2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月28日 (金) | 編集 |
今日はリハビリ2日目。

音程はまだまだ狂ってますが、元気な時も合ってないのでこんなものかなと。

今日はイ長調とト長調の音階から。イ長調はまた普通でしたが、ト長調の分散和音が普段と違う感じ。音は汚いんですが、右手が軽い感じがします。弓を持つ手はしっくりこなかったのですが、いつもより右手に入る力が抜けてスムーズに動かせてるようです。

そのままト長調の3曲「鳥がたよりを」「つりがね草」「五月のうた」を数回ずつ弾いてみました。「五月のうた」では弓が多く使えて気持ちよかったです(音程は抜きでですよ、あくまで)

普段ガチガチになってしまうのが、身体のだるさを相まって脱力出来たのかな。

ちなみに今週は久々にレッスンがお休みなので、明日以降も様子を見てみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

練習再開ですね!

右手の力加減、難しいです。
気がつくと、けっこうギシギシと弾いている時もありますi-6
楽譜とにらめっこ状態だと、弾くことに精一杯なので体全体が硬くなって更に、音も硬くなっちゃうe-263
弦の押さえ方や、弓の使い方、ボウイングとか、できるようになる感覚がつかめないです。
こうすればいいんだーっていう事が、なかなかわからず苦労します・・ 
でも、それが一つ一つクリアできた時には嬉しさも倍増ですe-266 
2008/03/29(Sat) 00:29 | URL  | ひろ #-[ 編集]
脱力は大事ですね~。
私もスタッカートになれず、弓に力が入ってしまう結果になってしまっています。

録音してみると新たな発見がありますよ~。
と宣伝してみます。

必死に弾いていると、左手に力が入ってしまいがちです。
難しいですね~。
2008/03/30(Sun) 19:41 | URL  | Chocolat #4ARdecsc[ 編集]
☆ひろさんへ☆

右手は難しいですね。左手は出来た出来ないが分かりやすいのですが、右手は弓の持ちからからボウイングまで感覚が大切な気がします。

ある日突然今までと何か違う感じがするというかしっくり来るというか、そんな時が自分も少し上達したのかなって思える瞬間ですよね。


☆Chocolatさんへ☆

脱力感なんて、たま~にしか降りてきません・・・見えない妖精みたいな。難しい曲になると左手は思いっきりネックを持ち上げてます(^_^;)

スタッカートはイマイチよくわかりません。個人レッスンの次の曲で出てくるので、先生に教わってそれでもわからなかったら、教えて下さいね!

録音は一応してますよ。今日もi-Podでヘタな演奏をちょっとだけ聴いてました。公開した日には恥ずかしくてお嫁にいけません(笑)
2008/03/30(Sun) 22:44 | URL  | くま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。