定しませんでした。今日が初めての「アンダンテ」は先生と一緒に合奏。注意されたのは、途中から音が大きくなってしまったこと、スフォルツァンドがまだ小さいこと。う~ん、ずっと小さい音をキープしながら、発音をしっかりというのは難しい。途中で先弓になってしまった時は、腕がプルプル状態です。でも、まぁまぁヨシって感じでした。

そして、何故かいきなり24番 ヘンデルの「勇者はかえる」を合奏。なんかあまり注意点もなく次へ。曲の中でE線のC音が出てくるのはキツイです。なんとなくな音しか出ませんね。あとは、ポルタートに注意かな。

最後に、次回の宿題。25番「子うさぎ」。知らない曲ですが、前の時間の女の子が以前に習っていたので曲は覚えちゃいました(笑)暗~い曲です

な~んか最近駆け足な感じ。先生が仰るにはこの辺りは簡単な曲だからとのこと。次のページにはヘ長調が控えてます。これから大変そうですね~。


そして、帰り際に明日のオフ会の話を。先週、オフ会に行くって話をしていたのですが、明日と聞いて先生ビックリ。「何の曲を弾くの?」と聞かれました。「カノンとか」って答えたところ、「何で楽譜持ってこないの?」って。楽譜印刷しようにもプリンターないし・・・。

「言えば楽譜用意したのに・・・」って言われました。わ~んもったいないことしました。
「あんた、全く練習しないで行くなんて変な度胸あるね~」って感心されてしまいました。えへっ(笑)

以前にもオフ会ではないのですが、別の所で演奏するっていう生徒がいたそうです。その時にはやる以上は死ぬ気でやりなさいって事でレッスンをつけられたとのこと。

私もオフ会は死ぬ気で参加ですか・・・・やっぱり鬼に食われてしまうんですかね
2008年07月04日 (金) | 編集 |
今日の練習は15分ほど。

明日のレッスンで弾くハイドンの「セレナーデ」と「アンダンテ」、一応弾く感じは忘れてなかったけど、全然曲にはなってないですねぇ。「アンダンテ」は、気づくとスタッカート忘れて弾いてるし。明日の朝もちゃんと起きて、事前に練習してレッスンに臨まねば。

そして、久しぶりに弾いた、練習曲17~19番。ミュートを付けてるので雑音80%オフとしても、以前と比べると構えて弾く事なく、自然に弾けた気がします。少しはト長調・ハ長調の指遣いに慣れてきたのかな。


今日は、最近良く聴くCDの話。クラシックばっかり聴いているイメージを持たれてるかもしれませんが、元々は邦楽・洋楽の方が良く聴くんですよ。

Perfume


↑で、これ。最近TVに良く出てますね。Perfumeです。何かの音楽番組に出ているのを見るまで、全く知りませんでした。普段だったらパスなんですが、なんか懐かしい感じが。

理由は、そう、テクノなんですよね。私はYMOの世代ではないんですが、何でしょう。この懐かしさ。最近の若者はこの音楽が新鮮なのかなぁ。

みなさんは、普段どんな曲を聴いてらっしゃるんでしょう。
2008年07月03日 (木) | 編集 |
この度、管理職というものになりました

でもですね、管理職っていっても、部下なんていないんですよ。男性だけで30人程いるんですが、管理職じゃないのは3名のみ。

一体何を管理するんですか?!自分の無節操さかな(笑)

ず~っと管理するもののない管理職を続けていくと、気持ちもホントの管理職じゃなくなっていくんでしょうね。

そうならないよう、初心忘れるべからずデス。
2008年07月03日 (木) | 編集 |
今朝は昼からの出勤だったので9時起きれば良かったのですが、昨日飲んだせいで、6時に起床。普段より早いし・・・・

ってことで、朝練。

まだ出勤前の方もいたかもしれませんが、ミュート無しで気分良く弾かせて頂きました。

23番 ハイドンの「アンダンテ」。

注意点1は、スタッカートで小さな音を出す。きちんと弾き方習ってないので(笑)、元弓を使って軽やかに弾いてみる。でも、弾いている途中で中弓~先弓に移っていってしまいます。そうすると弓を持つ手がプルプルと・・・弓を浮かせるのって力入りますよね。私の細腕ではちょっと~(笑)

もひとつ注意点。G線4の指(レ)の音をキレイに。G線のレの音は、いっつもちゃんと取れません。よっこらせっと小指を伸ばしていつもテキトーなとこを押さえて、音が出たとこ勝負!次のG線2の指(シ)も釣られてバラバラな音に。構え方とかから意識してきちんと指を届かせないといけません。

注意点3、スフォルツァンドで弾く重音。4つの音符を2つに分けて弾くのですが、重音になりませんっ!しかも、音楽の流れを完全にブツって切ってから弾き始めるし。

と土曜のレッスンまでこの3つの点を注意して頑張るつもりです。


夜は、パッヘルベルのカノンに挑戦。

と少しだけ弾いてみようとしたけど、これ無理です何か少しでも参加して弾ける曲あるかなぁ~。、いや、ない・・・
2008年07月01日 (火) | 編集 |
昨日は1日時間があったのに、ボーっとした感じでバイオリンの練習も中途半端に終わってしまいました。クリーニングに出したスーツを取りに行くのを忘れて、今日は冬物のパンツで出勤・・・

今日は帰宅後30分でしたが、集中して練習出来ました。

22番の音階練習は最初は全く出来なかったのですが、少しずつ進歩してきたと思います。7月には先生の前でもそこそこのテンポで弾けるようになりたいです!


で、今日の話題は、合奏について。

個人レッスンを受けていると、なかなか合奏の機会ってないですよね。このブログを読んでらっしゃる方々は集まって合奏する機会も多いとは思いますが、一般的にはなかなかないのかなぁと。私は、レッスンで先生がたまに一緒に併せて弾いてくれるのがとても楽しみでした。

そんな思いの中で、今年の1月からグループレッスンに通うようになったんです。クラシック以外の曲も多いのですが、予想外に楽しくハマってます。その理由はというと、

1.他の方たちと一緒に弾くようになって思ったのが、音程が合うとすごくキレイに聞こえるなぁ~って、実感出来たこと。ふつうに一音、音が合うだけでも、はふぅ~~とメロメロになってしまいます。ずっと合っていたら、ヘロヘロになってしまうところですが、私の腕ではそうそう無いので、たまの楽しみってことで(笑)

2.そして、リズムを合わせるのって難しいなぁって、実感出来たこと。実感出来ても合うようには成長してないんですけどね~。グループレッスンでは、まだ個人レッスンで蓄えたアドバンテージが残っており、曲でそれほど必死になる事はないので、まだ他の方の音も聞けているように思います。でも、今の自分のレベルでいっぱいいっぱいかそれ以上の曲にぶつかったら、途端に聞こえなくなるんでしょうね・・・

一人でのバイオリンも十分楽しいけど、他の人と一緒に弾くのはより楽しいですよね。

で、無謀にも今週末にはバイオリン歴が私と同じぐらいかそれ以上の方々と一緒に合奏をする会に参加する運びとなったのです。みなさん、私なんかよりすっごくお上手だし、先生以外の人の前でバイオリンを弾くなんて・・・

楽しみでもあり、ちょっとコワイ気もするこれからの1週間です。


KOTOKA塾のお兄様、お姉様、いぢめないでね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。