2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月02日 (火) | 編集 |
ついにこの日がやってきました。
そう、昨年に続き、ゲルギエフ音楽祭の始まりです。

ゲルギエフ音楽祭

ちなみに今日はお休み取っちゃいました。

お昼から花花さんと待ち合わせて、カラオケで練習。
4時間も弾いちゃいました。特に曲を仕上げるって事はなかったですけど、白本の曲とかも色々弾けて楽しかったです。白本仲間もっと集まれ~~(笑)

カラオケの後はCD見に行ったり。
買ったのは、これ
広響

何故か、広響(笑)指揮者の秋山さんが九響と広響の音楽アドバイザーって事で親近感持ってます私の好きなシェエラザードだし。


そして、いよいよ音楽祭へ。
今日は、ワディム・レーピンのヴァイオリン・リサイタル。

しか~~し、姉さん事件です
プログラムが変更になってました
今日一番楽しみにしていた、プロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第2番が第1番に変更・・・・
の~~ん!1人でいたら、泣いちゃってたよ

気を取り直して、会場へ。
会場は意外なほどに空席が目立ちました。何故?レーピンって最近人気ない?
普段年配の方が多いコンサート会場ですが、今日は若い人が多かったです。しかもバイオリンを背負った人もちらほら。

曲目は、
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ ト短調
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ヘ短調
ベートーベン:ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 「クロイツェル」

クロイツェル以外はあんまり聴かないかなぁ。
プロコフィエフは2番が好きなんです!!(←しつこい!)

でもね。良かったんですよ。
席は6列目の中央だったので、消え入りそうなバイオリンの弱音まで聴き取れました。
ドビュッシーとプロコフィエフは静かめな曲なので、後ろの方だと結構厳しい感じだったかも。

レーピンっていうとヴィルトゥオーゾ!ってイメージが強くて、見た目のごつさからゴリゴリ弾くって思ってましたけど、全然違いました。
私の大好きなヒラリー・ハーンのような澄んだ音色が!っていうのとはまた違った感じで、なんて言うのかな、優しい音色っていうのかな。弱音までふわっと聴こえてくるんです。
曲になると、情緒たっぷりって感じでしょうか。
今までのイメージ変わりましたよ。
クロイツェルとか、レーピンのCD(伴奏:アルゲリッチ)と比較したら諏訪内さんのCDの方が男らしい弾きっぷりだし。
昔のCDはあんまり聴いた事ないけど(取り寄せ中・笑)、恐らく今とは違う感じなのでしょうね。最新のブラームスのコンチェルトのCD共々聴くのが楽しみです。

演奏はというと、なんか左手の指全部繋がってるように見えました(笑)
ごついですね~~
でも、右手の小指はとってもふにふに(おんまるさん風)してました。
単純にダウンで弓から離れて、アップで添えて支えるとかって動きじゃなくて、軟体動物?のような言葉では言い表せない動きでしたよ。
弾き方は正統派って感じでしょうか。弓使いはキレイでしたね。

そして、伴奏のイタマール・ゴラン。
彼も忘れちゃいけやせん。
以前から好きなピアニストなんですが良かった。途中、レーピンじゃなくて彼見ちゃってましたよ。鍵盤は見えなかったのですが、手のタッチがいいんですよね。しかも、挨拶の時の笑顔が素敵


お客さんの入りは想像より少なかったんですが、バイオリン好きな方が多かったんでしょうね。いい雰囲気でした。
カーテンコールも3回。
アンコールも、ハンガリー舞曲やショタコーヴィチの「24の前奏曲」、チャイコフスキーの「ワルツ・スケルツォ」と3曲もありました。
ワルツ・スケルツォでは、今までのイメージ通りのレーピンのテクニックが見れました。最後の観客の拍手も「最後~~」っていうのが分かる気持ちいい感じでお開きとなりました。

彼は37歳。これから巨匠への風格を身に付けていきそうな感じです。
プロコフィエフの2番じゃなくて1番を選び、ドビュッシーを入れたところでも、奥深さを感じた気がします。

来週は、ゲルギエフとロンドン響。プロコフィエフ聴きに行きます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お休みとってのバイオリン三昧!
くまさん、本当にクラッシック漬けの毎日ですね(^^)
すっごーい!
こうして、益々、知識を蓄えていくんですね~
2008/12/02(Tue) 20:42 | URL  | ゆい #BWyYLYpg[ 編集]
音楽祭
私の住んでる所では、10月に樫本大進さんが音楽総監督を務める、国際音楽祭がありました。
昨年から行ってるのですが、大進さんの音すごくきれいでした。
来年も楽しみです。
2008/12/02(Tue) 21:24 | URL  | f #f4RRH762[ 編集]
☆ゆいさんへ☆
定時退社しずらかったので、休み取っちゃいました(汗)
ちょうど、花花さんと時間が合ったので急遽バイオリンオフ会の開催となったのでした。

確かにクラシック&バイオリン漬けの日々ですね。ま、これだけハマる事もそうそうないでしょうし、今は思う存分楽しむつもりです。
2008/12/02(Tue) 22:16 | URL  | くま #-[ 編集]
秋山和慶もレーピンも、僕は大好き!
ゲルギエフはきいた事ないからわかんないけど。
レーピンのコンサートは、僕も行こうか迷ったんだけど、結局やめました。
ゲルギエフ&ロンドン響でプロコ祭り、これがまたチケット代高いのなんの!
ちなみに、レーピンのCD、エラート時代のは全部持ってます!
2008/12/02(Tue) 22:20 | URL  | che #-[ 編集]
☆fさんへ☆
樫本さんやってますよね~~
fさん行かれてるんですね。いいな~~
あれって室内楽メインでしたっけ?

九州にも別府のアルゲリッチ音楽祭や宮崎国際音楽祭など魅力的な音楽祭色々あるんですけど、なかなか行く機会が・・・

小さくても地元で行われる音楽祭っていいですよね。これからも是非通い続けて下さいね!!
2008/12/02(Tue) 22:21 | URL  | くま #-[ 編集]
ああ、書き忘れたけど、イタマール・ゴランみたいな伴奏ピアニストが好きって、くまさん通だねぇ。
確かに、バイオリン曲で、有名ピアニストが伴奏するとろくな事にならないからなぁ。
2008/12/02(Tue) 22:23 | URL  | che #-[ 編集]
☆こうちゃんへ☆
おっ、秋山さんもレーピンも好きなのね。話合うなぁ~!
今度チロルさんと一緒に広響なんてどう?

こっちはなかなか大物来ないから、行く!って腹括りやすいんですよね。
東京だと、あれもこれも~っていいながら、どれも行かない気がする(笑)

レーピンの以前のCDはボックスで頼んじゃいました。届いたら聴こうっと。

ゲルギエフとロンドン響なら、今なら全曲録音中のマーラーが旬なのにね。何故、プロコフィエフ?!以前の全集のCDも分売されるしね。
こっちはね、東京と比べてチケット代がリーズナブルなんですよ。なので、今回は2階席からゲルギエフの指揮をガン見です!
2008/12/02(Tue) 22:27 | URL  | くま #-[ 編集]
☆再びこうちゃんへ☆
有名ピアニストの伴奏って話題性って感じでしょ。
やっぱりね、長い間かけて築き上げていくものってあると思います。弦楽四重奏みたいに。

世界中のソリストからお声がかかるだけあって、安心して聴けるっていうのかな。誰とやってもしっくりくる所がスゴイなぁって思うし、好きなんです。

ステージでの雰囲気や笑顔もとっても良くて、ステキでしたよe-266
2008/12/02(Tue) 22:31 | URL  | くま #-[ 編集]
きゃ~何気に専門的な方たちの後にコメしずらい(汗)
でもしちゃうけど(^_^;)

あの老婦人もゲルギエフお気に入りみたいで色々話されてました。
話半分しかわかんなかったけど…ヘヘ
音楽祭いいねぇ~


>>こっちはなかなか大物来ないから、行く!って腹括りやすいんですよね。
東京だと、あれもこれも~っていいながら、どれも行かない気がする(笑)

これ、すごくよくわかる!!
まさにその通り!


2008/12/02(Tue) 23:13 | URL  | チロル #-[ 編集]
レーピン良かったですね~ピアノもすごかったです。伴奏を超えて共演って感じでした。私もピアニストの手に目が行っちゃいました。あの音色と迫力。私は7列左だったので、どこかですれ違ってたかもですね。
2008/12/03(Wed) 06:49 | URL  | エセル #-[ 編集]
☆チロルさんへ☆
こうちゃんはともかく、私はド素人ですよ(汗)

おぉ、老婦人もゲルギエフ好きとは!!年配の方にはゲルギエフってどうなんだろうって思っていたのですが、そんな事ないんですね。海外でもゲルギエフのコンサート、年配の方いっぱいだし。
音楽祭は小さくても地域に根付いたものが地元にあればいいなぁって思います。

東京に居たら、どれ行くか悩んじゃうよね~~って負け惜しみ(笑)
今は、コンサートの選択肢は殆ど無いですけど、職場からも近いし、ふらっと行けるのでありがたいです。
2008/12/03(Wed) 23:08 | URL  | くま #-[ 編集]
☆エセルさんへ☆
レーピンもゴランも良かったですよね。

クロイツェルは掛け合いのような感じがあるから、2人の息とか実力も拮抗してないとバランス崩れちゃいそうですしね。

イタマール・ゴランは色んなバイオリニストと伴奏やってるので、良かったら是非チェックしてみて下さいね!

あ、私は6列目の中央に。ニアミスでしたね~~
2008/12/03(Wed) 23:23 | URL  | くま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。