2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月06日 (日) | 編集 |
今日は久々にヴァイオリンのリサイタル。
って2ヶ月ぶりだから、久しぶりじゃない?

演奏者は吉田恭子さん。
公演チラシ

リサイタルのタイトル見ると12回目?
私は名古屋に来てから、毎年この時期に聴きに行ってるので3回目

曲目は

モーツァルト:ヴァイオリンソナタ 第35番 ト長調 K.379
ブラームス:ヴァイオリンソナタ 第3番 ニ短調 Op.108

タルティーニ:悪魔のトリル ト短調
ワックスマン:オペラ「トリスタンとイゾルテ」より 幻想曲
サン= サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ Op.28

前半にソナタを2曲と後半ヴィルトゥオーゾの作品という趣向。
吉田さんの選曲、いつもいい感じ。好きだな~

このコンサート、曲の解説を吉田さん自身が話してくれるんですよ。
落ち着いた、でも可愛らしい声でいい感じ
ピアニストの白石光隆さんも、ニコニコしてて、ちと面白いし。

モーツァルトのソナタは初めて聴いた曲だったけど、友人との初演の時に、ヴァイオリン譜だけ書き上げて、モーツァルト自身はピアノ譜書く時間がなくて、暗譜で弾いたらしい。スゴイね。モーツァルト。

で、演奏はというと・・・

モーツァルト・ブラームスはおとなし目?
ブラームスのソナタというと、情感たっぷりな演奏多い中、あっさりな演奏が新鮮でした。吉田さんらしいと言えば、らしいのかな。雰囲気的にはね

でもね、吉田さんの演奏、見た目と違って結構激しいんですよ。
それが出てたのは、タルティーニとサン=サーンス。
力強く、けど激しすぎて雑な感じではない、演奏。
「悪魔のトリル」の時かな?ちょいゾクゾクって来ましたよ。

あと、ワックスマンの「トリスタンとイゾルデ」
ワックスマン、「カルメン」だけじゃないのね。初めて聴きました。

ピアノはまさにトリスタンとイゾルデのいいとこ取り。
白石さん弾いてて楽しそうでした。
「イゾルデの愛の死」のテーマで、最後の二人が死を迎える場面のヴァイオリンの音色のステキなこと
曲自体は、ピアノとヴァイオリンが上手く融合してる???ってなるけど、
原曲が好きで、ヴァイオリン好きの人なら楽しめますよ。

アンコールは、
ブラームスのハンガリー舞曲第2番とコンテンプレーション。
吉田さん曰く、ブラームスは暑い夏や寒い冬ではなく、秋ってイメージらしいです。確かにそうかも。
こちらは2曲とも吉田さんの「Sea Shell」ってCDに入ってるんだけど、コンテンプレーション、覚えてなかった。

短い曲だけど、最後に心染み入る曲でとても良かった

今回もちゃんとサイン貰ってきましたよ。
毎年聴きに来てるってちゃんと伝えてみました
でも、自分の為には握手って言えず・・・・人の為なら言えるのはなんでだろ?(笑)
そろそろ新しいCD出して欲しいな~
でないと、サイン会でサインしてもらうCDなくなっちゃうよ~

こうやって、宗次ホールで毎年会えるって幸せですね。
次は、年末の五嶋龍かな~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/10/24(Wed) 04:39:55 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。