2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月30日 (金) | 編集 |
夜中に何故こんな記事・・・・
って自分でも思うけど、書かなきゃって悶々としちゃって(笑)

そう、悶々の原因はこの人!



ものまねのビューティーこくぶ
このモノマネサイコ~
CMに使っちゃう「た○た」の社長もスゴイけどね~~(笑)


で、ビックリなのが、このビューティーこくぶさん。
つい先日まで観てた韓国ドラマ「ムヒュル」でトジン役を演じてたんですね~~
めっちゃ2枚目でいい声です
ドラマ観た後にのモノマネ見たので、そりゃショック倍増(笑)

これからも目が離せません
スポンサーサイト
2009年10月28日 (水) | 編集 |
病気は突然やって来ました。
そう、クラシック病
治療法はクラシック音楽に浸ることのみ

ってことで、初めて当日券で乗りこんでみました。
場所は宗次ホール。名古屋での初コンサートです。

演奏者はこの方

吉田恭子リサイタル

吉田恭子さん。先日このブログでも紹介したバイオリニストです

曲目は、
前半に
モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ第24番ハ長調
サン=サーンス: ヴァイオリン・ソナタニ短調

後半に
イザイ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番ホ短調
ショーソン:詩曲
サラサーテ: 歌劇<魔笛>の主題による幻想曲

アンコールに
モンティ: チャールダーシュ
グラズノフ: 瞑想曲

宗次ホールは良かった!!どの席からも見やすそうだし、隣はでっかいおじさんだったけど、窮屈な感じなかったし。音もよかとね~
席も1、2階合わせて300席ほど。贅沢な感じですね~
休憩時間もなんかアットホームな感じ。スタッフの方の対応もグ~です。

吉田さんが自らマイクを手にとって、それぞれの曲の解説もあったり、いい感じです。他のホールでもやってるのかな??
宗次ホールのテーマが「くらしの中にクラシック」ってダジャレっぽいものなんですが、吉田さんは「暮らしっ苦」だそうで(笑)

さて、演奏はというと、
前半にソナタ2曲で重いかな?って思ったけど、モーツァルトには眠りに誘われ、サン=サーンスはちょっと大人しいかな?って思ったり。
でも、後半のイザイやショーソンではイメージ一転。お上品な演奏と思いきや、なかなか情感溢れて素晴らしい。低音部がグッと来ます。特にショーソンの出だしの音色はゾクゾクってなりました。
サラサーテの曲は初聴。魔笛の色んなメロディが登場して面白かった。パパゲーノの登場のテーマをバイオリンではこんな感じで弾くのか~ってとこや、ピアニストの人が突然トライアングルを嬉しそうに叩いたり

今回の演奏での注目点は右手首。柔らかく動いてたな~~。あんな風に動かせたらいいなぁ。そして、手首細っ。前の席のおばちゃんも言ってましたよ
それと、お顔。改めて生で吉田さん見て、T先生に似てるなぁって思いました。このチラシとかホント雰囲気似てるし。

演奏会後はサイン会もありました。
突然のコンサートだったので、手持ちのCD持っていかなかったし。でも、会場でいい感じのCD1枚買いましたヨ。近くでのお姿もおキレイでした

「私のバイオリンの先生にソックリでお顔に見入っちゃいましたよ~」(←もちろん心の声)
曲の感想を述べたら、可愛らしい返事でお礼を言って頂きましたが、何故に隣のスタッフさんのお礼の声の方がデカイ?(笑)

あ~、やっぱり生の演奏はステキですね
今日はお昼に名フィルの定期公演のチケット買ったし、これからクラシック生活in名古屋スタートです
[続きを読む...]
2009年10月26日 (月) | 編集 |
つい先ほどの出来事。
会社の後輩と帰宅中、電車の中で私の名前を呼ぶ声が

知り合いいないし、空耳だろうな~~と思って振り向くと、前に一緒に仕事をしていた先輩でした。
あ~、ビックリ

先輩が会社を辞めて5年ぐらい。一度東京で飲んだけど、まさか名古屋に来ているとは。
しかも隣の駅!!これからもヨロシクです~~

で、先輩のひとこと・・・・
「太ったなぁ~~

先輩、お前もかっ!!(って、先輩だよ
2009年10月25日 (日) | 編集 |
転勤後、コンサート行ってませ~ん
行きたいコンサートはちらほらあるけど、バタバタしており見送り状態。
来月ぐらいは行きたいですね~

代わりと言ったらなんですが、最近購入したCDのお話。

グラモフォン111

ドイツ・グラモフォンの111周年のボックスセットです。

いつも購入してるところでその内ポチッとしようと思っていたら、いつの間にか売り切れ!!慌てて他で購入しました。55枚組みで9000円弱!!これは、安い!!
幅広いジャンルと時代を網羅しており、とりあえずクラシックの曲聴いてみよう~って方にはオススメです。
内容確認せずにポチッとした私ですが・・・・所有のCDと被っていたのが案外少なかった?
アバドの「ハンガリー舞曲集」、カルミニョーラの「ヴィヴァルディ協奏曲集」、ドゥダメルの「マーラー5番」、ヒラリー・ハーンの「バッハのヴァイオリン協奏曲集」、カルロス・クライバー「ベートーヴェンの5・7番」、クーベリックの「ドボ8・9番」、ネトレプコの「オペラアリア集」、ツィマーマンの「リストピアノ協奏曲」ぐらい??(笑)

聴きたいなぁと思っても中々手が出しにくい歌曲のCDも何枚か入ってるし、それだけでも価格分の価値あるし。開封もちゃんとしたし、ボチボチ聴いていきたいと思います

あとは、テレビで観たコンサートの感想。
先月のN響定期を振った、指揮者のクリストファー・ホグウッド。良かった~
ベートーベンの交響曲第7番も予想外に良かったけど、第1654回の定期公演の古典的?プログラムが秀逸。
プロコフィエフの古典交響曲。演奏はN響?ってぐらいイメージ違ったかも。N響って重た~いイメージの演奏は得意な気がするけど、古典交響曲の軽やかで軽快な感じと瑞々しい音が良かった聴き返しちゃったもん。去年聴いたゲルギエフ&ロンドン響の古典も良かったけどそれ以上??ホグウッドの評価更にアップです!

あ~~、生演奏聴きたいデス
2009年10月25日 (日) | 編集 |
第1回の開催から3週間経っちゃいました。
その間、東京行ってたり、週末も仕事だったりと結構バタバタ

そんな中、マリさんとの至福のひと時。
と思いきや・・・「遅刻しちゃイヤよ」ってメールが。
こりゃ、必死です。
で、到着すると・・・・・いない(笑)
マリさんとではないけど、こんな経験は以前から慣れっこです。
待ち合わせ時間に、「今起きた~」とかね

さてさて、デュオの会はというと、
前回決めた課題曲「祈り」(篠崎2巻26番)
ホーマンにも載っている、30秒ぐらいの短い曲です。
楽譜づらは難しく感じないんだけど、ホ短調との初顔合わせって事で意外に難しい。
レのシャープがクセ者。
私はセカンドだったんですが、レのシャープが付くとG線4の小指が更に遠く・・・
今回の演奏では届いてません

調弦して、少し弾いてると・・・
マリさん「くまたん、少し太った?」
ってお腹とつんつんして、ニヤって
「次回つつき返してやる~」(心の声)

めげずに演奏。
短い曲なので全部で10テイクぐらいは録ったかな。
最初は何も考えず演奏。真ん中ぐらいからは強弱を意識しながら。
楽しかったです

演奏は → こちら

途中ぐらいから、「もうこれ以上何変えていけばいいんだ~~」ってエラそうな事言っちゃいましたが、今思えば部分練習とかを合わせてやれば良かったんだろうなぁって気付きました。

今回は短い曲だったので、今後は合わせる部分とかをしっかり練習していければなぁって、たった今思いながらマジメに語ってみました

そうそう、今回も2時間のデュオの会だったんだけど、マジメに課題曲を弾いてたらあっという間に1時間経過。少し休憩して話してたら、後半1時間はずっとおしゃべり・・・・
2時間だとバイオリン弾く時間が短いのダ。

次の課題曲は、マリさんの先生からの楽譜待ちってことで。
どんな曲だろ~~。ちょっと楽しみ。
マリさん、ちゃんとメールですよ
2009年10月23日 (金) | 編集 |
最近、うどんや蕎麦を食べる機会が増えました。

福岡の時は、ラーメンばっかり(笑)
うどんもあるにはあったけど、コシが弱くてあんまり好きじゃなかったですね~

今日は仕事帰りに途中下車して、うどん屋へ。
東京にもお店があって、いつか行こうと思っていたけど、行けずじまいのお店です。
大学が近いので学生さん、多い。女の子のお客さんの割合高いです。
以前行きつけだったお店も女性多かったし、女性ってうどん好き??

遅い時間だったので、卵が切れてて「冷たま」は売り切れ・・・・
オーソドックスに「ひやかけ」
薬味とか全くいらないぐらい、うま~い。
満足です

って、満足したけど、今日誕生日でした
(って書いてたけど、日が変わってるし・・・アクセス集中してるって、ブログアップする事すら拒否されるとは・・・
かずぽんからメールもらうまで忘れてるぐらいだし
これでお酒堂々と飲めますね~(笑)
[続きを読む...]
2009年10月20日 (火) | 編集 |
レッスン再開して早1ヵ月。もう4回目のレッスンです。
前の時間はレッスン入ってないのかな?生徒さんに会わないですね~

レッスンの最初は弓を持って、横に10回、縦に10回振るところから。これはまぁ問題なくいけてるかな。
そして、レッスン開始前に調弦したにも関わらずちょっと低いかな?って指摘が。確かに低かった。先生よくわかりますね~~。私はいまだに全然わからない

いつも通りA線の開放弦から。
ダウンの時は手首を使えていると言われましたが、アップでは手首から上げていなくて、指から上がっていると指摘が。う~ん、最近弾けるようになってきたと思ったら、指を使って誤魔化してたみたいデス
あと、元弓での弓の返しの時に指でクッと返しているようで音に出てしまっていると。手首を使って弓を返したのをわからないように柔らかく返すように。
注意を受けて直したつもりでしたが、録音聴いたら弓の返し丸わかりです(笑)

で、途中で松脂塗るように言われたので、松脂塗り塗りしながら少しお話。
先生とバイオリン以外の話するの初めてかも。人見知りですからね

で、わかったことは・・・・・
「先生、年上」絶対年下だと思っていました。女性はわからないですね・・・
え~~、ちなみに先生からは私は年上に見られてました。まぁ、誰が見てもそう思う事でしょう

松脂を塗った後は、E線の開放弦でボウイングの練習。
急に年下になったので、「難しい~」と甘えてみたり(笑)
ここでの注意点は・・・・大きな音を出すこと。今まで自分で大きい音って思って出してたのは大きい音じゃなかったデス。先生が手を添えて弾くともっと音出るバイオリンを始めてから、初めて耳痛くなりましたよ。弓の真ん中の部分では圧力をかけて、弓のスピードを上げて、音が明るく変わるように注意!と弓の圧力をかけるのが一瞬になってしまっているのでふくらみをつけられるように。

読んでても意味わからないですね・・・・・
自分でも何となくわかってきたかなぁってとこです。でも最初の時の録音と比べると少しずつ違いが出てきたかな?でも、キレイな音というには程遠いです。

「優しく弾くよりも、音を鳴らせるように。」っていうのが、先生の指導方針のようです。
「響くように、楽器が鳴るように弾かないと楽器が眠ったままになりますよ。」って言われました。
1日の練習時間の半分はボウイングの練習に費やすようにとのこと。
そして、「普段の曲でも意識しなくてもある程度の音量と音にふくらみを出せるようにしましょう」だそうです。
2年以上やってても、基礎はやっぱり奥が深いです~。そして、難しい。

ここまでで、30分。
お次は「キラキラ星」です。
変奏Aは右手だけの時は良かったみたいだけど・・・左手つけると音程が・・・・・
いや~ヒドイ(汗)
そして、右手もダメになってるみたい。移弦の時に弓を浮かせてしまってるので、ベタ~っとつけて弓の毛を弦にかませてから弾くように。
それと弓を持つ手は力を抜いて、毛が全てベタ~っと吸い付いているのを人差し指で感じながら弾くように。音にこだわって弾きましょうって。

変奏BもOKだった?手首も柔らかく使えてたって。わ~い。やっぱり、これだけでも嬉しい

変奏Cはダメでした。2音目も大事に音を出すように。
変奏Dは三連符。これはキライじゃないけど。いけてる??
変奏Eとテーマは時間切れ。

で、最後に「となりのトトロ」の曲をちょっぴり(笑)
開放弦ばっかりの私にとっては、「流動食の病人にステーキ」ってぐらい重たい
全然弾けなかったので、ちょっと練習しようっと。

先生と私の都合が入って、次回のレッスンは3週間後。
間空きますね~。ちょっぴり寂しいぞ。
2009年10月19日 (月) | 編集 |
レッスン記事溜めまくってます
忙しいのとなかなか書く事ないのが理由かな~~

ざっくり書くと、4回レッスン終わりましたが、まだキラキラ星です。他の課題曲出てません

1回目のレッスンで弓の持ち方と手首の使い方を大幅修正。

2回目では、1回のボウイングの中で音の強弱をつける練習。弓の真ん中の部分では弓の木の部分が毛に付くぐらい圧力をかける。滑らかに強弱をつけるのが難しいデス。
ここで初めて、「キラキラ星」登場(笑)でも、これがちゃんと弾けないんだなぁ・・・・

そうそう。先生がノートにレッスン中の注意点を書いてくれるんですね。2回目まではノートを持っていくのを忘れていたので、3回目からノート登場!!練習は録音してるから後で聴けるし、ノートは別に・・・って思っていたけど、要点まとめられているし、すぐに見れるから便利ですね~~

3回目で、ようやく「手首が柔らかくなってきましたね~」って言って頂けましたいや~、今ならそれだけでも嬉しい!!それぐらい地味に過酷です。ボウイング&キラキラ星生活

注意点としては、毛を吸い付かせて中身がある音を出しましょうとのこと。
これは1回目から言われたのですが、今まで殆ど全部弓を倒して弾いていたので、音を出しきれていないとの事です。

それと、スタッカートや出だしで音を出す為に、エッジをかけてしっかり音を出すこと。
これも耳が痛いです。今まではキレイな音出す為にガシッとしっかり弓を当てることもなく、手だけで弾いてたって感じでしょうか。

あとは3連符の一拍目を大事に音を出すことなど。

コレ全部キラキラ星弾いてての注意点。キラキラ星も奥が深いなぁ~~

予想外に長くなっちゃったので、4回目の記事はまた後日~

2009年10月14日 (水) | 編集 |
お仲間が集まって、計5名。
事前に少し弾いて合わせたいってことでカラオケへ。
1stが4人、2ndが私ひとり・・・・
いっつも2nd少ないんだよね~~

軽く個人練習した後、全員で合わせてみる。
あ~~、久しぶりに合わせると難しい。そして、今まで落ちてないとこで落ちる
ひとりなんで音程外してもバレるし、リズム崩してみんなの調子落としてもいけないしと緊張しながら弾きました。でも、いい練習になったかな。

そして発表会の最後の部になりました。
個人発表の方、アンサンブルのメンバー、先生達とみんなで記念撮影。
こういうのって先生が真ん中で撮るもんじゃ??って思いながら、私のポジションは限りなく真ん中のしかも一番前今までこんなポジションで撮ったことないぞ!!次からは端っこに顔だけ写ります(笑)

そして、発表会。
ソロの人、うまっ。ファジル・サイのモーツァルトのジャズバージョンや、サン・サーンスの「死の舞踏」など。こんな曲弾けたらいいですね~~。そして、バイオリン仲間の男の子はショパンの英雄ポロネーズ。ピアノこんだけ弾けて、バイオリンも弾けちゃうんかいと嫉妬。彼はこの夏からバイオリンもちゃんとレッスン通い始めたしね~~。いいことです

その後みんなで控え室で調弦したり、スタンバイしてる間も話をしたりと和やかムード。やっぱりいいなぁ、このメンバー。年齢差もあったりするけど、楽しく飲んだり話したり出来るしね。

発表会の最後は「カヴァレリア・ルスティカーナ」
ピアノ伴奏はF先生です。F先生の演奏って意外と?力強くて好きです

今回も事前まで全く緊張無し。でも、前回の教室での発表会の時は弾き始めるまで緊張してるって気付かなかったから油断は禁物。
と、思っていたけど、案外平気でした。今回は初の舞台の上での演奏だったのと、後ろの端っこだったので気分的にも楽でしたね。それでも、弾き始めた時は一瞬真っ白になったし、あっという間に演奏終わった事を考えると緊張はしてたのかなぁ。右手も少しは震えたし

感想はというと・・・・・
弾いてる時は演奏の出来はわかりませんでした個人的には2ndだけがメロディー弾く部分(唯一3ポジが出てくる部分)の音がちゃんと取れたのと、そこそこ満足出来るぐらい弾き切れたかなって思います。
お仲間は良かったんじゃないかな~って言ってたし、観客の先生方も良かったよって言ってくれたので良かったのかな?
演奏を改めて聴き直したら、全体的に良かったと思います。タイミング合ってたし。みんなで合わせたの3週間前が最後だし、当日一発勝負にしては上出来です。うんうん。

演奏は → こちら

あ~、でも終わっちゃったなぁ~~~
夏のカノンに続き、今回のカヴァレリア・ルスティカーナが2曲目の合奏曲。
これからも色々弾けるなぁって当たり前のように思っていたけど、突然の終わりだしね。
カヴァレリア~聴いてると教室での楽しい思い出がよみがえってきて、少し感傷的になります。

ってな事を舞台の上で柄にも無く考えちゃいました。
そしたら、「次回は12月にアンサンブルの発表を・・・・」って代表の挨拶が

あれ?12月は会場狭いから10月になったんでは??
あと2ヵ月足らずで新曲やるんですか(笑)

お仲間やT先生からは「次は12月ね~~」って言われるし。
ピアノのF先生からは「せっかくだから次はソロで出たら?」って言ってもらえるし
たった8ヵ月だったけど、ホントに充実した楽しい時を過ごす事が出来ました
確かに寂しいお別れだけど、バイオリンをやっていたから出会えたわけだし、バイオリンを続けていたらまた出会えるだろうし。ありがとう~

と、昨晩は飲んだくれたT先生より先に自宅に帰り着いたのでありました(笑)
近いね
2009年10月13日 (火) | 編集 |
さてさて今日も朝から教室の発表会を見に行ってきました。
実家から徒歩2分。いい場所で発表会やってくれて感謝です。

朝のプログラムは、昨日見れなかった子供たちの発表です。
演奏前に両親や祖父母、お友達から演奏する子へのひと言が述べられた後に演奏です。気合入ってるなぁ~。
私はこのお父さんのように爽やかに励ましの声はかけられないなぁ~って思いながら、微笑ましい様子を眺めてましたよ

演奏はというと上手い子は年齢に関係なく上手いなぁって当たり前の感想です。
難しい曲が弾けるとかではなく、ピアノもバイオリンも音色が上手いかどうかの判断の大きなウエイト占めるなぁって思いました。ピアノだとタッチの感じ?バイオリンだとボウイングかな~
年長さんのピアノのトルコ行進曲や小学6年生の女の子のバイオリンでの金婚式。良かったです

今日はT先生とも久々(3週間ぶり?)にお会いしてご挨拶。T先生のドレスというとピンクなイメージなんだけど今日はグリーン。良かったですよ。
先生もご家族の最後に生徒に声をかけるんですが、聞いた事ない先生の声でした(笑)

さて、今日一番のお目当ては、T先生の愛弟子くんの演奏です。
曲はヴィターリのシャコンヌ。2ヵ月前に某オケのコンマスの方の公開レッスンで聴いて以来。いや~、仕上がるね~~。あれからまだ2ヵ月だよ!!
難しい部分はやっぱり難しそうな感じだったけど、出だしの部分とか好きです
今年の何とかっていうコンクールでも一次予選は通過したらしいです。でもね、彼は今年でバイオリンのレッスンやめちゃうみたい。勿体無い!!彼といい、私といいT先生、今年は可愛い生徒とお別れです・・・
兄弟子くんも大きくなったら学生オケとかでまたバイオリンやってもらいたいですね~

講師の先生方の演奏。今日はピアノのショパンのエチュードop.10-4(のだめがコンクールで弾いた曲です)やビオラのヴァンヘルのビオラ・ソナタ(初めて聴きました)などどれも良かったです~

お昼の休憩時など、スゴイ人の数!!写真撮影でごった返してました。ちゃんとピアノのF先生もいらっしゃいました。伴奏の時と普段とで衣装替えてるですね~。コロコロ衣装変わってました。

と、ひとり満喫していたらお仲間もボチボチ集合。
あっ、今日自分も出るんだった!
一体どうなる?
2009年10月11日 (日) | 編集 |
こんばんは~~
昼まで横になってましたが、夕方には東京へ。
近いね~、福岡-東京より!!

お目当ては(前の)教室の発表会。
自宅でゴロゴロしてたせいで最後の部しか見れなかったけど
最後の部は中学生~大学生の学生のピアノの部。
実家近くのホールで今回は3日間開催!!メインは子供達なんですけどね。こじんまりとはしてるけど良い感じのホールです

そういえば今日はバイオリンはアンサンブルセミナーが教室外で行われていて先生他お仲間もいないんだった

で、後ろの方の席でポツンと座っていたらピアノの先生方が!!
F先生もいらして、プログラム見せてって隣に来るじゃないですか
髪をあげててなぜかショートパンツ(笑)いつもと違う雰囲気で、これまたキレイですね~~
「朝9時からで腰痛い~~」ってお疲れ気味でしたけど。
帰って、カヴァレリアの伴奏の練習しないと~って。お疲れ様です。会場で弾いてくれたら録音出来るんだけどなぁ~。

中学生ぐらいの演奏ってどんなんだろ~って特に期待せずに聴いてましたけど良かったですね。
一番良かったのはクラシック曲じゃなくて久石譲「Spring」。F先生もお好きなようで家でもたまに弾くって言ってました。聴かせてくれ~~と心の声がShoutしてました(笑)それにしても久石さんってホント才能ありますね~~

前に座っていた他の先生方がリズムを取るように身体を揺らして聴いていたのが印象的でしたね。隣のF先生は見事に舟を漕いでました(笑)これがT先生ならほっぺたつねって起こすんですけどね

さてさて、明日はアンサンブルの本番。出るか出ないか気持ちは半々だったんだけど、今日は来て良かった~~もうこのまま帰っても悔いは無いデス(笑)
で、明日ってどんな格好で出ればいいんでしょうね?(って今から考えても手遅れだけど・・・)
女性の方の話ってブログで拝見してるのでこんな感じかな~ってイメージ湧くんだけど、男性って・・・さて??
ちなみに昨日、アンサンブルのリーダー(男性)にメールで聞いたら、「ハロウィンの衣装で行きますよ(原文まま)」って返事来ましたどうなる本番?!

子供達の発表の部は家族からのメッセージやら何やら色々イベントがあるみたいなので、明日は朝から発表会覗いてきます

明日も直前まで緊張せずに、始まってから震え出すパターンかな。こりゃ。
2009年10月10日 (土) | 編集 |
阪神負けた~~~
まぁ、クライマックスシリーズ(CS)に出場して日本一になっても・・・っていう思いは強いので、まぁいいっちゃいいんですけど、やっぱりここ最近の阪神の勝敗は普段のペナントレースよりも話題にはなりましたね。
5年ぶりにBクラスかぁ。昔は10年以上低迷してたからね~
まぁ、来年は私の大好きなイケメン真弓監督のもと、優勝だ~~

さて、今週はというと・・・・
火曜日しかバイオリン触れてない

台風に備えて水曜日は会社のそばのホテルに宿泊。翌朝は雨止んでるし・・・(でも、近郊の私鉄は止まっていたので、宿泊対応は間違いじゃなかったのかな?)
来週の会議のため、所属長にはつかまるし。
19日に東京で会議って仕事が今日突然入るし。
10月は3回も東京帰るんかいっ

とバタバタです。
先週はレッスン行ったけど、記事書いてないですね
レッスン記事飛ばすの初めてデス(って、今書かんかいっえ?必要ない?

さて、今週末はどうしましょう。
では、また~
2009年10月05日 (月) | 編集 |
今日の昼間テレビのチャンネル回してたら(ってチャンネルないのに、この表現まだ残ってますね)、写真甲子園の番組が。

番組見ながらHPチェックしてたけど、みんな上手い
あんな写真撮れたらいいなぁ。

カメラのファインダー越しだと、見慣れた日常の風景もまた違って見えてきて楽しい。
歩くの遅くなるんですよね~
コンパクトなデジカメでもいいけど、やっぱり一眼レフだとグッと入り込めます。

以前にちょっぴりだけカメラにハマった時期もあったけど、今は実家に置きっぱなし。
カメラ持ってふらっと出かけるのって贅沢な時間の使い方ですよね。
今はバイオリンで目の前すごく狭くなってるけど、あんまりひとつの事にハマりすぎると早く燃え尽きちゃいそうだし

今度実家に戻ったらカメラ持って帰ってこようかな~~
でもこれだけ引越し多いとカメラは・・・怖い


花

この写真撮ったのいつだろう?
構図とか何も考えてないし、暗っ!
でも、古い外付けのHDDを引っ張りだしてきたら色々写真が残ってました。
今思うと??って感じの写真ばかりだけど、懐かしくて結構楽しく見れましたよ

2009年10月04日 (日) | 編集 |
本日はマリさんとのバイオリンオフ会。またの名をLoveLoveオフ会といいます

私の希望としては、特定の人と曲を1曲ずつ仕上げていくっていうのをやりたくて・・・・でも、ブログでお会いする方々は進み速すぎてついていけないというジレンマもあったり。
そんな中、思わぬ事でご近所さんになったマリさん!!逃がしませんよ

で、さっそく曲決め!!
先日購入したデュオの楽譜を見せるも・・・・曲わからないんだよね~(笑)
マリさん、ちょこちょこ弾いてみるもコレ!!って曲浮かばず!!
あれこれ弾き散らかしてみて、曲は篠崎2巻26番「祈り」。ホーマンよりとなってます。
一見「短い曲で音符も難しくない!」と思いきや、なかなか弾きづらい
なんで、「出だしのD線レの音にナチュラルついとんねんっ!!」とか臨時記号多いなぁって思っていましたが、後でホーマン(2巻174番)見たらホ短調でした
未知の調性だよ。音階練習しないとデス。

初見で弾いた感じは・・・お互い自分のパート弾くので精一杯(笑)
ちゃんと弾けるようになって、合わせる練習を次回したいですね。

今日はおしゃべり少なめで色々弾いたかも。
マリさんは、レッスンの宿題をちょこっと弾いてたけど、曲多い!!あれだけの曲数あったら毎週のレッスンだとじっくり練習するの大変だなぁって思いました。
で、マリさんが弾いてる間、ジ~っと右手見てましたよでも、わからなかった私は右手の事うるさく言われるけど、マリさんは言われてないみたい。私は右手動かしすぎて、曲の途中では弓ちゃんと持てなくなってるんですよね。けど、これも本人がそう思ってるだけで、はたから見てるとそんな動いてないんだろうなぁって思います。

最後は、鈴木の1巻を「ちょうちょう」から合奏。途中で時間切れで終わったけど、楽しかったです
レッスン帰りにふらっと途中下車したらマリさんと合奏出来るっていうこの環境、ホント幸せモンです。これからもヨロシクね

2009年10月01日 (木) | 編集 |
涼しくなり、各部屋の住人が窓を開けて過ごす今日この頃。
夜の練習がやりづらくなってきました
そんな時は「早く冬よ来い!!」って思っちゃいますね。

最近の話。

・以前、前の教室を紹介して通っている後輩から
ピアノの先生から、「T先生がくまさんと今度一緒に飲もう!って言ってたよ。」って言われたから、くまさん要らないよね~って答えたら頷いてたって(笑)
の~~~ん

・プレステ3が引越しの影響?壊れた・・・・
つい新しいPS3買ったけど、2のゲーム出来ないやんっ!!って昨日気付きました。
PS2は処分しちゃったよ・・・・・
ちくしょ~~~~

・フジのニュースジャパンをふと付けたら・・・・
滝川クリステル、降板してるやん
何故じゃ~~~


新しい住まいに越してきて1ヶ月経ちました。
仕事の密度が高いせいか(いや、連休東京で遊んでたからだろ)あっという間の1ヶ月。早いなぁ~~
バイオリンのレッスンも無事始まったしね
あとは、腰が良くなって部屋をキレイにしたいデス。


さて、バイオリンの練習はというと・・・・・

キラキラ星弾いてます。
正直飽きるけど・・・・
先生からは「しっかり弾き込んで、手首の使い方身に付けろ!!」ってオーラを感じましたけど、モチベーションはなかなか上がらないかも。

しかし、先週に比べたら手首を少しは柔らかく使って弾けるようになった気がします。
でも、アップはやっぱり苦手。
手首から上げようと意識すると弓を向こう側(指板側)に今までのように倒しちゃってます。
それだと手首が曲がるので手首を使えてるような錯覚に陥るんだけど違うんだろうなぁ
ま、今度のレッスンで修正してもらうつもりで臨みます。

それと改めて思ったのですが、手首の柔らかい感じって女性の方が出来てる気がするのは気のせい??これ以前から思ってたんですよね~~
テレビでオケとか見てても、女性奏者の方が明らかに手首クネクネ~~って。
女性の手首細いから?おじさん達シャツで手首隠れてるし、おじさんだから固いの当たり前?っていうのを差し引いてもそう思います。

気のせいかな~~
今度みなさんとご一緒出来るときにはジ~~~っと見てるかも知れないですけど、不審者扱いしないで下さいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。