2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月20日 (日) | 編集 |
今週末は、名フィルの第370回定期演奏会でした。
今年は定期ごとに都市がテーマとなっていて、
今回は「マドリード」

曲目はというと、

マーラー:花の章
ボッケリーニ/ベリオ:「マドリードの夜の帰営ラッバ」の4つのオリジナル版
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
ファリャ:バレエ「三角帽子」全曲

ギター:福田進一 メゾ・ソプラノ:藤井美雪

出だしは、マーラー。交響曲第1番の2楽章。
おぉ、トランペット、グゥ
その後のボッケリーニでも管楽器、いいなぁ
こんなに名フィルの管って良かった??ってぐらい素晴らしかった。

今回のスペイン的な演奏が名フィルに合っていたのか、弦も弾けてて良かったデス。
弦も管も見直した!!これからの定演も楽しみデス。

そして、今回の大発見は、指揮の川瀬賢太郎。
今年26歳という、とっても若い指揮者です。
初めて演奏を聴いたんですが、分かりやすい指揮で熱い指揮っぷり(よくいる暑苦しい指揮者はキライです)
彼の影響で名フィル良かったのかな?って思うぐらい。また聴きたいですね
見た目は今までの写真は大人しいイメージだったけど、今回はパーマをかけてて、演奏も重なって日本のグスタボ・ドゥダメルって感じでしたよ。楽しみです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。