2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月01日 (金) | 編集 |
昨日(29日)、母が旅立ちました。66年の人生でした。

このブログでは何度か愚痴ってしまい、そのたびに多くの方にご心配を頂き、励ましのお言葉を頂戴しありがとうございました。

この場を借りて、ご挨拶させて頂きます。


母のガンを知らされたのが昨年8月。9月には快復の見込み無しという事で、今回の事は時間をかけて気持ちの準備が出来ていました。でも、やはり心の中でまだ大丈夫だろうという気持ちは持っていました。

しかし、心残りは色々あります。

母には快復するとウソを突き通していたこと。父の希望でもあり、父もやはり信じたくないという気持ちから最後まで本人には真実を告げなかったんです。
なので、東京に戻ってからもそれほど頻繁には実家に顔は出していなかったし、あらためて感謝の気持ち伝えたり、色々迷惑かけてきた事の謝罪が出来ませんでした・・・

先週父から連絡をもらって実家に行った時には、もうすっかり様子が変わっていて・・・その前に会った時より10歳は老けた感じでした。その時にもう長くはないなって。29日に会った時に、それとなく母に今の自分の気持ちを伝えようと決めていたけど・・・間に合いませんでした。

そして、この35年ずっと迷惑をかけっぱなしだったこと。母を喜ばす事が全然出来なかったなぁって。


母は8ヶ月間病気と闘ってきました。弱音も吐かず、家族のウソに気付いていたとしても口には出さず頑張っていました。病院では苦しそうでしたが、最後は穏やかに旅立てたと思います。予想以上に早い別れとなってしまいましたが、私は良かったんじゃないかなと思っています。
苦しそうにしている母の姿や気落ちしている父を見たら私も思わず人前で涙してしまいましたが、今は不思議なくらい穏やかです。

これからの気がかりは父でしょうか。私と同じようにひとりじゃ何も出来ないし、そして、想像以上に落ち込んでいるので。でも、父の人生もまだまだ長いですし、立ち直ってもらえるよう支えていきたいと思います。

自分自身はどうしましょう・・・
今回思ったのが、私が死ぬ時はひとりなのかなぁって。
寂しい気はしますけど、それもありなのかなぁ。
アリっていうか、このまま行くと間違いなくそうなるんですけど


何でしょう、泣けないなぁって思ってましたが、こうやって言葉にしていくと泣けてきちゃいますね。前に気持ちを書いた時もそうでした。

でも、私は元気です。ご心配なく。昨日はさすがに弾けなかったけど、今日もバイオリンは弾きましたよ。明日からも弾きます。いつか母に上達したところを見てもらえるように。

なんかまとまりのない文章をだらだらと書いてしまいました(いつも?)。最後まで読んでいただいた方はありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
くまさん、
お母様のこと、ご愁傷様でございます。
悲しい春になってしまいましたね。
他に何もかけられる言葉がみつからず、ごめんなさい。
でも、お母様は、くまさんが口に出さなくても気持ちを感じていらっしゃったと思います。
母親って、なんだか子供の様子を怖いくらい察知できると思うから。
きっとこれからも、くまさんのこと見ていてくれると思います。
「元気です」って書いてありましたが、それでもお身体には気をつけて下さいね。
2009/05/01(Fri) 10:06 | URL  | ゆい #BWyYLYpg[ 編集]
私達が親に出来ることって何でしょう。

私は息子達にいつも元気で楽しく過ごしていて欲しいと願います。
くまさんのお母様も同じだと思います。
子が親に迷惑をかけるのは当たり前です。
迷惑かけてもいいから、いつでも幸せでいてほしい。それが親の願いだと思います。
だから自分の人生を誇りをもって歩む、それが親孝行だと親になった今、そう思います。
私はバイオリンに出会ってから自分に少しながらも誇りを持つことができました。
皆さんにも出逢えてとても楽しいです。
くまさんも同じだと思います。
バイオリンと仲間と充実した毎日。
くまさん、ちゃんと親孝行です。
そしてお母様は「私の息子でありがとう」と思っているに違いありません。
同じことを何度もすみません。
でも私達はいつもくまさんが元気でいることを応援してますよ。
ねっゆいさん。
2009/05/01(Fri) 10:21 | URL  | かずぽん #-[ 編集]
くまたん、お悔やみ申し上げます。
悲しい別れになってしまったけど
お母様はきっとくまたんの感謝の気持ちはわかってくれてると思うよ。
言葉で言わなくても、母親ってわかってくれてるから。

今は気が張ってるだろうけど、お疲れ出さないようにね。
2009/05/01(Fri) 11:10 | URL  | チロル #-[ 編集]
心からお悔やみ申し上げます。
なんと言葉をかけていいものやら…
ただ、お母様はくまさんをわかってらっしゃるはず。
きっと伝わっていますよ…
お母様はくまさんが元気に過ごしていること、
それだけで喜びなのでは?と思います。
くまさんも心配ですが、お父様も…
どうかお疲れの出ませんように。
お母様の冥福をお祈りいたします。
2009/05/01(Fri) 12:49 | URL  | やま #-[ 編集]
 くまたん こころからお悔やみ申し上げます。

お葬式前なんじゃ?
お節介かもしれないけど ブログ書いてる場合じゃないですよ
ちゃんと傍にいてあげてくださいね

2009/05/01(Fri) 14:25 | URL  | のみや #HfMzn2gY[ 編集]
心からお悔やみ申し上げます。

どんなにしても、心残りは感じるものだと思います。
お母様は、くまさんの気持ち、きっと分かってくださっていると思いますよ。
お父様のことも気がかりですね。
くまさんも、ひとりなんじゃって思わないで。
いつかきっと・・・
2009/05/01(Fri) 18:31 | URL  | f #f4RRH762[ 編集]
お互い、どれだけ長生きしても、どれだけ一緒に居ても心残りはあるでしょうね。
そういう意味では仕方のないことなのかもしれませんね。

母親として言えるのは、我が子に迷惑をかけられたなんて絶対に思わないということ。
喜んで踏み台にでもなんでもなるから、幸せを感じながら人生歩んでほしいと思います。
それから感謝の言葉どころか、こちらこそ、私の子に生まれてきてくれてありがとう!ですよ。

だからくまたん、これからもお母さんの存在をいつもどこかに感じつつ幸せな人生送ってくださいね。
2009/05/01(Fri) 21:26 | URL  | マリ #IwiPhfUQ[ 編集]
本当に残念です。
なんと言ってよいのかわかりません。
もっとこうしておけばよかった、とか色々あるでしょうね。
大変だと思いますが、しっかり送ってあげて下さい。
2009/05/01(Fri) 23:09 | URL  | che #-[ 編集]
心から お悔やみ申し上げます。

この数カ月。
くまたん。いろんな葛藤があった事だと思います。

どうしても心残りになって
自分を責めたりしてしまうもんだけど。
お母さんはその気持ち。わかって下さってますヨ。

くまたんが誕生した時から・・・
お母さんは、
ずっと・・・
喜びいっぱいの人生を歩んでこられたと思います。

ぐっすり睡眠とって・・・
疲れ出さないようにね。
2009/05/02(Sat) 00:19 | URL  | くらら #-[ 編集]
くまたん、心からお悔やみ申し上げます。

私は、最後に傍にくまたんが居てくれただけで
それだけで十分だったと思います。
親とはそういうものなんだと思います。

そして今はいっぱい泣いてください。
心が満たされるまで泣いて、そしてお母様を送ってあげてください。

いままでも想っていたように、これからもお母様はくまたんの事を想い続けてると想うよ。

そしていつも傍に居るんじゃないかな。

私も癌と言われた時、手術しないで放置したかったけど
息子の成長を見届けるまでは・・・と思いがんばりました。
先の事は分からないけど、息子がきちんと自立するまでは私もがんばらなくちゃと思ってます。

闘病は本当に辛かったと思うんです。
穏やかに旅立てた事は素敵なことです。

くまたんもゆっくり休んでね。
元気になったらまた遊ぼうね。
2009/05/02(Sat) 21:16 | URL  | めぐっち♪ #-[ 編集]
☆みなさまへ☆
まとめて返事をさせて頂きます。

本日、葬儀が終わりました。家族と母の兄弟、従兄弟といった身内だけの葬儀だったので、のんびりという感じでした。それでも、さすがに疲れました。

母が亡くなるまでは涙が出る事もたびたびありましたが、その後は薄情なぐらい涙は出ないですね・・・
父がやはりだいぶ気落ちしてるので、励ましてあげないとなぁと思います。

私自身は疲れは若干溜まってますが、気落ちしたりとかはなく至って元気にしてます。

みなさまには温かい励ましのお言葉を頂き、心強く感じました。本当にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
2009/05/03(Sun) 22:59 | URL  | くま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。