2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月27日 (水) | 編集 |
解放です。開放弦の話じゃありません。

遡ること15時間前。
深夜0時のお話。

酔っ払って自宅へ帰ってきたところ・・・
カギが開かない
入居した頃からカギの具合が悪く、そのうち不動産屋に連絡しないとな~
と思っていたら・・・

何故、今日?!
金曜の会議に向けて資料作成したり、上司の転勤の引継ぎとかやる事満載なのに

30分程玄関で格闘した後、さっきまで一緒に飲んでた後輩に電話するも、出やしない
諦めて閉店間際のツタヤへ駆け込み、徹夜用の文庫を買ってファミレスにでも行くかなぁ~って思って、もう1度だけ玄関でトライ!
暫く格闘の後、開いた
神様いるのね~~、これでゆっくり寝れるよ。


で、朝。
会社には休むか遅れるかわからずと電話をし、不動産屋へ電話。
やって来たのは大家のおっちゃん(初対面)。
おっちゃん以前やった事があるらしく、意外と手際よく交換してます。
交換完了ってことで、いったんドア閉めて外からカギのチェックをしようとしたら・・・

ドアノブ回りましぇん

どうやら取り付け損なったみたい・・・
今度はカギかからないどころか、部屋から出れなくなりました・・・(この時11時)
大家のおっちゃん17時になるけどいい?って言うし・・・食べるモンも何もないし・・・
完全に監禁です全然部屋でくつろげないやん!!


カギ屋さんが到着してさっき解放。(この時15時)
はぁ~、これで何か食べられるよ。
自宅の食料、カルビーのサッポロポテト バーベキュー味の1袋だけだったからね(笑)

(今日の教訓)
ドアノブの遊び部分の向きを間違えないように!
スポンサーサイト
2010年01月24日 (日) | 編集 |
今回は先生と楽器の話。
先生のバイオリンはイタリアのもの。
ご自身の先生と2人で弾いて決めたそう。どこの楽器かも見ずに音や見た目で決めた結果が今のバイオリンだったとの事。先入観無しにコレ!って選んだバイオリンっていうのいいですね~~
私は値段とか国を見て、アレコレ考えてしまいそうです

自分のバイオリンは弾き慣れてるし、音の鳴らし方はわかっているもの。お店にある楽器はいつも誰かが弾いてる訳でもないし、何時間か弾いてから鳴り出すものもあるとのこと。なので、その場で弾いて自分の楽器より鳴る楽器っていうのはもっと鳴る楽器だそうです。

以前お願いしていた「風笛」の1stの指番号を振ってもらった楽譜を渡してもらいました。
1箇所「5」って書いてある箇所が・・・ん、5ポジ?
ちょこっとポジションの事聞いたけど・・・自力だな、こりゃ(笑)

さて、今回のレッスン。

・ボウイング

親指が移動してしまう。弓の下に置いてる親指が動いて下から突き出てる感じ。中指で親指が出て来ないよう押さえるように握るけど、うまくいかないです。これ、前からあるんですよね~~。困った
実は、今の弓、親指があたる部分の形が独特。これが原因なのか?しっかり弓が持ててないだけなのか?

・キラキラ星

変奏C「タッタカ」の「タカ」の部分で弓の返しが分からないように弾く事。
粘っこく弾くと音のアタマがはっきりしてないって言われる部分なので難しい。日によって出来が違う部分。

変奏Eでは、弓の返しの時に音が出ないように。せっかく柔らかく手首を使っても音に出てはダメ
弓の切り返しの時に弓の圧力を弱められるように。ボウイングの時にやっているように、短く返す時でも弾けるように。
8分音符とかで音に表情付けて弾き続けるのって、難しい~棒弾きになっちゃいます・・・

テーマ、元弓までしっかり使うこと。弓をしっかり持てないと元弓まで弓を引き上げられないですね
手首を柔らかく使えていない時は、弓の圧力を弱く落とせてないとのこと。

毎回レッスンの時に先生に注意点をノートに書いてもらっているのですが、自宅での練習の時もノートを読んで、どこを注意するかに気をつけて練習するように注意されました
レッスンの当日に(教室の1階部分で)前回の注意点読んでたのバレてる?

・ちょうちょう

OK。合格ってシステムないのかな~?(笑)

・こぎつね

跳ねるように弾くこと。最後に「跳ねた感じになりましたか?」って聞かれたけど、全然わからん(笑)
困って黙ってたら、先生笑い出すし。
先生の演奏と比べたら、重た~い演奏してる気がします。その辺かな?

・むすんでひらいて

ここでも、弓の根元まで使って弾くように注意。
四分音符で全弓は苦手
音の真ん中の部分では、音を膨らませるように。
練習では、いつも自分が弾く速さより2倍ゆっくり弾くように。

「クリスマスのうた」は今回も時間切れ。他の注意点が直ったらって事なので、当分おあずけかも

今受けてる注意が、意識せずに弾けるようにって。
前回のレッスンで言われた事だけど、何も考えずにダラダラと練習するのは無意味。どこを注意するのか意識しながら弾くことだそうです。
耳が痛いったい
2010年01月21日 (木) | 編集 |
昨日は突然の休み。
ま、昨年の休日未消化分なんだけど・・・

ってことで一昨日の仕事中にマリさんへ連絡(笑)
マリさん、急な連絡にも関わらずOKくれました~~

さっそく年明け最初のバイオリンデュオの会。
第4回ってことでいいんでしょうか?

カラオケ屋さんに現れた、マリさん、ピンク
普段モノトーンなイメージなんだけど、ピンクもいいですね

マリさんのレッスン前日ってことで、好き勝手練習しよう!って趣旨だったのですが・・・
私のキラキラ星がうるさい?ってことで(笑)、鈴木の合奏譜通し演奏の会。

でもね・・・問題は私は鈴木2巻の1番「ユダスマカベウス」までしか習ってないこと
じっくり基礎を学ぶのもイヤじゃないんだけど、ある程度一緒に合わせるぐらい経験は積みたいなぁって思ったかな。ま、自主練すればいいのかな?

合奏はグタグタな感じが多かったけど、久々に色々合わせたので楽しかったデス
マリさん、宿題も合格したみたいだし、この会の成果?(笑)

おしゃべりしながら2時間弾いてバイオリン片付けた後で、結局1時間おしゃべり。
大人な会話満載ですよ

帰ってからも、バイオリン弾いちゃいました
いや~、オフ会って本当にいいもんですね~
2010年01月18日 (月) | 編集 |
今年2回目のレッスン。
ん~、レッスン記事が激しく飛んでます
振り返ってみると・・・
年内最後のレッスンだった10回目は、特に目新しい事はなかったかなぁ。

そうそう、手首の脱力について先生に質問。
「バイオリン始めたばっかりの人でも手首を柔らかく使う事は出来るのか?」
出来る人は出来る!短い期間に集中してレッスンに通ってくる人は出来るようになる可能性高いかも、とのこと。
反対に、1週間丸々バイオリン触れない人とかはなかなか難しいそうな。耳が痛い

年明け最初のレッスン(11回目)は、全然練習してなかった(3週間バイオリン触らず)のでかな~り不安のままレッスン突入したんだけど、音のあたまの音が出てるって褒められました。これは嬉しかったですね~
苦節3ヵ月、ようやくスタートラインに立てたかな。
そうそう、曲も4番「むすんでひらいて」、5番「クリスマスのうた」が新しい課題に


さてさて今回のレッスンは、

ボウイングで久々にチェック。
「アップの時に、人差し指がもう少し深くかかるように」
アップダウンで弓を持つ指の位置を変えないといけないんですよね~、そうすると親指の位置もずれちゃううまくいくコツが掴めず何ヶ月も苦労してます
手の甲を親指から離さないっていうのがポイントのようで毎回注意されますが、ムズイ。って字で読んでもピンと来ないですよね、この話。

それと、曲の出だしの弓の位置忘れてました
曲が増えて、それぞれ弾き始めの弓の位置違うのを忘れた・・・これはちょっと情けなかったデス。

3番「こぎつね」では、息遣いで注意。
前から言われてる事なんだけど・・・・
「休符の時に息を聞こえるように吸うこと」
アンサンブルでも出だしを合わせる為に、やりますよね。あれデス。
あれ、上手く出来ないんですよね
つい音出さずに静かに息吸っちゃう。だって、恥ずかしいもん。乙女だから(笑)
で、先生にあまりに注意されるんでやったけど・・・普通に鼻すすっっちゃったじゃん

そして、事件が
キラキラ星の変奏Dを弾いていたら、バチっって音が
どこの部分弓で弾いたんだ??って思ったら・・・E線切れてた。
頬に赤い鮮血が・・・・
って事は何も無く
嫁?入り前なので良かった~
弦切れ初体験って言ったら、先生驚いてました。ふつ~、そんなに切れるもんなのかな?

この機に先生と弦の話をしたけど、先生はドミナント。
以前はオリーブ使ってたみたいですが、あまりに弦が狂うから変えたそう。


前回から新しい課題「むすんでひらいて」と「クリスマスのうた」が増えましたが・・・
合格して進んでる訳ではなく、何ひとつ合格してません
なので、キラキラ星→ちょうちょう→こぎつね→むすんでひらいて→クリスマスのうた と1番から全通し。今日は「むすんでひらいて」で時間切れ。ちょっとホッ
来週こそは頑張ろう。
2010年01月12日 (火) | 編集 |
通勤での1枚。

いや~、久々にいいCDに出会えました。

川田知子 シャコンヌ

以前のコンサート記録でちょこっとだけ記載した、川田知子さん。

1曲目のヴィターリのシャコンヌから素晴らしい
熱い、情感込めた演奏なら他にもいっぱいあるけれど、彼女はホント音がキレイ。
一音一音が透き通っていて、心地よく耳から入ってきます。
朝の通勤電車でこの音聴いたら、やる気出ちゃいます。

他の曲を紹介しておくと、
ラヴェル:ハバネラ形式の小品
マスネ:「タイス」の瞑想曲
サラサーテ:序奏とタランテラ
パガニーニ:カンタービレ
クライスラー:前奏曲とアレグロ
パガニーニ:ラ・カンパネッラ
ドヴォルザーク:ソナチネよりラルゲット
バルトーク:ルーマニア民族舞曲(CDの表記通り)
ファリャ:スペイン民謡組曲

メジャーどころ満載の小品集ですが、音の美しさで言えばどの曲も素晴らしかった。
バルトークとかはあっさりとし過ぎていて物足りない感もありましたが、音色を堪能という意味では文句無しです。

彼女はサイトウキネンや宮崎国際音楽祭への参加や室内楽も幅広くやっていて、有名な方なんですが・・・
みなさん、ご存知ですか?

若くて綺麗なバイオリニストがポンポンCD出すのもモチロン悪いことじゃないんだけど・・・
彼女のようなバイオリニストがもっとCD出してくれたらなぁって思います。


もし、誰でも好きな人にバイオリン習えるって言われたら、川田さんに習いたいなぁって思ってるんですよね~(妄想)
宮本笑里とは答えませんよ、一応(笑)
2010年01月11日 (月) | 編集 |
土曜日は年明け1回目のレッスン。
そういえば、年内最後のレッスンの記事も書いてない・・・

まぁ、気が向いたらそのうち書こうと思います。
(え?いらない?

今回の正月は初めてバイオリンを持たずに帰省。
年内最後のレッスン以降3週間ぐらい全くバイオリン弾かなかったんですね。
こんなにバイオリン弾かなかったの初めて。引越しの時でももっと弾いてたのに。

離れて気付いた事は・・・・・
バイオリンにどっぷりハマってたなぁってこと。
盲目の恋が冷めた感じ?
のんびり音楽聴いたり、テレビ観たり、本読んだりとのんびり年末年始は過ごしてました。
このままだとバイオリンからどんどん遠ざかっていくかも~

で、この3ヶ月学んだ事を忘れまくった、結構ヤバい状態で臨んだレッスン。
細かいこと気にせずに、とりあえずキラキラ星弾いていたところ、
「最初の音が良く出てますよ」って先生のひと言が。

やる気デタ~!


ふっ、今年もどっぷりバイオリンに浸っちゃいます
[続きを読む...]
2010年01月05日 (火) | 編集 |
え~、今日から仕事に行き、先程帰宅。
う~ん、働くビジネスマンですね

という事は全くなく、新年1日目から何故飲みにいく・・・?
早速今日の練習はパスです

そうそう、昨日観ました、龍馬伝。
福山雅治、カッコよかですね~

「憎しみからは何も生まれん」

は~、このシーン、何度見てもたまらんとデス
あの表情、声、全てグー

何故、同じく低い声(同じか?笑)なのに、後は全部違うね~ん
というこの思い、どこにぶつければいいんでしょうか?

エロいとこも似てる

ボカッドコッバキッ

・・・・・・

今年もヨロシクお願いします
2010年01月03日 (日) | 編集 |
あ~あ、明日からもう仕事。
しかも5日間ふつ~に働かないといけないねぇ・・・ってこの時間思ってる人、どれだけいるんだろう

さて、今日も練習はしました
少しは弓が持てるようになってはきたけど、ここ3ヶ月先生に言われてきた注意点を修正するまでは至らず。

「ちっちゃいことは気にするな。それ、わかちこ、わかちこ~」
ってことで?、今日はテキトーに昔弾いた曲を弾いてみました。

新しいバイオリン教本2巻の、1番~23番「アンダンテ」まで。
音は汚かったし、音程もイケてないけど、結構覚えてました。
以前苦労してた部分でも、指が動くようになってたりね

しかし、明日からはまた仕事だし・・・このまま週末のレッスン突入かも
右手の感じは未だ戻らず。ピンチです。


さて、昨日今日は箱根駅伝をちょこちょこ見てました。
東洋大の柏原強かったね~。1区間で5分以上の差を付けてくれると他の人達は楽でしょうね。
それとここ最近私が弱いのは、(時間制限で繰り上げスタートの為に)たすきが途切れちゃったり、中継地点でたすきを渡した後に倒れ込んでしまう選手たち。
今回も、亜細亜大のたすきが途切れちゃった時涙ぐんでましたよ
あそこまで必死に限界まで何かをやり抜くって今までもないですよね。
バイオリンを気を失って倒れるまで弾いてみるとか?!

ちなみに、駅伝って昔はキライでした。
やたら長いし、延々走ってる姿見てても面白くなかったし。
でも、親父が昔から好きなんですよね~

いつの間にか私も見るようになってるし。
もう歳かのぉ
ちなみにクラシックも同じ感じ。日曜日の朝からいっつもクラシック聴いてる親父が鬱陶しくてね~
って今じゃすっかり、私の方が聴くようになってるけど(笑)
親子ってこんなもんなのかな~って、駅伝見てて考えた今日1日でした
2010年01月02日 (土) | 編集 |
今日帰宅しました。富士山がとっても美しかった
早く自宅に着いたので、せっかくだからとちょこっとバイオリンを出してみる。

・・・・・3ヶ月間みっちり習った事、この1ヶ月で忘れてるよ
最後にバイオリン弾いたの12月13日だからほぼ3週間ぶり
引越しの時より弾いてないんじゃないかなぁと思います。

年末に観た五嶋龍をイメージして、軽やかにボウイングをビシッと決めようとすると、

弓がぼわ~ん!

って跳ねるじゃあ~りませんか(いや、それは3週間前も変わらずだったよ
こりゃ、来週のレッスンで先生が呆れる事、間違い無し

って事で、今日は1時間ぐらいリハビリを兼ねてちょこっと弓動かしてました。

年末に1年を振り返ったり、年初に今年の抱負とかって全く考えた事がない私なので、年初めに弾く曲って全く意識してないんですが、みなさんは何か思い入れを持ってその年のバイオリンを弾き始めたりするんでしょうか?

今年はバイオリンを始めてから初!の意図を持っての1曲。
もちろん、キラキラ星
死ぬ時にもきっと、脳裏にはキラキラ星が鳴り響いてるんだろうな、きっと。
そんな弾き込んでるわけでもないんですけどね(汗)

明日も少しは弾いて、昨年先生から教わった事を思い出したいですね

そして、今思い付いた、今年の目標
「先生探しをしない

これって、自分ではどうする事も出来ないよね(笑)
2010年01月01日 (金) | 編集 |
30日に今年最後のコンサートに行ってきました。
その名も、五嶋龍ヴァイオリンリサイタル

宗次ホールで2日間に渡って4公演ありました。
いや~、龍君の使っているヴァイオリンの関係で聴けるであろうこの公演。
名古屋の住人の特権ですね。早速満喫してきました。

曲目は、

ディニーク:ホラ・スタッカート
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調「雨の歌」
ショーソン:詩曲

アンコールは
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
クライスラー:美しきロスマリン

出だしからにこやかな笑顔で登場です。
だんだん大人になっていくのね~

最初は、ハイフェッツ編曲のホラ・スタッカート。軽やかなスタッカートの妙技から。
今回は6列目のセンター席からだったので、ガン見です。
去年福岡で聴いた時など、今までは左手のテクニックにばかり目がいってましたが、今年は違うよ!!
右手もしなやか~だったのに惚れ惚れ

彼のイメージっていうとパガニーニとかサラサーテの曲のイメージが強いと思いますが、
今回のブラームスとショーソン、ホント良かった
低弦の時のあの音色、マジ惚れました
「雨の歌」は私が好きなソナタの3本の指に入る曲ですが、泣きそうなぐらい。
ショーソンが終わった瞬間は、みんなタイミングドンピシャで大拍手。スタンディングオベーションも数多く出て、すごい盛り上がりでしたよ。

そして、アンコールでツィゴイネルワイゼンでしょ
ベートーヴェン・ブラームスと大曲を弾ききった後に、まだ行くか!って驚きと共に素晴らしいテクニックを満喫しました

で、思ったわけですよ。
彼は左手のテクニックや言動が目立つけど、ボウイングもとてもキレイなんですよね。
だからこそ、低弦のあの美しい響きが出せるんだろうなって。
見た目だけなら、秋元康系?(笑)な私としては、葉加瀬太郎だろ!って突っ込みが入りそうですが、彼の響きのかけらでも出せたらいいなぁって思っちゃいました。

今年聴いた演奏の中ではナンバーワンかな
年の初めに聴いたリサ・バティアシヴィリも良かったけど、神尾真由子さんやシン・ヒョンスさんよりも良かったと思いますまあ、宗次ホールでヴァイオリンのソロの音色を満喫出来たっていうのもあるかもしれないけどね


と、年末年始の記事としてはおバカな感じになってしまいましたが・・・
今年は2回の先生探しというバタバタな1年となりましたが、バイオリンを通してリアルでもブログでも新たにたくさんの方々と知り合う事が出来、とても充実した日々を過ごす事が出来ました。ありがとうございました。

2010年もみなさまにとっても素晴らしい1年になりますように
そして、また色々遊んで下さいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。