2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月12日 (火) | 編集 |
通勤での1枚。

いや~、久々にいいCDに出会えました。

川田知子 シャコンヌ

以前のコンサート記録でちょこっとだけ記載した、川田知子さん。

1曲目のヴィターリのシャコンヌから素晴らしい
熱い、情感込めた演奏なら他にもいっぱいあるけれど、彼女はホント音がキレイ。
一音一音が透き通っていて、心地よく耳から入ってきます。
朝の通勤電車でこの音聴いたら、やる気出ちゃいます。

他の曲を紹介しておくと、
ラヴェル:ハバネラ形式の小品
マスネ:「タイス」の瞑想曲
サラサーテ:序奏とタランテラ
パガニーニ:カンタービレ
クライスラー:前奏曲とアレグロ
パガニーニ:ラ・カンパネッラ
ドヴォルザーク:ソナチネよりラルゲット
バルトーク:ルーマニア民族舞曲(CDの表記通り)
ファリャ:スペイン民謡組曲

メジャーどころ満載の小品集ですが、音の美しさで言えばどの曲も素晴らしかった。
バルトークとかはあっさりとし過ぎていて物足りない感もありましたが、音色を堪能という意味では文句無しです。

彼女はサイトウキネンや宮崎国際音楽祭への参加や室内楽も幅広くやっていて、有名な方なんですが・・・
みなさん、ご存知ですか?

若くて綺麗なバイオリニストがポンポンCD出すのもモチロン悪いことじゃないんだけど・・・
彼女のようなバイオリニストがもっとCD出してくれたらなぁって思います。


もし、誰でも好きな人にバイオリン習えるって言われたら、川田さんに習いたいなぁって思ってるんですよね~(妄想)
宮本笑里とは答えませんよ、一応(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。