2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月29日 (日) | 編集 |
昨日に続きお買い物!!
ってことで?シャ○ンヌさんの展示会に行ってきました。そう、マリさん

以前2人で行った時はバイオリン弾くどころじゃなく退散したけど、今回はちょこっと弾きましたよ。
マリさん、2日連続だしね

楽器は、シャ○ンヌ作の物と、100万から300万ぐらいのイタリアものの展示がメイン。
何点かパッと目についたものを弾いてみる。弓は100~200万ぐらいのヤツ。

弓に浮気はしなかったデスね。どの弓もそれぞれ雰囲気あって弾き心地良かったけど、衝撃を受ける!っていう事はなかったですね。モチロンお金あれば欲しいけど(笑)
楽器はというと、どの楽器も軽く弾いても間違いなく自分の楽器より簡単に鳴りましたでも、ビビッって響くのは無かったかな~

今回改めて気付かされたのは、自分の耳元で聴く音と離れて聴く音では違うってこと。
耳元で心地よく聴こえるのは物足りなくて、ウルサイなぁって思った方がいい音して聴こえました。

今後楽器を買い替える時に、どういう基準で選べばいいんでしょう?
弾く自分がいい気分になる楽器?聴かせる人にいい音届く楽器?
などなど、マリさんと話しをしたり。今回はマジメモードです

それとマリさんとマジメに話をしたのは・・・
やっぱりいい音で弾くって事は大事なんだなぁ~ってこと。
上手い人はどの楽器弾いてもいい音出すし、自分たちはどんないい楽器弾いてもいい音出せない・・・って周りの人やジュリアード様の演奏聴いて思っちゃったり

ん?ジュリアード様?
そうそう、ゆいさんの先生、ジュリアード様にお会いしました。
来られるという情報は聞いていたので、お会い出来るかな~って思ってたら、読みどおり。
生徒さん?の楽器を選びに来られていたようで、シャ○ンヌさんの楽器を色々弾いたり、弓を替えて弾いたりと堪能させて頂きました。
マリさんの指示?でジオ・バッタ・モラッシさんの楽器を試奏してもらったりその時に一緒に渡した弓がちょっと弱いですね~って事で、先生の弓で弾いて違いを教えてくれたり。
腰の低い、優しそうな先生ですね~~~~。
楽しい時間を過ごさせて頂きました。

そして、ビオラも堪能。会場にあった一番お安いビオラ(でも40万)にギヨームの弓で堪能。あ~、ビオラいい!!欲しいなぁって今日一番思ったけど、それでも100万ぐらいいっちゃうしねせっかくなら他のお高いのもってことで隅っこで1人楽しむ。その時に、「蛙のうた」弾いてたのをマリさんに聴かれちゃいました(笑)よく、そんな曲弾けるなぁ~って呆れ顔?周りの人に聞かれたかな??つい、気持ち良くって弾いちゃった。えへっ
ビオラ、久々に弾いたけど、1stポジションでも4の指辛くないし、ちゃんと顎に挟んで保持出来るし、違和感ないかな~~
こりゃ近いうちにいっちゃう?

ってちょこちょこ遊んでたら・・・・外国人さんが。お店のお知り合いの方かな~って感じで遠目に眺める。

1時間ちょい弾いたとこで、講演が始まるってことで別フロアに移動。
みんな講演聞きにいくけど、私とマリさんは別フロアで楽器弾こう!ってことに。
講演の時の別フロアは閉めるって言われたけど、時間がない!!って事でお店の方がご好意で開けて下さる。
そこでお高いバイオリンを眺めてたら(お店の人がピタッとついてて弾かせてくれ!って言い出せず)、弓のコーナーが。
そこに飾ってある写真を見て、マリさんが「あれ?この人さっきの人じゃない?」

・・・・・・・・・・・・・

ってギヨームさんじゃん

え~、自分の弓探す時にHP見てたけど、全然気付かんかった。
しかも、ホンモノの方年配に見えたけど・・・・案外お若いのね~~勝手におじいちゃんって頭の中で決め付けてました。
弓持ってきてたら、その場でサインと写真でも撮って、売るときに高く売れたかな
お店の方も「弓持ってますって言ったら、サインもらえますよ」って言って下さったけど、人見知りだしね
その場に宮本笑里さんいたら、間違いなくサインもらってたけど(笑)

今回の展示会は色々と出会いがあって、楽しかったなぁ。
色々楽器弾くことでだんだん分かるようになってきたような、余計分からなくなってきたような?
でも、こうやって触れる機会があるっていうのは都会に住む贅沢なのかな?ありがたく思わないとね。

帰りはマリさんとしながらマジメにバイオリンの話しましたね~
こんなにマジメな話したの初めて?いや、いっつもマジメか
そうそう、黒糖コーヒー、予想外に美味しかったデス
スポンサーサイト
2009年11月28日 (土) | 編集 |
今日はレッスンの日。
といっても、レッスンに満足したわけではなく(笑)、レッスン後にお買い物。
天気もよく、いい気候でそれだけで楽しいね~

昔はよく買い物してたんだけど、バイオリン始めてからホント買わないね・・・
その割りにお金貯まらないのは、CD買い過ぎ?コンサート行き過ぎ?

今日は先週目をつけてた靴とカバンを再度見に行ったんだけど・・・・
違うカバン買っちゃっいました(笑)予定とは違ったので、またその内もひとつ買うんだろうなぁ
縦型のトートバックが昔から好きで、教本がちゃんと入るヤツ探してるんだけど、どっかにないかな~

あ、靴は予定通り購入。あとは服。
最後に先週買って直しに出してたスーツを取りに。
スーツ買ってもあんまり楽しくないし、お買い物欲は満たされないんだけどね・・・・
昔はたっかいスーツ(自分にとってはね)買ってたけど、最近はリスク高くて(笑)

名古屋に来てやっとじっくり買い物出来ました。
一度行き出すとまた行きたくなるね~
明日は間違っても、買わないように気をつけないと
2009年11月26日 (木) | 編集 |
先日放送の名曲探偵アマデウスで紹介されたのはヤナーチェクの「シンフォニエッタ」。
そう、某小説で一躍有名になった曲です。

え~、聴いた事ありませんでした。
こんな曲です。



冒頭聴いて、やられました。
第1楽章が管楽器とティンパニだけとは。しかも、オケ以外で9本のトランペットって、演奏機会少なそう~

ヤナーチェクはチェコの出身。私ってホント東欧の民俗音楽にはメロメロです
ヤナーチェクで聴いてるのは、
・弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」、同第2番「ないしょの手紙」
・オペラ「利口な女狐の物語」
・オペラ「死者の家から」
とか。

今までそれほど響いてこなかったけど、今回はキタよ
CDポチっといっちゃいそう(笑)

個人的にはセル盤が気になるけど、好きな指揮者クーベリックもいいなぁ。それともアンチェル?小澤も録音してるのね。

あ~、久々にクラシックのお話でした。
最近、硬派なクラシックブログじゃなくなってきたからね(笑)
2009年11月23日 (月) | 編集 |
今日は、先週に引き続き愛知県芸術劇場。
「東京音楽大学シンフォニーオーケストラ ユニセフ チャリティー演奏会」に行ってきました

元々チェックしてて行こうかな~って思っていたら、会社で無料のチケット配ってたのでラッキ~と貰ってきましたでも、1人2枚配られたんだけど・・・・誰誘えばいいねん

って事で、会社の子誘っていってきました
って書きたかったけど、♂です(笑)
演劇は好きって言っていて、前に機会があったら行くか~って言ってたので、そやつを連れて。

さて、コンサートはというと。
わか~い先週の名フィルのおじさんたちとは大違い(笑)
そりゃ学生オケだから、当たり前か。
弦楽器はチェロとかも女性の方が多かったかな~。バイオリン。ビオラとか男性2割いなかったぞ?
生まれ変わったらちっちゃい時からバイオリン習って、音大行くノダ

曲目は、
ラヴェル:古風なメヌエット
R・シュトラウス:オーボエ協奏曲ニ長調
ベルリオーズ:幻想交響曲
(アンコール)
フォーレ:シシリエンヌ
ビゼー:ファランドール~「アルルの女」より

ラヴェルを聴いて、あぁ、弦楽器美しいなぁ~
って思ったけど、今日の一番は

オーボエの鷹栖美恵子さん。
takasu_mieko_Ob.jpg


別に期待してなかったんだけど、いや、良かった
出だしの一音目から艶のあるいい音出してました
オーボエって息遣い大変そうな気がするんだけど、どなの?
でも彼女は全然そんな感じも見せず、ホントいい音してました。
プロフィール見たら、日本管打楽器コンクールで1位取ってました。スゴイのね。

そして、キレイなドレスとあどけない表情とは似つかわしくない三角筋の見事さ(笑)
2階席から見てても、美しいなぁ~って別の意味で感心。これには一緒にいた後輩(少林寺くん)も「あれ、肩ですよね?」って驚いてました(笑)

と言っても、少林寺くんはオーボエ協奏曲開始早々に寝てましたけど
終わってから「気持ちいいですね~」って。そりゃあれだけ寝てたら気持ちいいだろうね。


後半からは会社の子たちも来ていたので、別の席に移動して聴いてました。
ひとりでじっくり浸るのもいいけど、みんなでわいわい聴くのも楽しいもんですね
「あの2人絶対デキてますよ!」「部活内だから恋愛禁止じゃない?」
・・・・・そんな発想した事なかったよこれって学内オケだから部活じゃないんじゃ・・・?コンミスは部長じゃないよ!!などなど。

幻想交響曲は久々にじっくり聴いたなぁ。
今日は打楽器をガッツリ観てました。あ、オケのオーボエの子も良かったですよ。イングリッシュホルンの子も。
管楽器はイマイチパワー不足?って前回聴いたの新日本フィルだったから比べちゃいかんか?そう考えたらおじさんパワーも侮れないデス

アンコールでは、シシリエンヌでは弦の美しさに再度浸り、ファランドールでは管楽器の爆発を体感。

あ~、楽しかった
あ、チャリティ演奏会だったから、ちゃんと募金も入れてきたデスよ
2009年11月23日 (月) | 編集 |
土曜日のレッスンのお話。
最近寒いですね~~
レッスン午後からなので、午前中は練習する時間があるんですけども、寒くてついゴロゴロ。30分ぐらいしかバイオリン触れず。でも、触らないよりマシですよね~

さて、レッスン。
ボウイングでの注意点は、
・真ん中でもっと音を膨らませること
・弓の毛をベッタリつけること
・出来るだけ駒寄りを弾くこと

今までのクセで弾き始めからついつい弓を倒して構えちゃいます
それと、駒より弾くとちょっとイヤな感じの音出ません?未熟だから?ついつい真ん中辺りで弾きたくなっちゃいます。

左手の親指の位置を注意。指が出すぎ。下からネックを支える感じで。
の~ん初めて左手の親指注意されました
右手も左手も・・・・う~ん、こりゃ大変です。

・キラキラ星
【変奏A】
1回弾いたところでOKもらうも、「もっと音を出してもいいですよ」って。
いや、十分出してるつもりなんだけど・・・・意識して弾くとまだ出るね(笑)
しか~し、駒寄り弾くとビリビリ鳴るので、いや~
でも、右手の手首がちゃんと使えてるって褒められました。嬉しいデス

スタッカートの音を切る時に音が汚くならないようにするのは、弓を軽く持って、人差し指に重心をかけて弾けばいいみたい。
「タカタカ タッタ」の「タッタ」の部分だけひたすら練習。ダウンの時がダメみたい。止めちゃってるって。他の人はアップがダメらしいんだけど、何故だ??
ひたすら弾いてて、弾いてる途中で意識逝っちゃうぐらい長く感じました

【変奏B】
1回でOK。

【変奏C】
1回でOK。でも、もっと弓を軽く持つように。
ゆる~く持って弾こうとすると、「頭の音が出てない!!」って。
むずいよ~~~

【変奏D】
いい感じで弾き始めた!って思いきや・・・
「ちょっと弱い。上っ面だけの音になってる。楽器が響いてない!」とのこと。
出だしの音のかませが足りなくて小さな音になってる。

【変奏E】
いつの間にか終わった(笑)

【テーマ】
頭の音を出した後、音の終わりは弱く。次の音の出だしはかませて弾く。
弾く時も力を抜いて。
A線よりE線の方が出来てきたかな。
A線・E線でそれぞれ練習+交互に練習。
慣れてきたらスピードをアップして、それから左手を付けて練習。
たくさんやるっていうよりも、音を聴いて注意点に気を付けながら練習するように。


ってやってたら1時間経っちゃっいました
そりゃボウイングと変奏Aだけで30分かかってるからね
ちょうちょうは結局やらずじまい

毎回同じ注意もあれば、新たに言われる事もあって結構大変。
でも、こうやってブログに自分で書くと聞き流す事もなくていいですね。
後は、練習の時にちゃんと考えて弾かねばデス
2009年11月18日 (水) | 編集 |
今日ふと思ったこと。
ずっと同じバイオリンの先生に習っていたら、今頃何やってたんだろう?
昨年末にあたばよの2巻の真ん中「45番アリア」だったから、今頃ザイツ弾いてた?
そう考えると今の状況は全く想像出来ないデスね(笑)

今日の練習はボウイングとちょうちょう。
ボウイングは弓の圧力とかスピードが少し付けられるようになってきた(気がする)。
ちょうちょうはミュート付けてしか弾いてないので、どうだろう?
少しは先生の求める事が出来てるかな??
でも、一弓の間で音の膨らみを出しつつ、フレーズの中ではクレッシェンドかけるとか・・・・・無理っ

先週末は、情熱大陸で宮本笑里さんを観たり、N響アワーであっき~(指揮者の秋山和慶さん)を観たりとテンション中。週末のレッスンに向けて頑張るぞ~~
2009年11月16日 (月) | 編集 |
昨日はレッスンの日。
今回は、先生にお願いしよう~って思う事があったんだけど、先生に会って吹っ飛びました
場所もいつもの個室じゃなく、他の生徒さんの演奏も聞こえてきます。そんな中で私はキラキラ星!!

・ボウイング

ダウンのはじめは弱く。
弓の真ん中は速く、終わりは弱く ← これを大げさに

・キラキラ星

弓の毛の左側の部分(手前に倒すぐらいの感覚)で弾くぐらいの気持ちでちょうど弓の毛の全面を使って弾けるとのこと。私はやっぱり奥(指板側)に倒してしまうみたい。

【変奏A】
・弓を軽く持って手首で弾き出す感じ。
・最後の部分、弓を離さずに弦に付けたままで終わらすように。
・弓の返しの時に浮かないように、ベタ~っと弾く。

【変奏B】
・歯切れよく音を切る。

【変奏C】
・頭の音がうまく出てる時と出てない時がある。決まってる時の音があると、出てない時が目立つので全部音が決まるように、練習の時も「今出たな!」って確認して弾く事が大事。相当意識して練習して、無意識でも出るようにしないと、これから難しい曲弾く時に困るよって。
また、来年キラキラ星弾いてるかもですけど

【変奏D】
OK。
ここで質問。録音聴いてると4の指(小指)の時に音が小さくなってしまうのはどうすればいい?
回答-小指は力が弱いので力を入れようとして他の部分や右手にも力が入ってるのではないか?

右手っていうのは考え付かなかったデス。確かにどこも力入ってるかも。それと小指を押さえる時に左手の親指に力入ってないかチェック。おぉ、なんかちょっと分かった気がする。

【変奏E】
・アップとダウンの時の音量が均一になるように。
・もう少し弓の幅を使って、音量を大きく響かせるように。

ここで、ICレコーダーの話に。
先生、ICレコーダー欲しいみたい。欲しいなぁ~~って目をキラキラしながら訴えかけてきます(笑)そんな風に可愛くおねだりしても、あげませんよ

逃げるようにテーマへ。
スタッカートで全弓って苦手デス・・・
・力入りすぎ。弓は軽く持ってひっかけるだけ。


そして、いよいよ2番「ちょうちょう」へ。
今、6回目のレッスンです。こりゃ1巻終わる前にまた転勤かも

最初に、弓の使う量、四分音符=半弓、二分音符=全弓
これを開放弦でひたすら練習。
・全弓だけじゃなくて、半弓でも音のふくらみが出るように。
・半弓の時に弓を返したのがわからないように特にアップからダウンの時注意
・一弓の最後は音を弱く。
・音の切り返しが硬い。手首で柔らかく弾く。
・最後の音は弓を上げて終わらないこと。弓を上げると勢いがついて音が出てしまうので、半弓でそっと終わらせる。ここでも弓を手で持ってしまうと弓が震えてしまうとのこと。
はぁ、難しい~

最後に、CDを聴きながら気付いた点を楽譜へ記入。最初の先生にCDは聴くな!!って言われていたので、全然聴いてなかった。5回ぐらい聴いたけど、そんなに気付くことないよ(笑)
何度も聴くとまた違う事に気付くから毎日聴くといいよって。何度も聴くと、ダウンアップもわかるし、どの指で弾いてるかわかるようになるそうです。うん、多分一生わからない

鈴木先生曰く、CDの全17曲、1日30回聴くことだそうです。先生、昔やってたって・・・
「これから1日30回聴くといいかなぁ~」って真顔で言うし・・・・朝起きたらまずCD流すって
これから、新しいCD買う必要なくなるなぁ(笑)
2009年11月15日 (日) | 編集 |
今日はコンサートへ。
場所は愛知県立劇場コンサートホール。
名古屋フィルハーモニー交響楽団です。

普通のコンサートホールと思いきや、ビルの中なんですね。
コンサートホールだけでも3階1800席あるのに、他に大ホール(2500席)や小ホールもあるとは、ビックリ大ホールでオペラ観たい~

曲目は、
バックス: 交響詩「11月の森」
ブルッフ: ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調
グリーグ: 劇音楽「ペールギュント」第1・2組曲
(アンコール)
グリーグ: 2つの悲しい旋律より第2曲「過ぎし春」

指揮、広上淳一。
バイオリン、ボリス・ベルキン。

バックスは初めて聴きました。今回のテーマ曲なんだけど・・・・まぁ、こんなもんかな?イマイチ心に残らず。
ブルッフのソリストはボリス・ベルキン。CDは単体では持ってないので初顔合わせかな?低音部はなかなかあま~い音色だけど、音量足りない?終始優しい感じの演奏でした。CDで聴く諏訪内さんのような激しさと切れ味もなかったなぁ~
入場の時にバイオリンを掲げて歩く仕草やコンマスさんを連れての退場など、人柄はかなりいい感じ。しかも、シルバーグレイのサラッとした髪型がカッコいいピアノニストのツィメルマンといい、こういう感じが私のタイプ?(笑)

演奏に話を戻して、出だしの部分では弓を返す音が聴こえてきました!自分の録音でも音が入っちゃうので気にしてたけど、先生何も言わないし、いいのね!!って納得。
でも、音色で弓を返すのがわかっちゃうのは私だけ
今回は私の席(2階最前列のちょうど舞台と客席の間ぐらい)には音は勿論ちゃんと聴こえてきたけど、3階最後方とかどうなんだろう?ってちょっと気になります。日頃からレッスンでホールで響かすように弾く!って先生に言われるんだけど、自分がステージで弾いたらどう聴こえるんだろうって思いながら演奏聴いてたり。

最後のペールギュントは派手な演奏。広上さん、京都市交響楽団の常任ですし、テレビでもちょくちょくお見かけするけど、派手な指揮ですよね。演奏でも金管鳴らすとことかめっちゃ大音量でした。
でも、意外?に良かったのが、静かな旋律。
ペールギュントの「オーセの死」とかアンコールの「過ぎし春」とか。
指揮の振りは一緒なんだけど、なんでこうまで違う音色が出てくる?!ってちょっと不思議。
さすがですね~

今回は広上さんのトークあり、定期だけどアンコールもあり、楽しめました~~
来月もまた行きます。次回は、フルーティストのエマニュエル・パユ。初めての生パユです。イケメンです勿論、演奏もグ~ですよあ~、楽しみ

そうそう、この会場では他の会場同様CDの販売もしていて、その日に演奏される楽曲のCD(当日演奏している団体やソリストの物はもちろん、なければ他の演奏者の物が置かれます)があるんだけど、ここではなんと!次回の演目のCDも置いてある~
これって予習派の方にはとっても素晴らしいことだと思います。
せっかく生演奏聴くわけだから、あんまりCDで聴き込みすぎるのはどうかと思うけど、全く知らない曲よりは知ってるほうが楽しめると思うし。
プログラムにも次回の演目のオススメCDのコーナーがあるし、担当さん、グッジョブ
次回は知らない曲いっぱいなので、買っておけば良かったかな~
2009年11月12日 (木) | 編集 |
ただいま、キラキラ星練習中~~

今さら楽譜を見る必要もないんだけど・・・・
かといって、上手に弾けるわけでもなく・・・・
左手ってパッと聴いてわかる成長があるけど、右手の成長って自分では良くわかんないデス

成長してる?後戻りしてない?って思うときもあるけど、今は飛躍の為に1回タメを作るために下がってるってことで、ヨシとしようかなと思います。

9ヶ月の違い? → こちら
2009年11月08日 (日) | 編集 |
昨日はレッスンの日。3週間ぶりでした。
間が空いたけど、課題はキラキラ星だけですからね。
少しは成長したかな~

ボウイングはだいぶ良くなってきたみたい。
但し、アップボウの時は手首が使えずに指で弾いてしまっているとのこと。

変奏Aでは、
・弓をかませて出だしの音をハッキリ出す事
・もっと音量が出るように

今までバイオリン弾いてて耳が痛くなる経験ってなかったんだけど、耳痛かった~
けど、それでも音量弱いって。
それだとホールで弾いたら、後ろまで届かないよ!って言われたけど、
いつ、ホールで弾くんじゃい!!(笑)

駒の近くが大きな音出るけど、普段から弾いてないとガサガサっていうみたい。
弦を交換したときから駒近くで音出してると、駒ギリギリを弾いても鳴るらしいです。

変奏B・Cは1回ずつで進んだんだけど・・・・・
弾き終わったら、先生突然笑い出すし(原因は未だ謎
先生も少し慣れてきた?前回のレッスンぐらいからようやく会話も増えてきました

変奏Dでは、
・最後の音の所でもうちょっと圧力をかけると音が響く
・音が硬いのは手で弾いてしまってるから

柔らかく且つ音を出すように!!
っていうのは難しい。脱力しながら音を出すのはね・・・音量だそうとすると、つい力が入っちゃいます

その後は、先生と一緒に変奏Aから順に弾いてみる。
・弓を倒してしまっている。
・気の抜くと、手首が使えてない。

お次はテーマ。
・弓をかませて、頭の音を出す
・弓の真ん中の部分で音のふくらみを出す。その時に、手首を使って、弓の速度を上げる。
・1音ずつ音を確かめて、練習しましょう!!

あ、弦楽器フェアに行った話もしましたよ
「高い楽器って弾いたら欲しくなっちゃいません?」って質問が。
先生、ストレートだなぁ。
高いバイオリン買っても、怒らない気がする(笑)

キラキラ星のテーマは・・・・ボロボロ
あたま(元弓でかませて音を出す) → まんなか(音をふくらませる) → 弱い響き
って感じで弾く。

ギシっていう音が出るときは右手に力が入っている状態。
録音聞き直しても、音のふくらみないなぁ
まだまだ、苦労しそうです。

で、レッスンの最後に・・・・
キラキラ星の今日の注意点が出来たら、次のちょうちょうに入りましょうって。

これはマジで全曲やり直すよね??
2009年11月07日 (土) | 編集 |
今日はレッスン帰りにお買い物へ。
お相手はマリさん

いつものカラオケ屋さんではなく、繁華街の楽器屋さんへ。
○番出口を出たとこすぐにある楽器屋さんで待ち合わせ!って約束だったけど・・・・
出口目の前にあるのはルイ・ヴィトン。今日はここで何か買わされる?!ってちょっとドキドキ
で歩き始めたら、背後にマリさんが。気付かなかったよ
マリさんとは6日ぶり?
彼女よりよく会ってるよ(って彼女いないけど
そして、無事楽器屋さんへ。

バイオリンのデュオの楽譜を探しに楽器屋さんへ行ったけど・・・・あんまりない。
でも、いい本見つかりました。
今までも目にした事あったと思うけど、手に取った事なかったかも。

バイオリンパートナー

グレードがあって、A→B→Cと上がっていくみたい。
こちらの楽譜はB-3デス。

バイオリンパートナーB-3

曲はこんな感じ。
ソロの曲とデュオで弾ける曲が半々ぐらい。
ソロの曲もなかなかグーな感じです。
私がB-3、マリさんがB-1の楽譜を購入。

お茶をしながら次の課題曲を決定!!
曲目は、次回公表かな?マリさんにお任せデス

最後はマリさんちの近くのスーパーでお買い物。
マリさん「ご近所さんに見られたら、若いツバメを連れてるって思われちゃうあ、くまたん、そんなに若くないか

むきゃ~~
マリさんオススメの手羽先を買って、ヤケ食いしました(笑)
おいしかったデス
2009年11月04日 (水) | 編集 |
先週末のお話。

今回は初めての弦楽器フェア。
バイオリンを初めてからずっと福岡だったからね~
今年は地元に戻ってきたし、勿論行くよ!!って言ってたのが、つい先日の話。

なのに、また新幹線に乗って来るハメになろうとは・・・・
ショックのあまり参加表明してなくて、みなさんを惑わせてしまってごめんなさい

今回は、前日の金曜日から仕事で来てたけど、退職する同期の子と飲んでたりで夜中の帰宅だった為、午後からまったり参加。東京駅近辺でひとりで上京のくららさんをお出迎え。楽器ないけど、ちゃんとわかったよ!!
「会場にどうやっていく?」って話になったけど、くららさんに地下鉄の乗り換えをさせるという考えは毛頭も持たず・・・まっすぐタクシーで会場直行。

会場に着いたら・・・入り口すぐのブースに見慣れた顔が!!
ゆいさん、かずぽん、のんたん、こうちゃんがオラオラ弾いてるし(笑)

そこのブースの弓結構良かったなぁ。名弓のレプリカって感じで、それぞれ個性的。聞いたら、ひとりの製作者が作ってたんですね。全部で15本~20本はあったかな。ビックリ。それぞれのモデルの弓を所有してそれを元に作ったとの話。ぺカットやトルテモデルもありましたよ。ギヨームもそうやって作ってたって以前に聞いたけど、このおっちゃんもか??!

それと、入り口付近にドラマ「ブザービート」で北川景子が弾いていたバイオリンも展示されてましただ~れも興味がないようで、覗いてるの私だけなんですけど・・・・私って異色のバイオリン弾き?

バイオリンはあんまり弾かなかったなぁ。ちょこっと弾いたのも入れても10本ぐらい?
すぐ、コレいい!!って思ったのは350万だかのバイオリン・・・
現実的なところで私の心を捉えたのは、天野年員(としかず)さんのバイオリン。
菊田さん、高橋さんと共にテレビ番組でも紹介されてる有名な天野さん。
映像や写真で見ていて、天野さんの楽器の色や雰囲気が一番好みだなぁって以前から目付けてました。でも有名な方だし、気軽に弾く機会ないよなぁって思ってたら・・・・

ゆいさん、高橋さんのバイオリン買ってるし
って事で手薄になった間隙をついて、天野さんのバイオリンとご対面。
そしたら、いつの間にかくららさんも横にいてちゃっかり弾いてるし(笑)
裏板といい、バイオリン全体がキレイで素敵でしたね~
肝心の音色はというと・・・・これまた私ごのみ明るく華やかっていうより、落ち着いててまろやかな感じ。
一緒にいたのんたんにも弾いてもらったら、のんたんもグゥ~!って感じみたい。
お店の方にお値段聞いたら・・・95万。
でもね、その楽器は買い手がついていて、お店でも予約しても1年半待ちみたいです。
残念でも、ちょっぴりホッとしたりして
でも、今後のバイオリン探しの基準になりそうないい出会いでした。
天野さんとお話出来たら良かったなぁ~

あとは、前に教室に来られた楽器屋さんのイケメンお兄さんとも再会したり、演奏会をちょこっと聞いたり。
そして、CDも持ってるプロバイオリニストの吉田直矢さんが来てたり。生で初めて聴いたけど、やっぱり、うま~。吉田さんが弾くとどのバイオリンもとっても良く鳴ってて、欲しくなっちゃいますね~宮本笑里さん、ふらっと来ないかなぁって探したけど、勿論いない(笑)
けど、色々と楽しかったデス。

前に楽器屋さんの弦楽器フェアは行った事あるけど、今回のこの弦楽器フェアは初めて。最初は緊張してあんまり弾けなかったので、ちょっと心残りかな。今後の為にもっといっぱい弾いてみれば良かったかなって思いました。

みんなの試奏の印象はというと、
ゆいさん、音階を一音ずつ丁寧に弾いてるし。おぉ、噂に聞いてるメモも拝見!
かずぽんも遠慮がちながらザイツとかも弾いたり。
こうちゃんはふらっと1人消えたりしながら、ガッツリ満喫してるし。
のんたんは、一番オーソドックス?に楽しんでる感じ?
くららさんはめっちゃ遠慮してるねぇ。次はもっと色々弾こうね!!

また次回も行くぞ~~!!(東京に戻ってきてたらね)

おぉ、だいぶバッサリ切ったつもりだけど、長くなったので・・・・ つづく

2009年11月02日 (月) | 編集 |
今日は、つい先日までお世話になってたT先生の結婚の日。
午前中はいいお天気で、世の中結婚式日和のようで、たくさんの結婚式帰りの人達で街は溢れかえってます。

教室のお仲間と最寄り駅で待ち合わせデス。
東京を去ってちょうど2ヶ月。みんなとの感動の再会と思いきや・・・・
当たり前の挨拶。そりゃ2ヶ月で3回目の顔合わせだもんね~
まだ教室辞めたって知られてない?(笑)

で、二次会会場へ。
会場へ着くとちょうど先生の演奏のお仲間達が。
うわ~、みんなキレイ・・・・
私が福岡時代にコンサート行こうかなって思ってたフルート奏者のAさんもいるし
T先生には、「くまさん、フルートのAちゃん好きそう~」って言われてたけど、さすが師匠!弟子の事よくおわかりで

先生と活動をしていたプロのばよりん弾きの子と同じテーブルだったので、ちょこっと話をしましたが、いい子ですね~~。T先生のレッスンは「レッスン1時間、飲み2時間」って話をしたら、「それってホントの話だったんだね~」って。バラした事になっちゃいました

でも、別の教室で先生が教えてる生徒さんには「くまさん(本名の方ね)ですか?」って聞かれたので、何で知ってるの??って思ったら、私が弓買った事やあっという間に転勤したのも伝わってるし。どんだけ情報筒抜けやねんっ!!って感じ。なのでおあいこ?

で、肝心の旦那さんはというと・・・・
以前に一度だけお会いした事あったんですが、明るく元気な方です。
先生は、いつも通りおキレイでしたけど、笑顔は今までで一番ステキでしたね~
レッスン後の飲み会で、旦那さんへの愚痴を聞いたり、結婚に向けての相談聞いたり、招待状を作るの手伝ったりした思い出がよみがえってきて、ちょっぴり父ちゃん、最後の挨拶でホロっときちゃいそうだったよ。
先生と旦那さんは同い年だし、10年近い付き合いがあって、2人は仲間~っていう感じです。お幸せにね~~
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。