2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月14日 (日) | 編集 |
今日は、新しい教室の発表会
いや~、緊張しませんでした。
出てなかったからね(笑)

ひょんな事からマリさんの知り合ったお仲間が私と同じ教室って事で一緒に発表会へ。世の中ってホント狭いですよね~~

発表会は大人の部から合流。全部で26曲。簡単なところでは「ロングロングアゴー」から一番難しい曲では「チゴイネルワイゼン」まで幅広い!

最近レッスン記事書いてないけど・・・ちなみに次回の私の宿題は「ロングロングアゴー」デス!え?聞いてない?

正直な感想を書くと、みんな結構しっかり音が出てる
これは身びいきではなくて、色々見てきた中でそう思いました。
あと、女性陣はめっちゃ手首使えてるな~って感じ。
しっかり音出せて、手首が使えてると、いい感じで聴こえます。

教室の発表会を聴くと、どんな先生かわかる!っていうのが私の持論なんですが、みんなの演奏を聴いた事で先生を信じてコツコツ頑張っていこうって、あらためて思わせてもらいました

あ、「チゴイネルワイゼン」はマジ演奏でした。左手で弦弾いてましたよ

発表会が終わった後、マリさんのお知り合いの方にご挨拶。
今の教室は先生がみんなキレイなようで、男性陣は・・・、私は惑わされてませんよ

その後はマリさんと解散し、全く知り合いがいないけど、打ち上げへ!
先生の近くに座らさせて頂きました。レッスンでしか話をした事なかったけど色々話も出来たし、教室の方々もみなさんとってもいい方で、初めてなのに人見知り?な私でも遠慮なく話せて楽しかった~

あ、マジメな話もしましたよ。
発表会でしっかり音が出てた人と出てない人の違いは、ボウイングだそう。
やっぱりどんな緊張した状況でもしっかりボウイングが出来るよう、日々の練習が大事ですね。

そして・・・今習っている以外の先生たち。初めてお会いしましたが、みんなマジ綺麗で、ビックリ
あ、でも、私が体験レッスン受けた時は、先生マスクしてましたからね(笑)

来年は、発表会出るのかな~~
いよいよ、ソロデビュー?
スポンサーサイト
2010年03月10日 (水) | 編集 |
もう先月末のお話。

今年初のプロオケの定期演奏会。(アマオケは一度行ってました)
お馴染み?の名フィルです。

今回のプログラムは

ラヴェル:スペイン狂詩曲
ルトスワフスキ:オーボエとハープのための二重協奏曲
ホリガー:クリスティアン・モルゲンシュテルンの詩による6つの歌(日本初演)
シューマン:交響曲第1番変ロ長調「春」
(アンコール)
ルトスワフスキ:魔法
ホリガー:クリスティアン~ から第3番「蝶」

指揮はオーボエ奏者のハインツ・ホリガー

とっても渋いプログラム。
なかなか聴けないプログラムですね。って1曲は日本初演だし。
ルトスワフスキの曲はオーボエはハインツ・ホリガーの吹き振り(って言うのか?)、ハープは奥様のウルスラ・ホリガー。素敵な曲でした
ハインツ・ホリガーはモチロン知ってましたし、テレビで観る事はありましたが、いや~スゴイ。
結構なお歳を召されてると思いますが、バリバリの超一流。美しくそして力強い音色に圧倒されました
こんな一流の音色を堪能出来てホント満足でした。

さてさて、3月のプログラムは
ソリストの滝千春さんが、ヴォーン・ウィリアムズの「揚げひばり」を弾きます。
ヒラリー・ハーンのCDを聴かれた方はいるかな?こちらも楽しみです

そして、4月からの新シーズン。
テーマとして世界の都市名を冠してのプログラムのようです。

4月の「プラハ」を皮切りに「バーゼル」「マドリード」と世界を巡っていきます。
こちらも楽しみだな~~
ちなみに4月の「プラハ」はコバケン指揮でスメタナの「わが祖国」全曲演奏。
チケットかなり売れてました。コバケンって人気ありますね

転勤のリスクがなければ、シーズンチケット買うんだけどなぁ。
ま、毎回毎回忘れず買うぞ~~
2010年03月01日 (月) | 編集 |
今日ももう終わりですが、一説には今日はショパンの誕生日(らしい)。

今年はショパンの生誕200周年って事で、巷ではショパンプログラムが目白押し。
ツィメルマンのオールショパンプロ行きたい~

でも、バイオリンを弾いてるだけだとショパンとは全く無縁。
みなさんは、バイオリン弾きでもショパンはお好き??
どんな曲がお好きなんでしょう?

私もショパンは好きですよ~
最近はバラード1~4番を良く聴いてます。

有名どころの1番が一番好きかなって感じですが、2~4番もイイ
でも、やっぱり1番かな。中盤の盛り上がり部分とかは朝の通勤電車でも泣けちゃいそうなぐらい好き。

アシュケナージのショパン作品全集を聴く事が殆どなので、他の演奏もせっかくだから今年は色々聴こうかな。今夜はツィメルマンのバラード集ってことで

そうそう、昨日放送の「題名のない音楽会」にスタニスラフ・ブーニンが出てましたね。
雑誌の記事とかでは名前は見かけてたけど、テレビでは久しぶり。
彼がショパン国際ピアノコンクールで優勝したのは、1985年。
私は小学生でした。その時付けられたあだ名が「ブーニン」。
今思えば、当時は似てたかも(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。