2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月31日 (金) | 編集 |
週末からの旅という事で、一体誰と??!!
ってやきもきされていた方々へご報告(笑)

えぇ、勿論彼女と旅行!


って、予定がある訳でもなく・・・・

2日(日)から「アンサンブルするの♪~合宿」に参加してきます。
主催はKOTOKA塾長やまさん
開催は大阪です。ひとりが新幹線乗れるかな~。

なんと、今回は東京の方々とも大阪で初対面
かぽ師匠や東京のみなさんとも初めてお会い出来るんですね。
そして、前回お会いした関西の方々とも

今回は時間もありそうなので、ゆっくりお話出来たらいいなぁ。

ただ、ひとつ問題が・・・・・

貰ってる楽譜、1曲も弾けん!

前回は、初見だし、アンサンブル初めてだし・・・・って思いながらも、あまりの弾けなさに正直凹んだのも事実。あれから、たま~に弾いてはみるものの、弾けないのは変わらず・・・・
あぁ、この前先生教えてもらえば良かった!っと後悔しても時既に遅し・・・・


そうだ!手ぶらで行こう!!

などと思ってみたり

まぁ、行ったら楽しめる事でしょ~


あっ、着てく服もない
大阪は寒い?冬の毛皮に着替える?
あんまり着て行くと暑そうだしなぁ。

ホントにくまなら何も考えなくていいのになぁ(笑)

またヘンテコな格好で旅立ちます。
スポンサーサイト
2008年10月31日 (金) | 編集 |
週末から酷かった咳も収まり、風邪は治りかけ~ってところでしょうか。
ご心配頂いたみなさま、ありがとうございます。

バイオリンは昨日・今日20分ずつ弾いたかなぐらいです。
今週末のレッスンは消化不良に終わることでしょう・・・・

今週末は旅に出ます(あっ、実家じゃないとです)。
最近塞ぎがち(見えない?笑)だったので、いい気分転換になるといいなぁ。

みなさまのブログにも来週からはまた遊びに行こうと思いますので、よろしく相手してやって下さいね。


ニュースを見てて、思ったこと

3年後に消費税値上げ?!!
ちょこっとばかりの定額給付を受けたぐらいで、消費税値上げされたら・・・・
浪費家のくまは、困ってしまいます・・・・

マイホームや車を買うつもりはないけど・・・・
やっぱり駆け込みバイオリン購入?!(笑)
2008年10月30日 (木) | 編集 |
遅くなりましたが、先週土曜日のグループレッスン記事を。

って言っても、ももさんとKさんがお2人とも休みだったので、ひとりぼっち・・・
前にもあったなぁ、こんな事。

普段ならおしゃべり!ってとこなのでしょうが、今回は何故かマジメにレッスンモード
ん?会話がきまずい?(笑)

個人レッスンで弾き始めた、メヌエット第3番とブーレの補習!

メヌエット第3番

まずはメヌエット第3番のVn.1のパート。
出だしの2小節目A線・D線の3指の音程から注意。音との距離感を持ってとの注意が。(指じゃなくて音のってとこがいい表現)まぁ、ようするに適当に指を置くな!ってことですね。
最初の4小節を何度も練習。
3小節目はド・レ・ミ・ファ・ソと上がっていく部分。耳で音の階段を捉えるように。ミは開放弦の0なので絶対にここから外さない!
ファが導音でソが主音なので、ファは外さないでソに繋げること!大事なんですって(既にパンク状態・笑)

あとはリピート後の高音部分や最後から2小節目「シ・レ」のレの部分、などの注意が。

その後は、Vn.2。
・Vn.1が長く伸ばしている箇所(特に○で囲っている部分)はしっかりリズムを取ること。
・リピート前の箇所は絶対に遅れないこと!
・下から2段目の真ん中(縦線の箇所)はVn.1ときちんと合わせること。
・最後から4小節目の最初のレはmp。

などなど。
漠然と弾いてるんですが、注意する点とかいっぱいありますね~
普段のグループレッスンではここまで細かい指導ってないのですが、先生って細かくきっちり指導してくれるんですよね~~。と感心(←えらそう


お次は、ブーレ

ヘンデル ブーレ


ヘンデルは4音並んだ時は、3対1に分かれる?らしいです。
6~8小節目を分解して練習。
丸で囲った部分(前のフレーズの最後の音が頭になる)が階段状になるように。4つ目の音で気を抜かずに次に繋がるように弾く。
曲はブーレ(舞曲)なので、カンタービレで弾くのではなく、音は短めで踊れる感じで弾く事。なるほどね。

後半は・・・・止まらずに弾けるようにって・・・・
あい、練習してきます。

あと、弾く前に0・1・2・3と音を取っていたら、左隣の開放弦と音を取る方が確実とのお話が。
重音なら更に確実って。
でもね・・・・・聴いてても、大きく外れてたら変だな~と思う程度で、合ってるってなんて思えんのですよ・・・・ってここで愚痴ってみる。

で、レッスン終えようと挨拶したら、
あれ?Vn.2はしないんですか?って・・・・・
(まだ、やるかっ!)←心の声
Vn.2は弾いた事ないので、先生に弾いてもらって、曲も分かった!
リズムを刻むところの練習をして、終了~


個人レッスンのようにみっちりレッスンを受けて思った事。
この先生、個人レッスンでもしっかり教えてもらえそうって感じです。
でも、先生の家は出入り禁止(笑)
ま、グループで合奏頑張ろうっと。


おまけ→ちょっこっと演奏
2008年10月29日 (水) | 編集 |
今日は九響の定期演奏会。
先日お会いした大先生も勿論いらっしゃいました。

曲目は、
ロッシーニ:歌劇「シンデレラ」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調
プロコフィエフ:交響曲第5番 変ロ長調

うむ。ベートーヴェン以外馴染み無し!
でも、良かった。
ロッシーニはロッシーニらしい、テンポのいい華やかな曲。バイオリンも良かったです

ベートーヴェンはソリストは小菅優さん。名前は勿論存じ上げていましたが、演奏聴くのは初めてでした。日本人のピアニストってあまり聴かないなぁ(バイオリンは聴くのにね)。イメージではガツガツ弾くのかなぁって勝手に思ってましたが、繊細なタッチでステキでした。
特にアンコールの、武満徹:レイントゥリースケッチが良かった。ペダルを使い、一音一音伸ばしていく弾き方。前の音が消え入ろうとする時に次の音が重なる感じ。なんとも不思議なひと時でした。終わってからも暫しの静寂。こんなに静寂の時間を経験したの初めてかな。(多分、みんな終わったかどうか分からなかった気が・・・・)

最後はプロコフィエフ。プロコフィエフの交響曲って第1番の古典交響曲しか聴いた事ないので、どんな曲だろ~って感じで聴きましたが、バイオリンかっこい~~自分は弾きたくないタイプの曲だけど(笑)金管も大爆発チェロと金管が重なってるところなんてチェロから金管の音色が聴こえてくる~って思いました。
そして、終楽章のクラリネット私の愛するクラリネット奏者タラス・デムチシンの素晴らしい演奏を経てフィナーレへ。いや~、今夜もタラスへの拍手が1番大きかった~。でも、結婚してるってこの前知りました(タラス、男性だから別にいいんだけどね・笑)

この冬は、ワレリー・ゲルギエフ率いるロンドン交響楽団でのプロコフィエフ・プロに行くので、こりゃ楽しみになりました

演奏会は楽しかったけど、風邪ひきました。
みなさま、ごきげんよ~
2008年10月28日 (火) | 編集 |
忙しい!っといっても、仕事ではなく、テレビのせい(笑)

ハイビジョンのおかげで我が家のHDDレコーダーはいつも満杯状態
見たら消して、また録るの繰り返し。

今はですね~、韓国ドラマで「朱蒙(チュモン)」にハマってます。
全81話
しかも、今は月~金の週5日放送なので、毎日1時間はコレを見ないといけないんですね。
最初は毎日大変だなぁって思っていましたが、今は早く明日来ないかな~て待ち遠しいぐらい。
今日が16話だったのであと65話。3ヶ月以上楽しめる!

あま~いメロドラマみたいなのはちょっと見るのツライけど(冬ソナは全部見ました)、歴史物は面白い!男性でも十分楽しめますよ~

って、ことで、グループレッスンの記事は暫しお待ちを!
え?待ってない?
2008年10月26日 (日) | 編集 |
レッスン前にいつものクリーニング店へ。
お店の方から、「バイオリン上達されました?」と質問が。
毎回バイオリン担いで行ってますから、印象残りますよね。
「全然ですよ~」って答えたら、「今度お店の前で弾いて下さい。」と。
店潰れますよ(笑)

ってことで、今日のレッスン。
前の時間の女の子。今日はふてくされモード
難しいお年頃ですね~
今度私も使ってみよう(笑)

最初はいつもの55番の音階練習。
・ハ長調
・へ長調
・ニ短調
・ト長調
・ニ長調
の音階・分散和音を。

先々週同様、ハ長調がボロボロ・・・・
同じテンポでもヘ長調・ニ短調の方がまだ弾ける。
練習はハ長調に一番時間かけてるのになぁ。
ハ長調やっぱり苦手なのかな。
とちょっと凹む。
音階練習いつも以上に時間かけてやりました。

その後、変ロ長調の練習。
音階練習・3度・6度の練習を。
6度はやっぱり苦手。特に2・3指を使った時は指つりそうです。
いつも言われますが、今後はなんとなくではなく、きちんと形を使って押さえるようにしていかないといけないから、6度の練習はしっかりやるようにとのこと。

そして、41番ウェーバーの「アレグレット」。
12小節の簡単な曲なんですが、慣れない指遣いで音程ヘロヘロ
しかも、スラー見落としてて途中からボウイング間違ってるし。
なんか変だよな~って思いながらも流してました。

それから、今日の懐かしの1曲!(ってそんなコーナーないけど)
4番「つりがね草」
ト長調ムキ~ってなっていた頃に苦労してた曲ですね。
最近は全く弾いてません!途中わけ分からなくなりそうでしたが、無事完奏

で、教本のレッスンは終了。
あ・・・・やっぱり「マジャールの踊り」終わってる。
まだ弾けてないよなぁ。もっとやりたいけど、ま、自分でやればいっか。
でも、この曲、ある日突然弾いて!って言われても弾けないですよ・・・・


そして、合奏譜より。
フォスター「故郷の人々(スワニー河)」
先生とは初合わせ。
Vn.1はイ長調のA・E線のみの簡単な曲です。
それでも、途中リズム怪しい
4分の4のリズムですが、先生からは8分にして、付点四分音符のリズムをちゃんと取るようにとの注意が。おぉ~、前にもその話聞いたことある(忘れちゃいかんぜよ・・・)
これでバッチリ

先生からはVn.2のパートやってきた?と聞かれるも2週連続でやってません!と回答。
いっつもVn.2だと飽きるから練習しておくようにと正式に指示が。また弾く曲増えた・・・・・

で、イ長調のG・D線習ってなかったので、先生にちょこっと教わる。
3の指に♯・・・・もう指の関節外すしかないですよ・・・・

今日はメヌエット第3番とブーレは無し。でも、練習は全部なんですよね~
宿題多いぞ!!とちょっとふてくされモード(笑)
2008年10月25日 (土) | 編集 |
あ・・・もう2時過ぎてます。
今夜は久しぶりに長電話しちゃいました。

私は男としては長電話出来る方かと思いますけど、最近は全くしなくなりましたね。
(そんな元気無いし)

今日の相手とは、以前は4・5時間とか電話してたことあったかも。
ま、今日の話はあんまり楽しい話じゃなかったですけど

横になりながら3時間話してたら、首が・・・・・

明日のレッスンでうまく弾けなかったら、このせいですね(笑)


あっ、今聴いてた曲。
Babby Caldwellの「Next Time I Fall In Love」
学生の時から良く聴いてます。
この間の公演行けばよかったなぁ。


2008年10月23日 (木) | 編集 |
私の住んでる地域でも始まりました。
そう、「のだめカンタービレ 巴里編」。

東京出るまで、放送がずれるなんて知らなかったですよね~

で第1話を観た感想。
あ~、千秋とのだめが帰ってきた~っていう懐かしい感じ。
ドラマ編の玉木宏と上野樹里もとっても良かったですけど、アニメ版の千秋、いいです!!ターニャも可愛いですね。
あ、ちなみにドラマで好きだったのは、菊地君

アニメ版で不満だった、演奏シーンで静止画が多い(バイオリンとかの弦の動きをアニメーションでやるのは、手間かかるんでしょうね・・・)っていう点も1話を見た感じでは、幾分改善されたのかなって思います。

アニメ版では千秋の指揮のシーンも増えるからオケ曲も増えるのかな。
良かったらこの番組でクラシックの曲がひとつでも好きになる人が増えたらいいなぁ。



さてさて、最近の練習。

今日は出勤前と帰宅後に30分ずつ計1時間練習しました。
昨日今日と夜は雨なので、カラオケ行けず・・・・明日は週末で混むからパスかな。
ヘ長調(←変ロ長調でした)の簡単な曲に入りましたが、音程危うい・・・・

最近色々弾いてるので、練習密度薄いし・・・・

新しいバイオリン教本より
・36番「マジャールの踊り」
・41番「アレグレット」

レッスンの合奏譜より
・「メヌエット第3番」
・「ブーレ」
・「故郷の人々(スワニー河)」

グループレッスンより
・「グリーンスリーブス」

コソ練曲
・ブラームス「ワルツ」
・バッハ「メヌエット第2番」

う~ん、やりすぎです
2008年10月21日 (火) | 編集 |
以前の録音って何かあったかなぁ~と探していたら、ようやく見つかりました。

きらきら星です。

録音日時は2007年7月7日。
おぉ、七夕に録音してました。やるな、自分(笑)

バイオリンは始めたのが2007年6月だったので、ちょうど1ヶ月ですね。
この頃はきらきら星を5パターンのリズムでひたすら弾いてました。
A線で1、2、3押さえながらトンネル作って、E線の開放弦弾くっていう弾き方でした。

あらためて聴くと、あれから1年以上経ちますが、音色が進歩してない気が・・・・
2008年10月21日 (火) | 編集 |
今回はKさんがお休み。
しか~し、別の時間帯の先輩Iさんが私たちのレッスンを見学に。

ももさん、Iさん、私という最初で最後?かもしれない3人によるレッスン開始。

最初はニ長調のスケールから。

その後は基礎練の嵐
・レッスン3のエチュード
普段は開放弦のみのVn.2かVn.3のみでしたが、Vn.1を加えて1人1パートずつ、順番に弾いていく。隣にいるIさんが目に入るのですが、お上手です。弾いてる姿を見るだけで緊張です。ボウイングとかピシッとされてます。おかげで、緊張して全音符もヘロヘロ・・・・

・レッスン4 エクササイズ1・2
・レッスン5 エクササイズ2
・レッスン6 エクササイズ2

う~む、スラーの練習だらけ。

極めつけは

・レッスン7 エクササイズ2

エクササイズ7-2

先生が何か言いたげに弾いてみて下さいって。ん?普通のスラーだよなぁと思い弾いてみようとすると。む~~~、5度だし。
ってことは、2弦同時押さえでスラーって・・・・いぢわる
しかも、先生に言われるまで気付きませんでしたが、6小節目。
2の指の位置違うし!
これは、キライ!でも、練習しないとね

そして、楽譜を貰いました。「グリーンスリーブス」です。
先生が「経験者ばかりだから」と渡して頂いたけど、誰も返事せず(笑)
確かに、3人の中で私が一番バイオリン歴浅いので、お2人とも十分経験者ですねぇ。

って事で、早速弾いてみます。
♪90で2回弾いた後、♪100で1回弾いて、最後に伴奏に合わせて弾く。
15分ぐらいの間に随分弾きますね~~
ただでさえ苦手なD線ソに♯がついてるそれだけでも、音外しまくり。外さないようにビクビク弾くと音がひょろ~って感じになってしまいました。
でも、他のお2人がちゃんと弾いて下さったのでえいっ(笑)→グリーンスリーブス

練習したらよくなるんでしょうけど、この曲って今回限り?

今回は、お上手なIさんとご一緒出来て楽しかったです。
またご一緒する機会があるといいですね。
[続きを読む...]
2008年10月20日 (月) | 編集 |
秋の運動会シーズンという事で子供たちのレッスンはお休み。
私のレッスンだけみたい・・・・って事は私がいなければ、先生は今日はオフだったのね

などと、ちょっとは気を遣ってみたりしながらレッスンへ。

まずはいつもの55番の音階練習。
ハ長調・ヘ長調・ニ短調を弾いてみる。
先週はハ長調がボロボロでしたが・・・今回は・・・・
先生弾くの早すぎ!!ボーっと立ち尽くしてました。
で、テンポを落としてもう1回。前回よりはマシだったかな。

それから36番「マジャールの踊り」
レッスンの時は、自宅での練習よりも遅く弾いてます。
そのせいか16分音符の箇所では指が止まらずに転げていく為、テンポが早くなっていたみたい。注意されました。でも、ゆっくり弾くの難しい。スピードに乗って誤魔化して弾き切りたい感じ。
それと、重音部分で音が高くなってしまった所を注意されました。
今回で5週目なんですが、終わるのか?

お次は、15番「アウリスのイフィゲニア」より
久々に弾きます。いや、当時は重音イヤーって曲でしたが、楽しかったです。
帰って録音もしちゃいました→こちら

その後は、変ロ長調。
37番、音階練習はぎこちなかったのですが、先生はまぁそんだけ出来ればOKとのこと。
40番、6度の練習はボロボロ・・・今後はこういう練習も増えてくるので、頑張るようにとのこと。
なんだか、先生今日は優しいなぁ。


最後は、先週頂いた合奏曲の練習。
「やってきた?」と聞かれたので「はい。」と返事。

まずは、バッハの「メヌエット第3番」
いきなり弾けたらコソ練してたのバレちゃうなぁとか思いながら一緒に合奏。
・・・・・・・コソ練バレませんでした(笑)
必死で弾いたので、先生の音あんまり聴けませんでした
先生曰く、「この曲を早く弾くのが信じられない。」とのこと。確かにそうですね。でもゆったり弾くの難しい。ちゃんと練習重ねてちゃんと合奏になったらいいなぁ。

お次は、ヘンデルの「ブーレ」
こちらは出だしのみ。クレッシェンドの部分を大げさにしすぎないようにとの注意。
うぅ・・・そこのクレッシェンド全く意識してなかったんですが・・・
早く弾いてると必死になって自然とクレッシェンドになっていくだけで・・・・意識しつつ、早くも弾く。大変ですね。


今回は41番「アレグレット」が宿題。ウェーバー作曲ってあるけど、何の曲でしょう?
ん?宿題出たけど、「マジャールの踊り」は終わり??ま、どっちみちいつ弾かされるか分からないので練習しときますけどね
2008年10月19日 (日) | 編集 |
いや~、とうとうここまで来ました
今日のレッスン内容はこれ。

ヘンデルソナタ第4番

ヘンデルのソナタ第4番です
あっ、間違えたって帰らないで下さいね~~

勿論一気にここまで来たわけもなく、先生の先生のレッスン。
先週お誘いを受けていまして、今日先生の先生(以下、大先生)のレクチャーコンサートに行って来ました。
レクチャーってなってるけど、簡単な解説かなぁ~って思っていたのですが・・・・

先生「多分、今日来るのは殆ど(先生の)顔見知りだから。」
くま「え?それって普通のコンサートじゃ・・・・(ないんじゃないの?)」
先生「みんな、バイオリン弾きですよバイオリン持っていったら注目されるかもね。」
くま「の~ん
(そんなん分かってたら行くか~い)
でも、勿論先生についてのこのこ行って参りました。

会場に入ると・・・・・机並んでるし
大先生は、私がいつも行ってるオケのプロの奏者。ご挨拶しちゃった
受講生は・・・・下は小学生から上は年配の方まで・・・。音大受験予定の高校生や音楽を職業にされてる方もいらっしゃいます。大多数が大先生の門下生。これって偶にブログで見かける、門下生の勉強会みたいなもんでないのかい??

緊張しながら、配られた楽譜を持って後ろのほうの席へ。
楽譜はヘンデルのソナタ第4番とヴィヴァルディの協奏曲ト短調。

出だしのお話は音について考える事。次に来る音はどんな音なのか(意味を持つのか)といったお話。1小節目の「レ・ファ・ラ・ミ」はしっくり来るけど、2小節目の「ラ・レ・ファ・シ」は変?何故「ラ・レ・ファ・ラ」の方がしっくり来ますよね~~といったいきなり濃い~~感じ。子供たちがピアノで実際に音を出してましたよ。それから5小節目の転調についてなど・・・・・・

隣にいる先生にひそひそと補足説明を受けながら、聞いてました。
自分自身の個人レッスンの時にも先生から、「曲の終わりはただ楽譜どおり弾くだけではなく、聞いてる人が終わったって分かるように弾く事!」などと注意を受けていましたが、今回もそんなお話もありました。おぉ~~~、ちゃんとは分からないながらも、普段聞けないレッスンを受けて、とっても弾けるようになった気分

受講生は大先生からビシビシと質問を浴びておりました。大先生のバッハの無伴奏パルティータ第2番のアルマンドやパルティータも聴けました(隣にいた先生は体調が悪く・・・・重い~~って弱ってましたけど

さてさて、後半は大先生のコンサート。
先ほどのヘンデルのソナタ第4番、ヴィヴァルディの協奏曲ト短調。他にクライスラーの小品を何曲か。最後のアンコールはクライスラーの「プレリュードとアレグロ」。最近好きで良く聴いてる曲でした
クレイスラーって聴いてる分にはいいんですけど、ホント難しいですね。隣にいる先生が大先生の演奏を聴きながら笑ってました。転げる寸前って。いいのか?笑ってて(笑)

帰り際に大先生に来週の定期演奏会行きますってご挨拶してきました。
また、他の門下生の男性にもご挨拶しましたよ。先生が「私の生徒です。」って私を紹介したところ、「大きい生徒さんですね~。」って笑ってらっしゃいました。えぇ、でもバイオリン歴は1歳ですよ(笑)「見た目は貫禄ありますよね~。パールマンみたいな。」って・・・・私はどんなキャラですのん?
と挨拶を終え、先生と歩いて帰宅の途についたのでした。

帰り道の話。先生は大先生について指導を受けてるだけでなく、アシスタントのような仕事もしているので、明日は門下生の高校生の女の子のレッスンを自宅で行うとのこと。
くま「え?先生の自宅で?」
先生「そうですよ。女の子限定で。」
くま「・・・・・・・・・・・・・・・)」(私も~って、ここでマリさん風うるうる攻撃
先生「結構です
撃沈(笑)

え~~、音楽家の勉強会を垣間見る事が出来て、とっても楽しかったです。でも、緊張しまくるので、次はの~さんきゅ~(笑)
でも、先生と色々お話出来たし、先生がレッスンを受けてる大先生や環境が分かって面白かったです。

将来こういった曲に挑めるようになりたいし、その時までには音楽性のかけらでも持ち合わせていたいもんです。
2008年10月18日 (土) | 編集 |
明日は再びレッスン。
ミュート付けながらだと、変ロ長調の練習楽しくないのでちょこっとだけ。
あとは「マジャールの踊り」と「メヌエット第3番」を少し。

「マジャールの踊り」はちょっと飽きてきたかも・・・・
録音アップ出来るとこまで来てないけど、飽きた・・・・
少し寝かせたら、いつの間にか少し良くなるハズ!!
(って、決めるの先生だから

「メヌエット第3番」はようやく指が動くようになってきました。
でも、音は外すし、汚いしで散々です。
しかも、私はD線の「ソ」の音苦手なんです。
音はよく外すし、偶々当たってても、しっかり押さえられてないのか音がかすれます・・・・
明日弾くのかなぁ~。ちょっとドキドキです。


今日、会社の人に声をかけられました。
「先月ぐらいにデートしてるの見たよ。」って。

で・デート??!

つい、「え?誰とですか??」って聞き返しちゃいましたよ。
心当たりないのに(笑)

日曜日にバイオリン抱えて、女性と歩いていたって。

ん?先生とか??と思ったけど、そだ花花さんとでした。
ブログの事は隠して、バイオリンの練習会やってるんですよ~って答えたんだけど、信じて貰えたのかな~~

狭い街なので、ホントよく目撃情報ありますよ。

みなさんも気をつけて下さいね私だけか(笑)
2008年10月17日 (金) | 編集 |
先日はみなさまありがとうございました。
お返事をここまで溜めた事なかったのでもう2時半
何故眠くならない、自分?!

おかげで?昨日はひっそりと第5回カラオケ練習をやってきました。
段々慣れてきますね。2時間弾きまくってました。
でも、途中で1度覗かれてました。やっぱりちょっと恥ずかしい

今日は、フルフルさんのブログに触発されて、篠崎先生の「サード・ポジション」の教本買ってきちゃいました

練習がぎっしりこれはやりがいありますね。いきなりポジション移動!って考えてたんですけど、まずは3ポジの指の形を覚えるのが先ですね。

それと、この教本の面白いところ。
2ポジのページの見出しが・・・・「第三の位置を先に練習しなさい。」ですよ(笑)

3ポジは教本の先頭。2ポジは一番最後。マジメに最初からコツコツやって来た人に対して、語りかけるセリフじゃないですよね~~
明らかに私のようにパラパラっとページをめくって辿り着いた不届き者への一言
さすが、篠崎先生(笑)
2008年10月15日 (水) | 編集 |
バイオリンを始めて1年数ヶ月。
習い始めた頃に比べれば少しは弾けるようになったかな。

でも、周りの方々のレッスンの話を読ませて頂いて思うことがひとつ

進みが遅い!!

ま、遅いのはいいんです。
じっくりやってるって事で。

でも、たまには背伸びしたいじゃないですか。
ヴィブラ~トとかポジション移動とか・・・・

けど、勝手にやって変なクセ付いてもイヤだし。レッスンでやりたいって言ったら血の雨が降るし・・・・

そんな私に、ウィットナー教授に続く、新たな講師が

こちらです→深山先生


コレ買ったのいつだろう・・・・
だいぶ前だった気が。
高いし、見ないだろうって言い聞かせて避けてたのにいつの間にか買ってました(笑)
でネタにしようって思ってたのに、見てなかった

基礎編と応用編の2枚組。
基礎編だけ見てたのかな。
今回は応用編見ました。

ヴィブラートや3ポジの取り方など、結構分かりやすかったです。
夜中なのに、ごそごそバイオリン取り出して触ってました。

で、今日試してみましたけど・・・・・出来ん(笑)
特にヴィブラートは全くダメ!
ポジション移動は・・・・・頑張ってコソ練してみようかな。
両先生ともにヴィブラートはまだ早い!って仰ってる(自分でも出来る気しない)のでポジション移動だけ。

独学で出来るポジション移動(3ポジ)の教則本とかありますか?
オススメがあったら教えてもらえると嬉しいです。

近いうちに先生に聞いてそうだけど
2008年10月14日 (火) | 編集 |
今日もまたおも~い話です。
それでもって方だけ、読んでやって下さい。
[続きを読む...]
2008年10月13日 (月) | 編集 |
2週間ぶりのグループレッスン。
ももさんお休みの為、前回と同じくKさんと2人のレッスン。

レッスン前の雑談は小学生が携帯を持ってる話。
世の中物騒な為、帰宅をすると仕事をしているKさんにメールで連絡するそうです。
ふむ~、私なんて社会人になってからですよ、携帯。
先生は高校の時はポケベルを打つ為、公衆電話に並んだそうな。時代ですねぇ。

さて、今週のレッスン。

・レッスン2 ニ長調のスケール
・レッスン2 エクササイズ6・7
・レッスン5 エクササイズ2
とスラーの練習の後、

・アメイジング・グレース
3連符がぎこちなく・・・・歌えないなぁ。

その後は、
・レッスン6 ト長調のスケール
・レッスン6 エクササイズ3

・ユダスマカベウス
好きなパート弾いていいと言われたのでVn.2を弾きました。録音アップしないので、言えるけどまぁいい音出してたかな(笑)

ここで、30分終了。今日もKさん退出。


事前に1人になると分かっていたら、レッスンつけてもらう心の準備が出来るのですが、また突然ひとり・・・どうする、オレ

と悩む間もなく、先生からこれ弾いてみてと楽譜を。
ん??ととりあえず弾いてみる。

・ふるさと
・虹のかなたに

ふるさとは、う~さ~ぎ~お~いしってヤツですね。虹のかなたにはレパートリー集のヘ長調ではなくニ長調だったかな?(忘れました
これは何?って思ったら、来年の発表会でやる曲を考えてるそうです。どっちも合奏みたい。虹のかなたには、苦手だなぁ~。
ま、みんな揃ったら考えるってことで。でも、みんな出るのでしょうか?そっちが問題な気が(笑)

その後は、新しいテキスト見せて頂きました。
(テキスト知ってる人だけ分かる話
黄色い本から曲がなくなって、黄色い本に載ってる曲(よろこびの歌とかメヌエットなど)がレパートリー集に入ります。で、レパートリー集はというと・・・あんなり目新しい曲ない気が先生曰く、難易度順に並ぶようになったので使い易いそうです。CD必要でなければ、いらないかも。

おしゃべりをして、余った時間で何故か先生の演奏会。
今回はちゃんと録音もさせて頂きました(演奏録られるイヤ~って言ってた先生、ありがと~)

曲は、
・ブラームス 「ワルツ」
・ヘンデル 「ブーレ」
・シューマン 「ニ人のてき弾兵」
・バッハ 「ガヴォット」(真っ赤だな~)

主に、私のコソ練曲。鈴木の2巻からですね。
ビブラート無しで弾く?って聴かれた(習ってない生徒にはかけずに演奏するみたい。模範ってことかな?)けど、勿論アリでお願いしました。

はぁ~、どれも良かったですよ私のi-Podに早速入れさせて頂きました(笑)
練習して、機会があったら一緒に弾いてもらおうっと。
2008年10月11日 (土) | 編集 |
今日は、Yちゃん(前の時間のレッスンの女の子)のレッスンのラストを見学。
私と同じく変ロ長調の練習でした。おぉ、一緒です
今日は久しぶりにYちゃんのお母さんも一緒。自宅でのレッスンに苦労されてるようで、先生に一生懸命ポイントを聞かれてました。いっつも熱心で、感心してます。

さて、私のレッスンは

まずハ長調の音階。
・・・・・・・出だしのG線のシの音がどっちか忘れる。弾いてみてもな~んか怪しい感じ。先生にもハ長調忘れるとは・・・・って軽くショック与えてしまいました

その後のヘ長調、ニ短調はまぁなんとか。ヘ長調とニ短調キライ(苦手?)じゃないかも。

そして、36番「マジャールの踊り」
今回は前回よりは大きく思いっきり弾けました
雑音とか音を外すとかも30%程増量しましたけど(笑)

マジャールの踊りその2

でも、Trioの出だしの2小節の部分、もっと重々しくとの注意。前回のレッスンで弓元で弾くように言われましたが、それだけではなかったんですね。3・4小節目との雰囲気の違いを出すように弾かないとです。
で、また来週。

そして、変ロ長調の練習。

変ロ長調02

最初の音階練習弾いた時点で速い!と注意が。
普段はゆっくり弾いてると速くって言われる事が多いのですが、逆でした。
勢いでちゃ~っと弾いちゃわないように、一音ずつ弾くようにとのこと。

その注意を受けて、38・39番。
38番は、次の音を準備しておくようにと。最初の「シ・レ・ド・ミ」の場合、ドを弾いてる時にミを押さえておくという事です。これは出来たかな。音程は怪しいけど、ゆっくり丁寧に弾いて指を覚えさせないと。

39番は、自宅でも結構弾けたので自信あったのですが、全弓との注意がありました。1の指なら2弦同時押さえも出来るようになってたのが嬉しかったですね。

40番は、6度の音を同時に押さえる事って、弾いた後に言われました・・・・
ひとつずつでもちゃんと音を押さえられなくて苦労してるのに、同時とは
先に高い音をホイって置いたら注意されました。高い方から押さえたら音ずれるって。そりゃそうですね~~

え~、今回は次週に全部持ち越し。ま、大事なとこですし、今週も頑張ります。


で、最後に「合奏譜は?」って質問が。
「もらってないですよ?」って答えたら、先生との合奏の楽譜が

先生のお父さんの手書き楽譜と先生の手書き楽譜。お父さんのいい感じですよ~

曲は、
・バッハ「メヌエット第3番」
・ヘンデル「ブーレ」
・フォスター「故郷の人々(スワニー河)」

コソ練の曲が2曲も(笑)まさか、このブログ読まれてる?恐るべし、先生。

で、ちょこっと弾いてみましょうって事で、「メヌエット第3番」。

コソ練がバレる!名古屋オフで弾いた話したかな~~~。いや、言ってないはず。ならここでサラっと弾いたら怪しまれる。ちょっと下手っぴに弾いとく?う~、どうするオレ。(心の声0.1秒

ガシガシガシ
ふぅ、乗り切ったぜ・・・・

って事もなく、ふつ~に弾けませんでした(笑)

でも、コレからは大手を振って練習出来ます。頑張ろうっと。
[続きを読む...]
2008年10月11日 (土) | 編集 |
ご存知かと思いますが、私は個人レッスンとグループレッスンの掛け持ちしてます。先生の指導とかについて、ちょこっとご紹介。

・教室について

主にお子さんが多い教室です。HPで事前に調べた時も、大人平気かな?って思って恐る恐る尋ねたぐらい。下は3歳から上は私よりも上の方々まで結構幅広い感じです。
使用している教材は「新しいバイオリン教本」。これは生徒の希望によって対応可みたいです。
先生の教室はお父さんの頃から続いてるので、2代目?

・指導について

教え方については一貫したものを持っているなぁ~って感じがします。そうでないと小さい子を教えるのって難しいんでしょうね。
比較的基礎重視ですけど、音程とかはうるさくないかなぁ。でも左手でトンネルを作ることには厳しくて、「キラキラ星」は最初の4ヶ月ぐらいレッスンの半分ぐらいの時間割いてやってました。おかげでトンネルは苦労せず作れるようになりました。

それと、大人でもじっくり指導派?
大人からだと子供と違って頭でも理解出来るから、サァーっと曲を進める事出来ますよね。私の先生はそのやり方がお嫌いみたい。なので(なのでか?笑)、私のレッスンも比較的のんびり進みます。私も一応大人なので、つい人と比較したくなってしまうのですが、こんな感じの先生なので背伸びしてもダメかなぁって思ってます。ビブラートなんて3年は習わないことでしょう!(最初の頃に言われた気がします)

あと、自分から質問しなさい!ってタイプかな。黙ってたら結構あっさり進んでいきます。基本は自宅で練習してきて、疑問があればレッスンで尋ねるってスタイルでしょうか。待ってても手取り足取り教えてくれる事はないので、黙ってると物足りなくなるかも。この点は、人によって好き嫌いあるかも。前の時間帯のお母さんとかはホント先生に色々聞いてます。ノート付けたりとか。そうすると先生も熱心に教えてくれます!(私のレッスン時間遅れても!笑)
私は・・・・グループレッスンの先生の方が聞きやすいかな(笑)

・レッスンについて

レッスンは教本の影響もあると思いますが、基礎半分、曲半分といったところです。
新しい課題の曲は2、3週で1曲のペース。簡単な曲や先生があんまりやりたくない?やる必要のない?曲の時は1回で終わる事もあります。

課題の曲でも1回のレッスンで弾くのは2回ぐらい。1度弾いてみて注意を受けて、もう1回弾くといった感じでしょうか。かなりあっさりしてます。
他の方のブログを拝見していると、1回のレッスンで何度も弾きますよね。結構羨ましいんですよ。何度も弾いてるうちに、なんとなく出来てくる感じ、コツを掴むっていうんでしょうか、そんな感じありますよね。自宅で一人で弾いてるとなかなかそういう感覚得られなくて・・・・レッスンで掴めたらいいのになぁって思うことはあります。
その代わり、レッスンの中で以前に習った曲も毎回ランダムに弾くんですよね。これはこれでいい事だと思います。気が抜けないですから(笑)お子さんだと以前の曲ってキレイに忘れるそうです。なので復習はするとのこと。普段自宅で弾かない曲とか久しぶりに弾くと、あぁ少しは進歩したかな~って思うことも・・・・多分あります!

・先生について

私よりも○歳年上の元気なお母さん!って感じです。
私が息子だったら・・・・コワイ母ちゃんって感じかな。レッスンでも結構厳しいです。
バイオリンだけでなく躾にも厳しいので、行儀の悪い子がいると、親御さんとも衝突?もあったとか・・・芯が通ってます。
私も、先生に「この曲の調号は?」と聞かれたときに、「ファとドに#」答えて、「ファとドに#です」と答えるように注意を受ける事しばしば

かといって、怖くて行きたいない~って感じではないんですよ。気さくな感じなのでおしゃべりの時間もいっぱい。ホントよく話されます。無口な先生よりはいいかな~って思いますけど、レッスン30分、おしゃべり50分って事もたま~に。私は茶飲み友達?って事も。


なんか取り留めないですけど、長い事看板背負って個人教室をされてるだけの事はあって(何故こんなに上から目線?)指導については、先生について行けば大丈夫!って思ってます。ここだけの話、個人レッスンとグループレッスンのどちらか一方を選ぶとしたら、個人レッスンですね。
あっ、ちなみにグループレッスン受けてる事は先生には内緒なんです言ったら、「こっちに集中しなさい」って怒られそうで・・・コソ練も基本NGですからね。オフ会の話は思い切ってしてみましたけど、予想外?に受け入れてもらえました。

何にせよ、上達して先生に恩返ししたいなぁ
2008年10月10日 (金) | 編集 |
シリーズ化?した訳ではないのですが、本日もカラオケで練習2時間。先ほど帰宅しました。
今回は、晩ご飯もカラオケで。どんどん日常化していくのでしょうか。

ここ2日弾いていなかったので、今日は基礎1時間、曲1時間といった感じ。
前半は音階練習と変ロ長調の練習。
6度の練習は音をきちんと取る以前に、バッハの無伴奏か?ってぐらいに隣の弦弾いてました

後半は、今週末のレッスンで3回目の36番「マジャールの踊り」。
カラオケに行く前に聴いていた、プロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第2番の影響か?、いつもより思いっきり弾けたかな~

で、気付いた事。
最近キレイな音をって気にしすぎていたかなぁと。確かにキレイな音で弾けるに越したこと無いけれども、それよりもフォルテはフォルテで、また思い切って弓を使って弾く事が大切かなって。(もちろん曲によっては当てはまらないものもありますが)

先週と今の状態とどっちがいいのか分からないけど、今週は思いっきり弾く!でレッスンに臨もうかと思います。

その後、グループレッスンでやるかもしれないバッハの「メヌエット第3番」。全然弾けなくなってる・・・・名古屋で弾いた時も一夜漬け状態でその後あんまり弾いてなかったから当然と言えば当然ですが、ここまでかぁと。合奏楽しむ前にまずある程度は弾けるようにならないとです。

あまりに弾けないので「メヌエット第2番」を弾いてみる。おぉ、こっちのが弾ける
出だしの部分、ト長調のアルペジオですもんね。バタバタ感減ったかな。3番と併せて練習しようかなと思いました。

ブラームスの「ワルツ」とヘンデルの「ブーレ」は時間切れ。なんか、コソ練の曲増えてない??
2008年10月07日 (火) | 編集 |
今週はクラシックのオススメ番組がいっぱいです。

昨日からですが、5夜連続でメトロポリタン歌劇場のオペラがBShiで夜8時から放映中。
6日 ロッシーニの「セビリアの理髪師」
7日グノーの「ロミオとジュリエット」
8日 ヴェルディの「マクベス」
9日 フンバーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」
10日 ドニゼッティの「連隊の娘」
です。

もう終わってしまったのもありますが、期待は10日の「連隊の娘」でしょうか。
ナタリー・デセイと私の好きなファン・ディエゴ・フローレスが出演です。

「連隊の娘」といえば亡きパバロッティが一躍名を馳せたオペラです。
ハイC(とっても高い音・笑)が連続する歌があるんですよね。いやいや、素晴らしい。CDでは聴いたことありますが、実際にオペラの中で聴けるのが楽しみです
ファン・ディエゴ・フローレスは6日の「セビリアの理髪師」にも出ていて、これは先日既に観てました。いい声ですよ。シュッとしてるし。

あとは、今日やってる「ロミオとジュリエット」かな。
「ロミオとジュリエット」といえば、ディカプリオじゃなくて、私はオリビア・ハッセー派です!(幾つやねん
っていう映画の話じゃなくて、オペラでは、アンナ・ネトレプコ。彼女も好きです!
つい最近まではオペラって全く興味なかったんですね、実は。一気にハマったのがザルツブルクの彼女の「フィガロの結婚」観た時からなんですね。今までのオペラのイメージっていうと、恰幅のいいおじさんとおばさんが歌ってるっていうイメージ強かったので。あぁ、こんなキレイな人が歌うならずっと観ていられるって(笑)
彼女はこれから(もう?)産休なので、これからどうなるのかな~。とちょっと不安。今でも既にかなり丸くなってますからね。

ってことで、あと3日。まだ観た事ない~って方、ちょっと長いですけど、秋の夜長に良かったら観て下さいね

それと、今週金曜日19時(10日)から、BSジャパンでバイオリンの番組の再放送がありますね。バイオリニストの川久保賜紀さんがクレモナを訪れる内容です。そこで日本人製作者の菊田さんたちとお会いする話です。バイオリン製作者のコンクールの状況なども見れて楽しいですよ。

じゃあ、録画してるオペラ観よっかな~。寝ちゃうと思いますけど。



2008年10月07日 (火) | 編集 |
今日の練習は30分ほど。
この時期はご近所さんたち窓を開けてるので、気になるんですよね~。
私は音楽聴くので、基本閉めっぱなし。暑いです・・・

なので、今晩は変ロ長調の練習メイン。
音階やって、3度と6度の練習(って呼び方でいいのかな?)。
ザ・基礎練って中にも何故か重音弾かせようとするし(笑)

↓これ
変ロ長調

3度の練習は今までもちょこちょこやってましたが、6度は・・・・いや~薬指つりそうです

ボウイングの際にこねくり回して右手首が痛くなる事はありましたが、左手痛い・・・・手首だけじゃなくてなんか腕全体が。

無理せず、少しずつやりましょうね
2008年10月06日 (月) | 編集 |
先日練習室を借りた時に、グランドピアノがあったのでちょこっと触ってみました。

ピアノはむか~しは実家に貰い物のアップライトがあったんですけどね。
別にレッスン通う事もなく遊びで音鳴らしてただけ。
ちゃんとやっとけばなぁ~って、昔は野球ばっかりやってて、音楽とか全然興味なかったですけどね。

唯一の弾けた曲?「猫ふんじゃった」も忘れてます
で、何を弾くでもなく音鳴らしてたんですけど、ここで疑問。

片手でどこまで音が出せるもの??
私の好きなラフマニノフは12度っていいますよね。
ちなみに私は左手が9度、右手が8度。う~、全然です。でも左手の方が開くのはバイオリンの成果でしょうか

バイオリンって夜遅く練習出来ないから、電子ピアノあったら、練習出来るかな。
それなら練習時間被らないし。
でも、ピアノも全くやった事ないし、バイオリンもピアノも一からなんて無謀かな。
第一、電子ピアノ置く場所ないやん(笑)

そうだ、新しく出るサイレントバイオリン買うか!え?
2008年10月04日 (土) | 編集 |
今日は珍しくすぐにレッスン開始。

ハ長調・ヘ長調・ニ短調の音階練習後にいきなり

・36番「マジャールの踊り」
自宅で練習している時より遅めのテンポで弾いてみる。相変わらずE線の3・4の指は離れ気味だけど、そこそこ弾けたかなぁと思いながら弾き終える!
でも・・・・
先生「なんで、そんなにチマチマ弾くの?」
くま「が~ん
確かに自宅では弓遣いを小さくして弾いたりもしたけど、出ちゃったかなぁ・・・・

先生曰く、「子供と違って大人は進みが速いから、ちょこちょこっと練習して弾けるようになっちゃうんだよね」って。ビックリする進み具合で曲が弾けるようになるけど、薄っぺらいと。そうならないように弾きこまないとねとのこと。
うぅ結構弾いたつもりなんだけどなぁ。足りない?こりゃ時間足りないですよ・・・

あっ、大事な注意を忘れたので追加(自分の為!)

マジャールの踊りその2
トリオの部分。
最初の2小節は元弓を使い、次の2小節は先弓を使う。後半もその繰り返し。
最初の2小節は低弦で男性の踊りを、次の2小節は女性の軽やかな踊りをイメージしてとのこと。ほわ~、今までそんな事考えた事なかったです。注意を受けて弾いてみましたけど、難しい。特に女性の踊りの部分って言われたところは弾くのに精一杯ので弓の位置とか軽やかな感じにするには程遠い感じ。

って、ことで次回に持ち越し。

他は先生と一緒に弾きました。
・2巻9番 テレマンの「メヌエット」
・1巻48番 「別れ」
・1巻36番 「メリーさんの羊変奏曲」

テレマンのメヌエットは、後半走っちゃいました。「メリーさんの羊変奏曲」はダウンから、アップから、2音スラー、4音スラーと4パターンで弾きました。この曲、移弦とボウイングの練習になります。4音スラーの時は肘がグリングリン回っちゃって・・・これも暫く練習ですね。

最後は、変ロ長調。フラット2つです。E線の0の開放弦が使えなくなりました
開放弦が使えなくなるなんて、まだまだ先の話~って思っていたのに、とうとうこの時が・・・
3と4の指くっつけるの苦手(得意なのないですけど・・・)なので苦労しそうです。

宿題が一気に37番から40番まで。曲はないけど、3度とか6度の音をきちんと出すこと?が練習みたい。(レッスンで先生の説明聞いたんですが、???って感じだったので・・・)

頑張るです
[続きを読む...]
2008年10月02日 (木) | 編集 |
最近、急に気になりだしました。
やっぱりいいなぁ

↓この人、金聖響(笑)



オーケストラ・アンサンブル金沢との演奏が有名ですね。
私が持っているのは、ブラームスの1番と3番です。
ブラ1って何枚持ってるんだろうなぁ。ま、持っているといってもマニアの方々のように十何枚とかは持ってないですよ(汗)

先週、金さんを初めて生で聴いてきました。音楽よりも、指揮姿ずっと見てました1階の前の方だと後ろ姿になってしまうので、2階前方から。楽譜をめくる姿とかもバッチリです指揮者によって、指揮する姿って全然違うんですけど、彼はカッコいい流れるような手の動きとか惚れ惚れします。

あ、でも弾きやすいかどうかとかは全然分からないですよ
先生に話を聞くと、指揮者によってうまい棒(お菓子じゃないほう)使いあるみたいですからね。ぎこちない動きっていうのとは違うんでしょうけどね。私には分かりません・・・・
「指揮者によって変わるよね~」とかいつか言ってみたいですね。

さてさて、先日ご好評頂いた、宮本笑里ちゃんのようにCDを購入!っていう方は現れるか。いや、いない(笑)
2008年10月02日 (木) | 編集 |
深夜特急。沢木耕太郎さんが書いた本ですね。
昔読みましたね~。全然旅行しない人なんですけど(笑)

じゃなくて、今日は深夜特訓。
ちょっと病みつき状態の第3回カラオケ練習を行いました。

自宅から徒歩25分!(バスで6,7分)のシ○ックスへ。
事前に電話で問い合わせしたんだけど、対応いい~。
この前まで行ってたお店とは大違い。店内もキレイだし

今日は「新しいバイオリン教本2」「鈴木教本1」「グループレッスンの楽譜集」「やま印楽譜集」を持っていきました。

音階練習を30分やった後、録音しようかな~と思ったけど、隣の部屋がうるさい!!
カラオケってこんなもんなのかな。でもオフ会の時はこんなに隣の部屋の音気にならないんだけどなぁ。オフ会自体がうるさいから?

なので、今日はひたすら弾く

白本から「ドン・ジョバンニ」「マジャールの踊り」。グループレッスンから「ユダスマカベウス」「もみじ」「ゆうやけこやけ」。
鈴木からは「メヌエット第3番」「楽しき農夫」「ガヴォット」。やま印からは「カノン(ちょこっと)」「オンブラ・マイ・フ」「主よ人の望みの喜びよ」「FFのテーマ」など。

「メヌエット第3番」次のグループレッスンで始まるのかなと弾いてみるも・・・ひ・弾けん名古屋オフの為に一夜漬けで練習したっきり殆ど弾いてないしなぁ・・・・グループレッスンでやる事になったら、これは練習いっぱいしないとですね。

やま印の楽譜は初めて弾いた時よりは音符が追えるようになりました。(初見じゃないんだから当然?)ま、全然弾けないですけどね~~
やま印の今日弾いた曲の中では「オンブラ・マイ・フ」が一番弾けるので楽しいんですが、「主よ人の望みの喜びよ」が今一番弾けるようになりたい曲かな。途中高い音が出てくるとこがよくわからなくなります・・・レッスンの時にちょこっと聞いてみようっと。

とあれこれ弾いてたら2時間ってあっという間ですね。

あ~~、今週末レッスンの「マジャールの踊り」殆ど弾いてないし

夜遅くにバイオリン弾くのは思ったより平気でしたけど、身体が興奮?してるからか、こりゃ寝れないですね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。