2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月18日 (月) | 編集 |
今年2回目のレッスン。
ん~、レッスン記事が激しく飛んでます
振り返ってみると・・・
年内最後のレッスンだった10回目は、特に目新しい事はなかったかなぁ。

そうそう、手首の脱力について先生に質問。
「バイオリン始めたばっかりの人でも手首を柔らかく使う事は出来るのか?」
出来る人は出来る!短い期間に集中してレッスンに通ってくる人は出来るようになる可能性高いかも、とのこと。
反対に、1週間丸々バイオリン触れない人とかはなかなか難しいそうな。耳が痛い

年明け最初のレッスン(11回目)は、全然練習してなかった(3週間バイオリン触らず)のでかな~り不安のままレッスン突入したんだけど、音のあたまの音が出てるって褒められました。これは嬉しかったですね~
苦節3ヵ月、ようやくスタートラインに立てたかな。
そうそう、曲も4番「むすんでひらいて」、5番「クリスマスのうた」が新しい課題に


さてさて今回のレッスンは、

ボウイングで久々にチェック。
「アップの時に、人差し指がもう少し深くかかるように」
アップダウンで弓を持つ指の位置を変えないといけないんですよね~、そうすると親指の位置もずれちゃううまくいくコツが掴めず何ヶ月も苦労してます
手の甲を親指から離さないっていうのがポイントのようで毎回注意されますが、ムズイ。って字で読んでもピンと来ないですよね、この話。

それと、曲の出だしの弓の位置忘れてました
曲が増えて、それぞれ弾き始めの弓の位置違うのを忘れた・・・これはちょっと情けなかったデス。

3番「こぎつね」では、息遣いで注意。
前から言われてる事なんだけど・・・・
「休符の時に息を聞こえるように吸うこと」
アンサンブルでも出だしを合わせる為に、やりますよね。あれデス。
あれ、上手く出来ないんですよね
つい音出さずに静かに息吸っちゃう。だって、恥ずかしいもん。乙女だから(笑)
で、先生にあまりに注意されるんでやったけど・・・普通に鼻すすっっちゃったじゃん

そして、事件が
キラキラ星の変奏Dを弾いていたら、バチっって音が
どこの部分弓で弾いたんだ??って思ったら・・・E線切れてた。
頬に赤い鮮血が・・・・
って事は何も無く
嫁?入り前なので良かった~
弦切れ初体験って言ったら、先生驚いてました。ふつ~、そんなに切れるもんなのかな?

この機に先生と弦の話をしたけど、先生はドミナント。
以前はオリーブ使ってたみたいですが、あまりに弦が狂うから変えたそう。


前回から新しい課題「むすんでひらいて」と「クリスマスのうた」が増えましたが・・・
合格して進んでる訳ではなく、何ひとつ合格してません
なので、キラキラ星→ちょうちょう→こぎつね→むすんでひらいて→クリスマスのうた と1番から全通し。今日は「むすんでひらいて」で時間切れ。ちょっとホッ
来週こそは頑張ろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。