2007年6月よりバイオリンを始めました。バイオリンを通して色々な交流が出来たらいいな。クラシック関係についても気ままに書いていきます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年05月26日 (月) | 編集 |
バイオリンを始めて、もうじき1年。

先日のレッスンで先生の許可を得たので、弦の交換と弓の毛替えを今週末か来週末に行おうかなって予定してます。(勝手に替えると先生に怒られそうなので、お伺いと立ててます・・・)

最初にバイオリンを購入した際に張られていたのは、ドミナント。

最初だったので正直あんまり覚えてないのですが、しっかりした音が出ていた気がします。

その次に使ったのが今張っている弦で、インフェルド赤です。E線が金色!(←ここが結構大事)だったのと、お値段もまあ手頃だったので選びました。

インフェルド赤の感想は、ドミナントよりも柔らかい感じの音色で、しかも音はしっかり出るという印象。但し、E線の音がひっくり返りやすく感じたのと、ほつれやすい所が欠点かなぁ。でも、良かった気がします。

さて、弦を張るバイオリンはというと、ドイツ生まれのバイオリンで工房製のものです。レッスンでご一緒している方々のバイオリンと比べるとガッツリ音が出る感じかなぁ。そこから考えるとドミナントもインフェルドの赤も私のバイオリンには合っていた気がします。

さて、ここで疑問

こんな私のバイオリンに優しい音色系の弦を張ったらどうなるんでしょうか?どっちつかずな感じになってしまうのかなぁ。

今回の候補で何となく思いついたのが、

1.ラーセンのツィガーヌ(名前がいい!)
2.ドミナント+E線ゴールドブロカット0.26

の2つ。

この2つの弦の感想、他のオススメの弦があったら教えて頂けると嬉しいです。

あ~、次の弦を何にしようかなぁ~って考えるのは楽しいけど、悩みすぎて疲れます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/26(Mon) 23:42 |   |  #[ 編集]
もうすぐ一周年なんですね!
私もあと2ヶ月、一周年に向けてがんばりますー

ところで、ラーセンツィガーヌは試したことはないけど
ラーセンよりは明るい音色だそうですね。
私のVnは全弦ラーセンですが、張り替えた時
深い優しい音色だと思いました。
以前のエヴァピラッツィがキラキラ華やか!だったから
余計にそう感じたのかもしれません。
ラーセンを続けて使ってもいい!くらいに気に入っていますが
それでもアレコレ試したいので、予備弦は
ヴィジョンチタニウムオーケストラにしてみました。
その次はワーチャルカルオネルを使いたいです。

ラーセンはチェロの弦では人気あるみたいですけど
Vnではあんまり見かけません。なのでツィガーヌは
さらに少ないんじゃないかと思います。

余談ですけど、エヴァには合わなかったと感じた
ラーセンの松脂が、当たり前かもしれないけど
ラーセン弦にはよく合っていて
お蔵入りにならずにすみました。
2008/05/27(Tue) 06:13 | URL  | やま #-[ 編集]
弦ですか~
悩みますよね~。
私の予備弦はOlivです。
ちなみに秋冬用。
高温多湿の梅雨~夏にかけては調弦しやすそうなシンセコアがいいでしょうね~。

金メッキ線はひっくり返りやすいという特徴があるようです。
恐らく金の摩擦係数によるものではないかなと思います。

明るい音色の楽器に優しい音色の弦。
いいんじゃないかなと思います。

私は逆の組み合わせですが。
優しい音色の楽器に明るい音色の弦で
ものすごい音量でなります。

発表会向けでちょうどいいかもしれません!!

参考になればと思います。
2008/05/27(Tue) 17:43 | URL  | Chocolat #4ARdecsc[ 編集]
☆やまさんへ☆

山さんはラーセンなんですか!ツィガーヌの方が明るい音色だとすると、私のバイオリンにはラーセンの方が合うのかな。それとも違うタイプとも付き合ってみるべき?

でも、やまさんが続けて使おうかなって思うってことは、ラーセンいいんでしょうね。

確かにエヴァピラッツィは華やかな感じですね。華やかより優しく響く弦が好みかなぁ。

やまさんはいっぱい使いたい弦あるんですね。私も色々試してみたいですけど、半年に1回だとあと何年かかるんだろう?

弦と松脂の相性もあるんですね。ギオームには何があうんでしょう?検討もつきません(笑)奥が深いですね~


☆Chocolatさんへ☆

予備弦のオリーブって高いんですよね?しかもガット弦?切ったら寝込みそうです・・・

いつかはガット弦も試してみたいと思っています。試すなら、やっぱり秋冬でしょうね。

やっぱり金メッキはひっくりかえるんですか。ドミナントの時より多かったので、そうかな~とは思ってました(自分が原因とは考えず!)

Chocolatさんの楽器は優しい音色なんですね。そこに明るい音色の弦となると、ソリスト!って感じですね。

発表会も頑張って下さいね!

2008/05/27(Tue) 23:50 | URL  | くま #-[ 編集]
弦‥
ハッキリ言って私には違いは分りません!!(爆)

ま、今まで使ったのはドミナントとインフェルド赤だけど。
‥ってくまさんと同じパターンだわね。(苦笑)
2008/05/28(Wed) 23:49 | URL  | gabo #-[ 編集]
☆gaboさんへ☆

私も違いは分からないんですよね~

ドミナントからインフェルド赤へ替えた時の変化も、弦の特性なのか、新しい弦だからか、腕が上がったから(←これはない!)なのかはわかりません・・・

でも、松脂でも感じたように、多分違うはず!ってことで、新しい出会いを求めるのですe-266

弦の遍歴は同じなんですね。次も一緒だったら運命ですね(笑)
2008/05/29(Thu) 00:35 | URL  | くま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。