2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月23日 (日) | 編集 |
今日はレッスン2つの日。

いつも通りバスが遅れて、ぴったりに到着。

本日は1巻から

1.イ長調の音階
2.72番「ラルゴ(新世界より)」
3.46番「みつばち」

先生からは以前の曲もたまには弾いておくようにと言われました。確かに「みつばち」は指が覚束無かったですけど、これでも結構な比率で弾いてるんですよ~

その後は、2巻に移って

4.5~7番ト長調の音階、分散和音
5.3番「鳥がたよりを」
6.4番「つりがね草」
7.8番「五月のうた」

音階は2回ずつのところを、自宅での練習のクセで何度も同じところを弾いてて、先生に2回ずつって止められました・・・

問題は、「つりがね草」と「五月のうた」。自分なりにはまぁ普通(出来がよくも悪くもない感じ)に弾いたつもりだったのですが、先生からは「なんか自信なさそうに弾いてるね~」って指摘されました。あんまり弾きこんでないと自信なく弾いてしまうそうです。

確かにあんまり弾いてなかったかなぁ。最近少しト長調に疲れ気味。イ長調の曲の方が自分なりにいい音が出るなぁ~って思って、ついついそちらを弾いてしまいます。

新しいバイオリン教本の2巻の前半はト長調とハ長調が出てきて、みなさん悩まれるそうです。少し出来なくても、「まぁいっか」と思うようにして、悩みすぎないようにと言われました。でも、流しすぎないようにとも。先生、私の事をよくわかってらっしゃいます。

来週はレッスンがお休みですが、新しい宿題は無し。2週間ちゃんと弾いて上達した姿を先生に見てもらえるよう頑張ります
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。