2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月20日 (月) | 編集 |
今日は先生が出演するコンサート。
っていっても、主役はテノールとバリトン。
先生が出てなきゃ、自分ではなかなか足を運ばない感じのコンサートですが・・・
あ、テノールとバリトンだからじゃなくて、歌だからですよ(笑)

ホールというか音楽スペースって感じ?お客さんは4、50人ってとこでしょうか。
今回は、テノール、バリトン、ピアノ、ヴァイオリン×2(一部ビオラ)っていう編成。
つい、バイオリン席の前に座っちゃいました

コンサートはというと、
いや~、感動した
なんといっても、迫力に!

今までも大ホールでの歌やソプラノは聴いた事ありましたけど、ホント凄かった。
ピアノのフォルテにも勝ってるし
やっぱり歌は偉大だなぁって実感。

歌手ではテノールのファン・ディエゴ・フローレスが好きなのですが、今回はバリトン良かった。
テノールも美しい高音出てましたけど、バリトンの声量と迫力が印象的でした。
しかも、自分でも予想外?に日本の歌が良くって

寺島尚彦: 鎌倉は子守唄 って曲にハマっちゃいました。
どんな曲だったか忘れたけど(笑)
腰越駅が~みたいな歌詞にも惹かれました


で、今日の先生はというと、
曲によってバイオリンとビオラの掛け持ち。
ひとつのコンサートで掛け持ちって大変そうです。ジュリアン・ラクリンみたい

演奏的には難しい感じじゃなかったけど、歌と合わせるのって大変なんでしょうね。先生の視線が歌手や1stバイオリンに何度もいってました。

このテノールとバリトンのユニットには先生継続的に参加されてるようなので、次回も行ってみようかなと思います。
次回までにレパートリーの増加とトークのレベルアップをするそうなので(笑)

私もレッスンでの歌、もっと上手く歌わないとデス
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
くまたんの先生もいろいろな所でご活躍されてますね。
衣装が結構必要なのでしょうか・・・?
っと、関係ないところが気になる。
バリトン。 低音の部類なのかな?

くまたん。いつもレッスンでは『歌』があるようだけど・・・
それはドレミで歌うのよね?
(歌詞無いし;;)
音がはずれてもOKなんですよね?


2009/07/20(Mon) 23:13 | URL  | くらら #-[ 編集]
☆くららさんへ☆
先生、色々演奏活動されてるので先生の演奏聴きたい人間としてはとってもありがたいですv-410
衣装は・・・かぶってる時もある(笑)
レッスンの時の私服があんまり被らないので、どんだけ持ってんねんっ!!って突っ込んだ事はありますv-391

バリトンは、音域はバスよりちょい高めって感じです。バスまでいっちゃうと低い!って感じなので低音でソロで歌うとなるとバリトンが向いてるのかなぁって思います。

>くまたん。いつもレッスンでは『歌』があるようだけど・・・
それはドレミで歌うのよね?

あぃ、ドレミです・・・v-388
音は・・・なるべくちゃんと歌いたいんだけど、E線の音は出ないですv-406
昔は聖歌隊に入ってて、ミサとかで歌ってたんですけどね・・・
声変わりしてからちゃんと訓練してないからか、声低いくせにちゃんと低音出せないんですよね。
カラオケの歌って高いから歌えるの無いし。なのですっかり歌からは遠ざかった生活。

って、話それちゃったけど、レッスンの時の歌はちゃんとドレミで曲を覚えているかとリズムがポイントですね!
2009/07/20(Mon) 23:27 | URL  | くま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。