2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月23日 (火) | 編集 |
今日は九州最終日。
荷物は昨日運び出し済みだったので、昨日はホテル暮らし。
今日は退去の立ち会いのみでした。

朝からがら~んとした部屋でぽつんとひとり。
業者さんが来るまでの間、暇だったので、調弦がてらバイオリン鳴らしてみました。

ひや~、音響きます
家具もカーテンもない状態だとこんなに響くんですね。
面白かったですよ。引っ越しの際は是非試してみてください!

そして、午後から東京へ移動。
この1年半、バイオリンを携えてのプライベートの移動は飛行機ではなく、新幹線でした(笑)
初めてバイオリンを持っての飛行機。

巷で聞く話ですが、最近は機内への楽器の持ち込みが厳しいとのこと。
厳密にいくと、バイオリンは貨物室へ預けるか、正規料金の半額を出してもう1席確保しなければならないようです。
しか~し、そんなお金もなければ、貨物室に預けるなんて事も出来ないわけで・・・・

そこで、取った作戦がうるうる攻撃!な訳もなく・・・

旅行の達人、ゆいさんに持ち込み方法を教わり、いざ勝負!!


結果は・・・・・・

不戦勝?(笑)

楽器について全く何も言われず、あっけなく着席。
平日の昼間の便で空いていたから?私に隠れてバイオリン見えなかったから?
次からどうしましょう~?謎のままです。

さて、明日は朝から荷物の運び込み。
ネット無しの生活が始まります。
それでは、おやすみなさい
スポンサーサイト
2008年12月21日 (日) | 編集 |
とうとう明日引越しです。
明日の朝8時半に引越業者が来るのに、何故まだPC出てる?!
って感じです(笑)

明日(21日)に荷物を運び出して、23日に運び入れなのですが、退去の立会いが22日21日は何も無い自宅で余ったダンボールにくるまって室内ホームレス?

先週のグループレッスンの記事もアップ出来ていない状況なのですが、新居でのネット開通は場合によっては年明けになるかも・・・・

他の方々の所にもなかなか遊びに行けなくてごめんなさい落ち着いたら遊びに行かせて頂きますので、忘れないで下さいね~

これからもバイオリン・クラシック関係の記事を中心にアップにしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします
では、また~
2008年12月18日 (木) | 編集 |
先週土曜日の個人レッスンのお話。

前のレッスンの女の子(小学3年生)に転勤の挨拶?しました。最後って伝わったかな?ま、気にもしてないでしょうけど。この子最近一人で来てるので、お母さんには挨拶出来ず終い。お母さんのチェロを一度聴きたかったですね~

さて、1週間全くバイオリンを弾かないままレッスンに行ったので、レッスン前に正直に申告。
先生意外そうなお顔でした。確かにそこまで弾かないのは初めてですね。でも、さすがに弾く時間なかったです・・・・

教本が手元にないので、レッスン内容は簡略版。
教本1・2巻の中から今後もちゃんと練習しておくようにっていうポイントを復習という形でおさらいしました。音階・移弦の練習などなど。

親がいつまで立っても子供が可愛いように、他所に行っても生徒は可愛いもんって思ってもらえてるのかな?なんか世話焼き先生の思いが伝わってくるレッスンでした。

弓を持つ手もぎこちないぐらいの状態だったので、最後に満足のいく演奏は出来なかったけど、とても温かいレッスンを受けられました。

最後はしんみりする事もなく、また次回来るね!ってぐらい、さっぱりとお別れ。「またこちらに来る時にはバイオリン持って弾きに来ますね!」ってご挨拶。

生まれたての赤ん坊状態からハイハイ状態までは成長したかな?
ここまで導いて下さった先生には感謝です。
最初の先生はホントにこれからずっと覚えているんでしょうね。
先生、いつか成長した私と合奏して下さいね
ありがとうございました。

ん?血も出てないし、玄界灘で散らなかったですね(笑)
1年半の個人レッスン、最後は私と先生の関係らしく、さっぱりにこやかに終わりましたよ

                               おしまい
2008年12月15日 (月) | 編集 |
今日は実家からの出勤。
最寄り駅について、ホームに上ります。
しばらく先が人が少ないなぁっと、前の人を後ろを何も考えずについていくと・・・・・
女性専用車両!

うほっ、初めて見ました。(え?昔からあります?)4年は電車乗ってなかったですからね。
いけるかな?いや無理!(0.3秒)

手前の混んでるおっさん車両に乗りました。隣の車両空いてていいなぁ・・・・

(仕事は省略!)

午後からは、部屋探し。
事前に目星をつけていた物件3軒をお姉さんの運転で見て回りました。
家探すのって案外嫌いじゃないです。事前に間取りを見て、想像します。実際の物件が予想と違うと、おぉ!って驚きがありますよね。
最後に見た第1候補の物件が、不満もなくすんなり決定!よかった、よかった。
とっても大通りに面した、鉄筋コンクリート造のマンションなので、バイオリンへの不満は今のマンションよりもないでしょう。楽器も不可じゃなかったし。バイオリン弾いてやる~


さて、住まいを決めたところで本日の勤務(働いてないけど)終了~
時間があったので、実家そばの大手楽器店の音楽教室に行ってみました。

1.毎週決まった曜日に受けられるコース
2.予約を入れて月に何度レッスンを受けても定額コース

1は一般的なレッスンですね。
今後の職場は土日も月1日程度は出勤もあるし、クラシックのコンサートは土日に行く事になるでしょうから、2のコースも捨てがたい。時間があれば土日ともレッスン受けれるし。
でも、2のコースは値段が倍近い。予約が取れなかったら、かなり割高ですしね。
ちなみに、2のコースの担当先生がちょうどいらっしゃいました。うん、厳しく教えてくれそうな先生だ(笑)
実家からは徒歩2分、新居からバスで通えるし、体験レッスン受けてみようかな。

定額で予約制のレッスン受けてる方いらっしゃったら、レッスンの予約具合とかよかったら体験談を教えて下さいな!


バイオリンの先生探しは、記録として残していこうと思います。すぐ目的地に着くのか、それとも果てしない旅になるのか・・・・
みなさんの体験談も教えて頂けたらなと思います。今、実際に探してる方も是非教えて下さいね。
テーマ:バイオリン
ジャンル:音楽
2008年12月15日 (月) | 編集 |
日が変わる前になんとか実家に辿り着きました。

昼間は晴れてたのに、出かけるときには雨。空港につく頃には大雨でした。
けど、後輩に空港まで車で送ってもらったので、濡れる事もなく楽チンでした。さんきゅ~~

うん、空港からもちゃんと電車に乗れた(笑)
明日からは5年ぶりに電車通勤です。ちゃんと会社にたどり着けるかな~
都会の荒波に揉まれるんでしょうか?

中学の時から20年近く満員電車に乗っていたのに、満員電車には慣れないし、慣れたくないですね。しかも、地下鉄だと携帯使えないからつまんない。また、読書の量が増えるかな。

明日から新しい職場(っていっても、半分出戻りみたいなもんだけど)で勤務。まぁ、緊張とかはしないけど、気は引き締まりますね。
でも、それより家探させてくれ~~~~
2008年12月14日 (日) | 編集 |
え~、紛らわしいですが、先週のレッスン記録です。

(前回までのあらすじ)
金曜日の夕方、突然転勤の辞令を受けたくま!
東京に帰るのは勿論嬉しいけど、バイオリンのレッスンが・・・・
個人レッスンの先生に転勤の報告をしたくまは、次のグループレッスンに向ったのでありました。


さて、到着早々受付のお姉さんに転勤の挨拶をしたら、やっぱりビックリされてました。
転勤までの期間が短い事に更にビックリ。ですよね~、もっとゆっくり挨拶する時間が欲しい。
もう1人の受付の方からは、「今度一緒に発表会に出られると思っていたのに。」とお声をかけて頂きました。そうだ・・・先生との二重奏で出たかったなぁ・・・・

レッスン前だったので、部屋を借りて練習の後、レッスン室へ。

先生に挨拶しようとしたら、受付の人が退会届の写し渡してるし
先生もう知ってるやんっ

東京で新しく先生探さないと・・・・って話をしたら、個人レッスンの先生同様、「東京なら先生いっぱいいますよ。」って。先生に代わる先生なんて、そうそういませんよ~(くま、魂の叫び)

他色々話してたら、Kさん登場。ももさんはお休みなんですよね~(なので、メールで挨拶しときました)

さてさて、レッスンはふつうに。
・イ長調音階
・レッスン5 エクササイズ2
・モーツァルト:ソナタ イ長調
スラーの特訓?が続いてます。以前に比べたらスラー気にならなくなってきましたけど、移弦の時は意識しちゃいますね。まだまだ移弦がダメ!ってことでしょう。

お次は新曲、「きよしこの夜」
この時期、バイオリン初級者はこの曲は、みんな弾くもの?
「新しいバイオリン教本2」にも載ってるので、先日ちょこっとだけ弾きました。
でも、調違ったら全然違いますね。白本はヘ長調だったので、今回のニ長調の方が簡単!
しかも、Vn.2もあって合奏出来ます

きよしこの夜

セカンド弾いてたのですが、レコーダー近いし、音大きくなりすぎるかなと控えめにしてたら、録音では全然聞こえてこないし

最後に5分時間が余ったので、レッスン7のエクササイズ3。
初めてやりました。3の指を弦の上でずらすのって難しいですね。
[続きを読む...]
2008年12月11日 (木) | 編集 |
はうぅ
眠いけど、寝られない

やっとダンボールを引越し業者から受け取り、荷物詰め込み中。
CDだけでダンボール8箱って何?

今日、引越し業者の担当者が私の部屋を見て、ダンボール50箱置いていきました。
私の部屋、ワンルームですよ(笑)

いらない物捨てる時間もないし、新居に持っていってから捨てようと思うと、結局捨てず終いになるんですよね。

それにしても、東京の家賃って高いですね。
ちなみに今の自宅の家賃56千円。広さは30㎡ちょいかな。安いでしょ!
場所によるけど、東京でこの部屋借りたら倍近くはするんじゃないかな。

え~い、もう寝てやる~~(涙)
2008年12月10日 (水) | 編集 |
コンサートに行ってきたよ(笑)

仕事も引越しの準備も全くはかどらない中、通い慣れたコンサートホールでの最後のコンサート。

ワレリー・ゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団
オールプロコフィエフプロ。

交響曲第1番 ニ長調 「古典」
交響曲第7番 嬰ハ短調
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」
(アンコール)
歌劇「3つのオレンジへの恋」より行進曲

席は2階の右サイド席。演奏中も指揮者が良く見える特等席です。
昨年はミュンヘンフィルに浮気をしてしまったので、初めてのゲルギエフ。
カッコいいですね~、存在感たっぷりです。

オケの配置は対向配置。
観客席から見て、左に第1バイオリン、右に第2バイオリンという並びです。
左から第1バイオリン、チェロ、ビオラ、第2バイオリン。
コントラバスがチェロの後ろ(左後方)という並びです。
チェロとコントラバスの音がまっすぐこちらに向って飛んできます。

曲順は予想外。
ロメオが最初と思いきや、第1番の「古典交響曲」から。
出だしから軽快な音楽がテンポよく流れ出します。
うわぁ、ロンドン響いい!
ゲルギエフ&ロンドン響は、プロコフィエフの交響曲全集や今録音中のマーラーも持っておりいいのは分かっていましたが、良くまとまってると思います。

そして、第7番やロメオとジュリエットでも思ったのですが、やっぱり一流どころは金管が素晴らしい。フォルテの部分でも一気に最大の音に達するというんでしょうか、瞬発力と正確さが何とも言えません。

でも、やっぱり第1番良かったです。プロコフィエフの中では好きな曲なんですが、ピチカートがどの楽器もみな可愛い感じ。聴いてて何だかニコ~ってなれる演奏でした。
最近では、マーラーでの快速テンポのイメージが強い両者の組み合わせですが、今夜の古典交響曲は今年の3本の指に入るぐらい好きかな

アンコールも、「3つのオレンジへの恋」から行進曲。コレも私の好きな曲。バイオリンでの演奏も良く聴きますよね。ロメオのラストからこの曲と金管大爆発でした

ゲルギエフ&ロンドン響共に大満足です。これからもマーラーの残りの録音も楽しみです。
ただ、注文をつけるとしたらプログラムかなぁ。「ロメオとジュリエット」は組曲第1番と第2番から抜粋の上、曲順もバラバラだったので、なんかまとまりないというか・・・・(ストーリー的にはちゃんと流れていたんですけどね)
1番は軽い感じの、7番は暗めな交響曲なのでラストには向いてないかもしれないけど・・・・

でも、ひとつひとつの演奏はとっても良かったですよ


ゲルギエフ音楽祭は来年が区切りなのな。
ソリストのリサイタル・若手指揮者のコンサート・ゲルギエフ指揮のコンサートと3つから成っているのですが、来年は聴けそうにありません

アホみたいにコンサートに通うようになってちょうど2年。大小合わせて50公演ぐらいは行ったでしょうか。殆どがこのホールでした。
2000席ない程よい大きさのホール。職場からも近く(徒歩10分)、平日でも気軽に仕事帰りに来ることが出来ました。今までコンサートホールにはあまり足を運ぶ事のなかった私を見事にハマらせてくれました。

そして、大好きになった九響。
小さな街なので、街中やこのホールでオケの方を見かけたりすることもしばしば。
日本のオケも捨てたもんじゃないなぁ~って認識させられました。

東京に戻ったら、コンサートは星の数ほどあります。以前どこかのコメントに書いたんですが、そうなると中々足を運ぶ事がなくなるんですよね。自分が聴きたい曲だけ聴くみたいな。こちらでは、普段聴かない曲にも出会えるいいきっかけになりました。
これからも、時間を作って色々とコンサートを聴きに行けたらいいなぁ。
東京近郊にお住まいの方、オススメのコンサートがあったら、お声をおかけ下さいね!!
2008年12月08日 (月) | 編集 |
前日に転勤の辞令を受けてのレッスン。
出発前から雪が吹雪いてましたよ。さむ~~

到着したら、前のレッスンの女の子が片付け中。ストーブにあたりながら、「寒くて指が動きませんね~」って言ったら、「また、すぐ言い訳する!」との一言。厳しい~~

レッスン前に転勤の報告を。
さすがに先生、ビックリされてました。12月15日着任っていうと、更にビックリ。
他の会社の事はよく知らないですが、銀行系って転勤までの時間短いんですよね。なぜなら、不正の証拠隠滅させない為!と以前に聞いた気がします。
1週間で隠滅せねば(笑)

レッスンは、
音階練習(ハ長調、ヘ長調、ニ短調、ト長調、ニ長調)
ハ長調がやっぱり苦手。今後もちゃんと練習するようにとのこと。
55番の音階練習のページに「イ短調、変ロ長調、ト短調、ホ短調、ロ短調」の文字が追加。これで計10個。今後はどれも練習するようにねとの事。
まさか、これ来週までの宿題じゃないですよね?

その後は、ハ長調、変ロ長調の練習をし、43番「ワニタ」へ。
「ワニタ(Juanita)」って「鰐太?」って聞いたところ、「鰐の男の子かい!曲のイメージと全然離れてるでしょ。」って突っ込みが。女の子の名前じゃないかな~って話でした。ジョアンナみたいな感じ?だそうで。これからは曲の雰囲気変わるなぁ、絶対。

その後は、44番「移弦の練習」を終え、宿題は45番「アリア」
宿題はあるのね・・・・

残った変ホ長調が終われば、当面の調性はひと通り習った事になるみたい。(白本2巻はその後は、曲ばかり)
今まで習った基礎の練習は今後もやるようにとのこと。分からない事があったら、いつでも連絡しておいでとの温かいお言葉を頂きました。

昨年の6月。突然思い立って体験レッスンを申し込み、即座に習う事を決め、その日のうちにバイオリンを買いに行ったのがつい最近の事のように思えます。
何の楽器の経験もない私に、一から教えて頂いた先生にはホントに感謝してます。
習い事とか苦手で不安だったのですが、先生のお人柄のおかげで気楽に楽しく通い続ける事が出来ました。
ありがとうございます。

次回が、最後のレッスン。
先生「最後は、血が出るまでレッスンするからね!」
どんなレッスンやねん

最終回予告「くま、玄界灘に散る!」
2008年12月06日 (土) | 編集 |
この度、九州連合からFAし、関東連合(ってどこにあるの?)に移籍する事になりました
[続きを読む...]
2008年12月04日 (木) | 編集 |
おかげさまで右肩は少し落ち着きました。
ご心配頂きありがとうございます。
とりあえず、今日は少し弾いたけど痛くない!!(弾いたんかいっ!)
痛みが引かなかったら、左利き用にバイオリンを改造して、チャップリン!とか思ったけど、必要なさそうです。

今日はちょこっと遊びで軽く弾いてみました。
曲はザイツの協奏曲第2番。
白本2巻の最後に全楽章載ってます。

先日、グループレッスンの先生に全楽章録音させてもらってから、2日に1回は聴いてます
ホントはちゃんと譜読みをして取り組まないとなぁって漠然と思っていたのですが、さすがにこんだけ聴いてたら覚えます。

なので、試しにちょこちょこと弾いてみたんですけど、思ったより弾けますね!!
自分でもビックリ。
勿論全然弾けない部分も山のようにあるし、ちゃんとレッスンで習って弾けるようになりたいなぁと、ザイツを目指して頑張ろうって気になりました。


で、今日、ふと考えたのは、「弾ける」っていうのはどこまでの基準を超えれば「弾ける」っていうんだろうってこと。

確かに色々な調を習ってきて、弾ける曲の範囲は広がったので、習ってない曲を遊びでちょこちょこ弾けば、なんとなく曲を弾けた気になります。
それはそれで楽しいんだけど、なんかそれが自分の目的じゃない気がする。

簡単な曲でも、キレイな音で弾けるようになりたい。
それが、今の一番強い思いかな。

でも、それってなかなか目に見えて良くなるもんじゃないし、色々な曲を弾けるようになるより大変で楽しくない道のりな気がする。

けど、来年はそれを意識して、やっていけたらいいなと思います。

誰か、キレイな音出せる、手っ取り早い練習方法あったら教えて下さい!
2008年12月02日 (火) | 編集 |
やっちまいました。

先週ぐらいから寝違えて右肩痛いかなぁって思っていたのですが、昨日になってバイオリン弾くと痛いぐらい。
なのに、昨日は午前中1時間、午後からおしゃべり交えて4時間バイオリン三昧。

今日になったら悪化しちゃいました

あ、四十肩じゃないですよ(笑)
普通に肩回したりとか背中で手を繋いだりとかは出来るんです。

何が出来ないかというと移弦の動き。
A線からD線に移弦する時の動きのみ痛いです・・・
筋痛めちゃったのかな。

何故、こんなに限定の痛み??(笑)
そんなに移弦の練習した覚えないんですけどね~~

って事で、今日は練習お休み。

寒くなってるし、みなさんバイオリン弾く前はウォーミングアップですよ!!

オフ会に召集がかかっても、出場辞退です(誰からもかかってないけどね・笑)
2008年12月02日 (火) | 編集 |
ついにこの日がやってきました。
そう、昨年に続き、ゲルギエフ音楽祭の始まりです。

ゲルギエフ音楽祭

ちなみに今日はお休み取っちゃいました。

お昼から花花さんと待ち合わせて、カラオケで練習。
4時間も弾いちゃいました。特に曲を仕上げるって事はなかったですけど、白本の曲とかも色々弾けて楽しかったです。白本仲間もっと集まれ~~(笑)

カラオケの後はCD見に行ったり。
買ったのは、これ
広響

何故か、広響(笑)指揮者の秋山さんが九響と広響の音楽アドバイザーって事で親近感持ってます私の好きなシェエラザードだし。


そして、いよいよ音楽祭へ。
今日は、ワディム・レーピンのヴァイオリン・リサイタル。

しか~~し、姉さん事件です
プログラムが変更になってました
今日一番楽しみにしていた、プロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第2番が第1番に変更・・・・
の~~ん!1人でいたら、泣いちゃってたよ

気を取り直して、会場へ。
会場は意外なほどに空席が目立ちました。何故?レーピンって最近人気ない?
普段年配の方が多いコンサート会場ですが、今日は若い人が多かったです。しかもバイオリンを背負った人もちらほら。

曲目は、
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ ト短調
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ヘ短調
ベートーベン:ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 「クロイツェル」

クロイツェル以外はあんまり聴かないかなぁ。
プロコフィエフは2番が好きなんです!!(←しつこい!)

でもね。良かったんですよ。
席は6列目の中央だったので、消え入りそうなバイオリンの弱音まで聴き取れました。
ドビュッシーとプロコフィエフは静かめな曲なので、後ろの方だと結構厳しい感じだったかも。

レーピンっていうとヴィルトゥオーゾ!ってイメージが強くて、見た目のごつさからゴリゴリ弾くって思ってましたけど、全然違いました。
私の大好きなヒラリー・ハーンのような澄んだ音色が!っていうのとはまた違った感じで、なんて言うのかな、優しい音色っていうのかな。弱音までふわっと聴こえてくるんです。
曲になると、情緒たっぷりって感じでしょうか。
今までのイメージ変わりましたよ。
クロイツェルとか、レーピンのCD(伴奏:アルゲリッチ)と比較したら諏訪内さんのCDの方が男らしい弾きっぷりだし。
昔のCDはあんまり聴いた事ないけど(取り寄せ中・笑)、恐らく今とは違う感じなのでしょうね。最新のブラームスのコンチェルトのCD共々聴くのが楽しみです。

演奏はというと、なんか左手の指全部繋がってるように見えました(笑)
ごついですね~~
でも、右手の小指はとってもふにふに(おんまるさん風)してました。
単純にダウンで弓から離れて、アップで添えて支えるとかって動きじゃなくて、軟体動物?のような言葉では言い表せない動きでしたよ。
弾き方は正統派って感じでしょうか。弓使いはキレイでしたね。

そして、伴奏のイタマール・ゴラン。
彼も忘れちゃいけやせん。
以前から好きなピアニストなんですが良かった。途中、レーピンじゃなくて彼見ちゃってましたよ。鍵盤は見えなかったのですが、手のタッチがいいんですよね。しかも、挨拶の時の笑顔が素敵


お客さんの入りは想像より少なかったんですが、バイオリン好きな方が多かったんでしょうね。いい雰囲気でした。
カーテンコールも3回。
アンコールも、ハンガリー舞曲やショタコーヴィチの「24の前奏曲」、チャイコフスキーの「ワルツ・スケルツォ」と3曲もありました。
ワルツ・スケルツォでは、今までのイメージ通りのレーピンのテクニックが見れました。最後の観客の拍手も「最後~~」っていうのが分かる気持ちいい感じでお開きとなりました。

彼は37歳。これから巨匠への風格を身に付けていきそうな感じです。
プロコフィエフの2番じゃなくて1番を選び、ドビュッシーを入れたところでも、奥深さを感じた気がします。

来週は、ゲルギエフとロンドン響。プロコフィエフ聴きに行きます
2008年12月01日 (月) | 編集 |
土曜日にグループレッスン仲間のももさんとバイオリン屋さんへ。
ま、私の弦交換はレッスンの時に終わってしまったんですけどね

お店に着くと小物を見ているももさんを発見。

で、奥に他のお客さんが。
バイオリン弾いてるんだけど、う・うまい~~~
こんなに弾けるお客さんがいると、バイオリン弾かせて下さいとは正直言いずらい。

でも、こんなにうまいバイオリンの音聴けるならいいや~って思っていたところ・・・・
ん?この人見たことある九響の人だ。

その人が帰られた後でお店の人に聞いたら、やっぱり九響の李さんでした。
あぁ~~、お話したかった~~
お店の方曰く、李さんは九響の中でも一番上手いですよとのこと。
近くで聴けて感動しました。

ももさんは小物を購入後、新しい弦を。
優しい音色ってことで、クラウンを購入。私も見たの初めてでした。セットでもかなりお得なお値段なので、良かったら一度試してみようかな。

私はというと今回は弦は購入せず。レッスンの時に先生に「次買うときは交換の直前に買った方がいいよ」と言われてましたので。今回替えたオブリは値上がり前の駆け込み購入だったので、今後は今まで通り交換の時に購入して、その場で替えてもらおうかなと思います。

オブリもビックリな価格に値上がりしてるので、次はラーセンにしようかなと考えてます。ラーセンは取り寄せになるので、事前にお店に言っておくこと(←半年後に覚えてるか?笑)

李さんの演奏を聴いたのと、いつものお兄さんが不在の為、今日は試奏は諦め、ももさんとカラオケへ。

1時間半いましけど、2人とも弦交換したばかりで四苦八苦。
ちょっと弾いては調弦って感じで、ゆっくり曲を弾くって感じじゃなかったですね。
でも、新しくなった弦の音って、

ちょ~気持ちいい

ももさんも久々に弦を替えて、やる気アップしてましたし。

ここ最近、弦の音が気に入らずに正直モチベーション下がってましたけど、またやる気出てきました。G線がまたいい音になって嬉しいです

今まで、半年に1回って思ってたけど、4ヶ月に1回ぐらいで替えようかなって思いました。早く弦の値段下がれ~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。