2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月10日 (月) | 編集 |
4日のレッスンの話。2週間ぶりのレッスンでした。

12月の個人の発表会どうしますって話が
アンサンブルあるから出ない予定だったけど、アンサンブルの発表会が10月に繰り上がった為、12月は一応フリーに・・・・
「出ないっていう選択肢あります?」って聞いたら、先生「えぇ~」って。
マジですか・・・
次回のレッスン(11日)に返事するんですが・・・まだ考えてないデス。
生徒が出ないと先生の立場も・・・とか考えちゃうんですが、レッスン前に「今日お仲間と飲みに行く話流れました。」って伝えた時の方が先生の落胆大きかった気がする(笑)

その後は、公開レッスンの話。
先生は行かれなかったんで、みんなの話に。先生もみんなの様子は興味津々だったようで、録音聞かせてとのこと。
公開レッスンでの指摘についてはオーナーから細かく話があったようで、めっちゃ上手かった男の子に関しても早速音階練習をみっちり始めたそうです。先生って色々大変ですね。


さて、私のレッスンは、

・セヴシック2番

ラストから3、4段目。テンポは94.ここで16音スラーとご対面。11番の移弦スラーに比べればまだやりやすかったです。
注意点は小指を寝かしすぎず、もう少し立ててしっかり音を出す事。それと、弓圧をもう少し出す事、元弓でガリッと音を出さないように注意しながら、先弓で音がやせないように注意。
1小節だけ次回持ち越しで、ラスト2段が新しく宿題。

・セヴシック11番

19番。レレララ、ミミララと移弦しながら2音ずつ弾くというそれほど難しくない課題だったはずが・・・
久々に指弓をみっちりチェック。移弦の時はA線に重心を置いて、D線を弾く時は弓を引き上げる動きをすること。先生の指はやっぱり柔らかいですね。私はカッチカチやで~(ザブングル風)
次回は元弓で弾くこと。元弓での返しの時に柔らかい動きが必要になるようです。

20番。合格。テヌートの部分の繋がりと移弦の時にスムーズに行うこと。
でも最後の3小節ぐらいで間違えて弾きなおし・・・最近このパターン多いです

次回宿題は、19番を元弓、23番(レレレラ、ミミミラ)を中弓と先弓で。
で、問題発生D線の先弓使いないの~ん
先生はかな~り弓を向こう側に倒させるんですが、その状態で先弓まで弾くと手首が逝ってしまいそうなぐらい無理っ・・・柔軟性の問題な気が・・・そして、何故か肘が張る
これはかなり強敵です。自宅での練習では重音鳴りまくってます。

そして、鈴木は・・・・パス。
ゴセックのガヴォットもう1ヵ月半以上弾いてる・・・ユダスマカベウスも飽きた(笑)

そして、レッスンはチャイコフスキーの「花のワルツ」
「くまさん、どっちでしたっけ?」って先生。
「ファーストやったら死んじゃうって言ってたやないか~い」(心の叫び)

もちろん、セカンド




この曲をやる発表会は本番では、エキストラの管楽器も入るんですが、基本弦楽合奏。クラリネットのパートなどをファーストの方々は軽やかに弾かねばならぬのですクラリネットいるから任せりゃいいのにってのは思うのは私だけ?(笑)

あ、このベルリンフィルの映像は恐らくワルトビューネかと。夏にこうやって野外での演奏会があるんですよね。若い人たちも芝生に寝そべって聴けるっていう・・・いいですよね、こういうのも


話はそれましたが、その後は花のワルツのレッスン
弦楽合奏なのでちと構成などもピンと来ない。しかもセカンドなので、弾いてても原曲浮かばない!!でも弾いてるとたま~に、ここかっていうとこもあってなかなか楽しい。

しか~し、メッチャむずい
わかってはいた事だけど・・・
同じ音でも指を置き換える部分が出てきたり、指をずらす部分も随所に。
「音程が悪くて気持ち悪い」って言われるし・・・
手の形が悪いから音程不安定とも。(←これはよく言われますね~)

細かい注意点はここに書いたらキリがないぐらいたくさん。
今回は150小節目まで。ポジション移動なくてこれじゃ、ファーストは・・・

次回は残りラスト(232小節目)まで。速いパッセージで、ポジション移動も出てくるし、難関です。当初の予定では4回ぐらいでっていう予定だったみたいだけど次回で最後までのつもりで。でないと、「ワンレッスン(追加)だよ」って

で、名古屋オフにも参加せず譜読みしたけど・・・・全然わからんデス
しかも、この時習った部分、リズム練習するようにって言われてたのを、録音聞いてて今気付いた

どうなる、明後日のレッスン



で、レッスン中に「フォアグラ食べたいね」って一言で結局、飲みに・・・

公開レッスンの録音聞かせたり・・・・・
教え子のレッスンでそんなに爆笑していいのか?って聞かせたの私だけど(笑)
公開レッスンのA先生の演奏も聴き入ってました。バッハのシャコンヌ完璧だね~って。

後は結構マジメな話。

「12月に発表会出るとしたら、曲は??」って聞いたら、
「トマのガヴォット(「ミニヨン」より)とかどう?」って返事が。

う~ん、ソロの発表会って出た事ないので、選曲難しい。
弾きたい曲、聴きごたえのある曲、弾きごたえのある曲、弾き込む事で得られるモノが多い曲などなど。何を重視するのか。ちょっと考えただけでいっぱいあります。
夏休みはバタバタしてたので、じっくり考えてないし・・・
さて、どうしましょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
くまさん、名古屋ではお目にかかれず残念でした~(T_T)

「花のワルツ」
同じ発表会でもバレエの発表会を思い出す私です^^;
この曲、とっても良い曲ですよね。画像のように聞きながら身体が踊りだす感じ!
しかも、発表会で管弦楽ありだなんて贅沢ですねー!
羨ましい(^^)v

>>ゴセックのガヴォットもう1ヵ月半以上弾いてる・・・ユダスマカベウスも飽きた(笑)
→むふー、わかりますぅ!
わたくし、ユダス~はかれこれ半年以上弾き続けていますよ^^;
2009/08/10(Mon) 14:01 | URL  | ゆい #BWyYLYpg[ 編集]
☆ゆいさんへ☆
名古屋楽しかったみたいですね。東京でまた一緒にやりましょう!!

ゆいさん、バレエも習ってたんですか?!何でも出来るんですね~
「花のワルツ」いい曲ですけど、難しいデスv-406
本番までには楽しんで弾けるところまではもっていきたいとこですが、テンポがどうなるか・・・
オケでの演奏で、弦楽合奏の他にもフルートとかの演奏もあるので、本番も楽しみですe-343
700人ぐらい入るホールでやるみたいなので、それも初体験だし、お客さんガラガラも初体験?!v-404

ゆいさんのユダスはビブラートも入って進化してるじゃないですか!
私は、あたばよ&グループレッスンで既にユダス~弾いてるんですよね。しかも成長無し(笑)
少しでも成長してたらいいなぁ。
2009/08/10(Mon) 23:13 | URL  | くま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。